子供の養育を放棄した元妻が子供に会う権利はある?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 妻の浮気で離婚し、妻が引き取れないと言った為、子供(11歳の娘と6歳の息子)は私が引き取ることになりました。離婚成立の約半年後、妻がヨリを戻したいと電話してきたので断ると、子供にだけは会わせて欲しいと言われました。

 現在私には結婚前提で交際している女性がいます。彼女にも子供はなついています。

 自分たちの将来の為今は元妻に子供を会わせたくありませんがこの場合元妻に子供を会わせる義務はあるのでしょうか?:


 

(30代:男性)

関連Q&A

外国の判決って日本でも有効なの?

面会交流 2016年03月23日

台湾人夫と台湾の調停で離婚が成立しました。小学2年生の子どもが一人おり、親権は私が持つように決まっています。 離婚が成立したら、日本に帰る予定にしていましたが、実際、台湾にも面会権があり、日本より厳しいので、日本に帰れるかわからない状...

面会交流が減らされた場合の対処方法は?

面会交流 2016年01月16日

面会交流が変更されて会う回数が減ったので調停を起こすにあたり、どこに行き、どのような準備が必要かなど詳しく教えてください? (30代:女性)

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     離婚により親権監護権を有しなくなってもあなたの元妻とあなたのお子様達が親子であることに変わりはありませんので、原則としてあなたは、あなたの元妻にお子様達を会わせる(面接交渉権と言います)義務があります。

     ただ、この面接交渉権は絶対的なものではなく、面接させることによりお子様達の心理面に悪影響を及ぼす場合には、家庭裁判所の調停や審判を経ることにより、制限することができます。ここで注意すべきは、面接交渉権の制限ができるのではあくまでもお子様達の事情によるものであり、親の事情によるものでは無いとの点です。


     あなたのケースでは、あなたとあなたの元妻が離婚に至った経緯やあなたがお子様達の親権者となった経緯、あなたには現在結婚前提で交際している女性がいてその女性とお子様達との良好な関係を願っているとの事情からすると、面接交渉権の制限が家庭裁判所により認められる可能性もあります。

     ですから、あなたがあなたの元妻にお子様達を会わせたくないのであれば、家庭裁判所にその旨の調停を申し立ててみて下さい。

2014年01月07日

面会交流に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ