離婚協議中の中国人妻が子供を連れて中国に!

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 中国人妻との間に、3歳の男の子がいます。離婚協議中でしたが妻の判断で子供を中国に連れて行かれてしまいました。調停前ですが、子供とは二度とあえないのでしょうか?取り返す、法律はありますか?



(40代:男性)

関連Q&A

離婚後の面会交渉

面会交流 2017年03月24日

離婚して約1年たちます その間子供面会は月に2回と年に数回のお泊まりと決めていました 今までは相手の実家や親戚の家に遊びに行っていたみたいですが 最近相手の交際相手とその子供と過ごす事がありました そのような事が続くのでれば 会わせる...

子供の意見は大事ですか?

面会交流 2017年02月22日

面会交流の際に10歳の息子に 時間を1時間だけにしてほしい又 面会交流時は側にいてほしいっと言われました 。子供の意見で面会交流の時間や同席するか変更が出来るのでしょうか? 相手方にも連絡する際は子供の意見ですっと伝えた方が良いでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     現在のところお子さんを取り返すのは非常に厳しいといえるでしょう。

     まず、お子さんが未だ国内にいるのであれば、子の引渡請求の調停や審判を家庭裁判所に申し立てることができます。さらに、人身保護法に基づく引渡請求という方法もあります。しかし、お子さんが既に外国に連れて行かれてしまっている場合には、当該国の法律によってこの引渡を請求するしかありません。

     次に、1980年にハーグ国際私法会議で採択された「国際的な子の奪取の民事面に関する条約」では、一方が外国へ子供を連れ去った場合には、もう一方の養育権を持つ親が自国の政府などを通じ子供の返還を求めることができ、返還を請求された国がこの条約の批准国であれば、相手国の返還要請に応じる必要があります。

     しかし、日本はこの条約に批准しておらず、現状では残された配偶者が日本の外務省などで相手国に要求するよう請願することもできません。

     ですので、相談者が取りうる法的手段としては、中国での弁護士資格を持つ弁護士を代理人として日本及び中国両方で子の引渡を請求する方法しかないと考えます。その請求や離婚調停を進める中で、面接交渉権が認められればお子さんに会う機会も得られるかもしれません。

2014年01月07日

面会交流に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

まずは,お気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【堺市】南海本線堺駅すぐ

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ