実家に帰った妻が子供に会わせてくれない![面接交渉権]

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年11月18日 02時24分

 嫁と姑の仲が悪くなり嫁は子供(未成年)を連れて実家に帰ってしまいました。

現在、私は子供に会わせて貰えない状態です。嫁は電話にも出ません。実家に電話しても親が出て「知らない」といわれ電話を変わってもらえません。どうしたら子供に会えるようになりますか?


(30代:男性)

匿名弁護士

 お子さんと会うために、「面接交渉の調停(監護に関する処分)」を家庭裁判所に申し立てるとよいでしょう。



 まず「面接交渉」とは何でしょうか。

 これは、典型的には離婚後、親権・監護権を有しない実親が子供に会うことをいいます。ただし、最高裁判所(平成12年5月1日決定)は、離婚前で、共同親権者の立場にある親についても、「面接交渉について必要な処分を命ずることができる」(民法766条類推適用家事審判法9条1項乙類4号)として「面接交渉」を認めています。離婚前でも、将来の離婚や親権者の指定を巡る前哨戦として未成年者を抱え込み、面接を拒絶する親も少なくないからです。

 ですから、あなたは、離婚前で、子の共同親権者でもありますが、面接交渉の調停を申し立てることができます。



 次に、「調停」とはどのような手続きなのでしょうか。

この手続きは、当事者同士が話し合って、合意によって紛争の解決を図るものです。原則として本人が出頭し、非公開で行われますので、他人に知られたくないような事情も安心して話せます。解決までに要する期間も比較的短く、申立手数料も訴訟に比べて安くなっています。

 そして、調停が両者の合意により成立すれば、確定した審判と同一の効力が生じます(21条1項)。したがって、まず調停を申し立ててみましょう。



 他方、調停が不成立となれば、調停申し立ての時に審判の申立てがあったとみなされ(家事調停法26条1項)、審判手続きに移行します。

 審判手続きとは、家事審判官(裁判官)が、当事者から提出された書類や家庭裁判所調査官の行った調査の結果等種々の資料に基づいて判断を決定する手続です。

 今回のケースで奥さんは、電話にも出ないわけですから、面接交渉につき同意を得られず、審判手続きに移行する可能性は否定できません。



 では、審判手続きに移行したとして、お子さんとの面接交渉は認められるのでしょうか。面接交渉が認められる基準はどういったものなのでしょうか。

 実務上、面接交渉によるプラス面(親の双方から影響を受け人格の円満な発達・形成に資する等)とマイナス面(精神的動揺、学業・生活面への悪影響、父母間の紛争の激化等)を比較して、マイナス面が大きく、子の福祉・利益に反する場合には、面接交渉が否定・制限されます。一方、このようにマイナス面が大きいという事情がなければ原則として面接交渉が認められます



 今回の事案でも、あなたとお子さんとの面接交渉でマイナス面が大きいという事情がなければ、原則として面接交渉が認められ、家庭裁判所は「あなたとお子さんとの月○回、○曜日の○時から○時までの面接を認める」といった処分を命ずることとなるでしょう。

2014年11月18日 02時24分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

予定が合わない場合、子ども達が情緒不安定な場合は会わせるのを拒否できますか?裁判を起こされたらどうなるのでしょうか?

面会交流 2017年09月26日

離婚して半年になります。 離婚時に公正証書をつくり、面会は子どもの福祉に配慮し、月に一回程度としました。 子どもが6才3才とまだ小さいため、面会は私も同伴し、食事など1時間から2時間程度です。 私はそれが妥当だと思うのですが、彼は納得...

面会交流が変更されて会う回数が減ったので調停を起こしたい

面会交流 2017年05月23日

面会交流が変更されて会う回数が減ったので調停を起こすにあたり、どこに行き、どのような準備が必要かなど詳しく教えてください。

離婚後の面会交渉

面会交流 2017年03月24日

離婚して約1年たちます その間子供面会は月に2回と年に数回のお泊まりと決めていました 今までは相手の実家や親戚の家に遊びに行っていたみたいですが 最近相手の交際相手とその子供と過ごす事がありました そのような事が続くのでれば 会わせる...

子供の意見は大事ですか?

面会交流 2017年02月22日

面会交流の際に10歳の息子に 時間を1時間だけにしてほしい又 面会交流時は側にいてほしいっと言われました 。子供の意見で面会交流の時間や同席するか変更が出来るのでしょうか? 相手方にも連絡する際は子供の意見ですっと伝えた方が良いでしょうか?

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

面会交流に強い弁護士

依頼者の不安を和らげ、「最後に笑っていただけること」をゴールに、戦略を練り、全力で業務にあたっています!

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【初回相談無料】【夜間・土日祝の相談可】相談したくなる弁護士

【初回相談無料】【当日・夜間・休日・電話相談可】【24時間メール予約】弁護士がこれまでの経験とノウハウを駆使し...

◆相談料無料◆夜間/土日相談可(要予約) まずは、ご相談ください。最善の解決に向けて全力でサポートいたします。

ページ
トップへ