内縁関係の解消をしたときに相手を訴えることはできる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年09月09日 19時21分

 6年間の内縁関係でマンションも購入し、最近別れを言われマンションから出て行って欲しいと言われました。精神的にボロボロです。私が出したマンションの頭金も返してくれないとのこと。なんとかお金を取り返したいのですが、訴える事はできませんか?



(40代:女性)

匿名弁護士

 結論から申し上げれば、法的に内縁関係が認められれば、婚姻に準じて財産分与請求が可能です。そのため、内縁関係を通じて築いた財産の分与を通じてお金を取り戻すことが可能だと考えます。

 まず、法的に内縁関係が認められるためには



  1. お互いに婚姻意思がある事

  2. 実質的な夫婦生活があること


が必要です。



 前者については、社会通念上の夫婦関係を築いていく意思であり、婚姻届を提出する意思というわけではありません。

 後者については、共同生活の期間や同居の有無、家計をひとつにしていたかなどを総合的にみて判断されることになります。



 ご相談者様の場合、マンション購入の頭金を出し、一定期間同居を伴う共同生活をしていた事実などがあるため、おそらく内縁関係は肯定されるのではないかと考えられます。

 内縁関係が肯定されると、それが解消された場合、婚姻関係に準じて財産分与請求権が生じます(民法768条の類推適用。裁判例として最決平成12年3月10日などを参照)。

 財産分与請求権とは、内縁関係を通じて二人が築き上げた共同財産の清算ですので、ご相談者様の家計に対する寄与度に応じて分配が決められます。

 主に家事をしていた場合についても、家事労働が金銭に換算されて分配が決められることになります。



 今回のケースでは、ご相談者様が仕事をされていたかはわかりかねますが、住宅取得費用の負担などもあるため一定程度の請求が認められるのではないかと思われます。

 実際の請求に当たっては、裁判所に対して「内縁関係調整調停」を申し立てることになります(参考:裁判所HP)。

 調停にあたっては、弁護士などの専門家のサポートを得たほうがよいと思いますので、一度法律相談の申し込みをされてはいかがかと思います。

2015年09月09日 19時21分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

同棲解消したあとの家賃、光熱費、携帯代の請求されたので借用書を書いたのにも関わらずいろんな請求されどう対処したらいいのか。

同棲・内縁・事実婚 2018年02月25日

同棲して3年の彼がいました。 同棲始めた時の約束事が、 「家賃、光熱費、携帯代は彼が払い、私は食費、雑費を払う」でした。 そして、私が稼いできたお金、彼が稼いだお金は1つのお財布に入れるという約束でした。 そして、別れてから私が行くと...

同棲解消後の返還請求は可能でしょうか?

同棲・内縁・事実婚 2017年12月16日

おおまかな流れを簡略的に記載致します。 付き合うと同時に同棲 彼女名義、初期費用支払いは自分 同棲するきっかけとしては 彼女が住むところがないからという理由 家具や家電も私が支払い 彼女には初期費用、生活費、家具家電も折半で支払う意志...

内縁関係とは?

同棲・内縁・事実婚 2017年12月06日

現在約3年間一緒に生活をしている人がいます。 自分31相手は53で恋愛関係ではありますが婚姻届などは出していません。 子供が欲しくなったのですが相手は無理です。 また恋愛感情もなくなり別れたいのですが、 3年も一緒に生活をしていたら内...

同棲女性に無断で鍵を交換する行為は問題ないか?

同棲・内縁・事実婚 2017年12月04日

同棲女性がでていって数ヶ月たちます。 彼女の荷物が置かれたままで、たまに昼間にきて荷物をもっていくみたいですが、 勝手にこちら名義の通販を頼んで、受け取って帰っていくことが数回ありました。 もう嫌なら引越しすればといいましたが、出て行...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

同棲・内縁・事実婚に強い弁護士

【初回法律相談無料】解決が困難な問題を、共に考え、答えを見つけ出します。一人で悩まずどんなことでもご相談ください。

【初回相談無料】【土日祝日夜間対応可】お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

【初回法律相談40分無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

【初回相談30分無料】【四谷三丁目駅徒歩3分】弁護士歴40年の実績経験豊富な心優しい弁護士が、貴方の「幸せ」の...

【税理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士と連携】解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心が...

ページ
トップへ