外国の判決って日本でも有効なの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年03月23日 21時25分

 台湾人夫と台湾の調停で離婚が成立しました。小学2年生の子どもが一人おり、親権は私が持つように決まっています。

 離婚が成立したら、日本に帰る予定にしていましたが、実際、台湾にも面会権があり、日本より厳しいので、日本に帰れるかわからない状況になってしまいました。子どもを連れて無断で帰国すれば、相手が台湾の裁判所に訴え出て、親権が相手に渡る判決が出るかもしれないそうです。

 その時、私と子どもが台湾から引き上げていた場合、その台湾の判決は、日本で有効なのでしょうか?



(30代:女性)

匿名弁護士

 日本では、民訴法118条の要件が満たされれば、特別の手続を必要とせず、外国判決は承認されます。外国判決が承認されれば、判決国における判決の効力が我が国にも及ぶことになります。



 裁判所による子供の親権者や監護権者の決定など、非訟事件の裁判に関しては、民訴法118条は直接的に適用されませんが、同条1号および3号の要件を満たすときは承認されるとする裁判例があります(東京高判平成5年11月15日)。

 特に同条3号の公序良俗について上記裁判例は、外国裁判所(米国テキサス州)が判決を下した後に生じたことも考慮して検討される旨を述べ、引渡を求められた時点で子供が既に日本語の方が堪能であり、このような状況で引き渡せば言葉の通じない支配保護者の下での生活を強いられることになるとし、引渡を求めることは子供の福祉に反し公序良俗に反するとしました。



 もっとも、日本と台湾は国交がないためこの裁判例のように台湾での判決が日本で承認されるかは、明確にはわかりません。判決の効力が及ぶためには、相手国との間で判決の効力が相互に及ぶ旨の保証があることが要求されているからです(同条4号)。ただし、東京地方裁判所の判決に基づき台湾における強制執行を認めた例があるようです(台湾高等裁判所93年度重上字第290号民事判決)。



 以上の各要件を満たす場合には、日本でも台湾の判決が承認される可能性があります。なお、訴訟の開始に必要な呼出し等を受けずになされた判決については、手続保障の観点から判決の効力が及びません(同条2号)。あなたが台湾を離れたことで、台湾の裁判所からの呼出状などを受け取ることができず、訴訟が確定してしまったような場合にも、判決の効力が及ばないことになります。

2016年03月23日 21時25分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

子供に会いたいです。

面会交流 2018年01月05日

日本在住の外国人ですが、結婚していない女性との間に子供がいます。女性とは仲が悪くなり、子供と会えなくなってしまったのですが、イスラム国出身の為、婚姻関係のない人の子供は認知が出来ません。認知できないと面会交流手続きも出来ないのですが、...

離婚後の子供の面会について。

面会交流 2017年12月25日

8月に離婚したもので、1歳4ヶ月の息子がいるものです。 離婚理由は、私が育児ノイローゼのようになり元夫にあたるようになり、元夫が浮気をし、あちらから離婚を言ってきました。 その後、面会は週一で日曜に元夫実家に一泊させると決まりました。...

国際離婚後、子どもと日本に帰りたい。

面会交流 2017年12月18日

台湾人夫と台湾の調停で離婚が成立しました。 小学2年生の子どもが一人おり、親権は私が持つように決まっています。 離婚が成立したら、日本に帰る予定にしていましたが、実際、台湾にも面会権があり、日本より厳しいので、日本に帰れるかわからない...

無責任な父親に、娘を会わせないといけないのでしょうか。

面会交流 2017年12月08日

現在未婚で1歳の娘がいます。 男性の方とはまだ学生だったということもあり、卒業後籍を入れようということになり、出産しました。 現在私の実家で、私と娘は暮らしています。 しかし生まれてからというもの 認知の拒否(就職の際、不利になる) ...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

面会交流に強い弁護士

【初回相談無料】【錦糸町駅北口徒歩2分】弁護士歴30年以上、下町育ちの人情家弁護士が、依頼者の方にとっての幸せ...

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】日本一背の高い弁護士がバスケットで培ってきた、体力・精神力を活かして...

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

当事務所は30年の豊富な実績に基づき、遺産・相続に関するお悩みを的確に解決します。

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。弁護士があなたのお悩みを解決します。

ページ
トップへ