離婚届を勝手に出され、合意なく親権も取られてしまいました!

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年02月02日 18時33分

 昨日、夫から突然、「離婚届を出させてもらったから。これから子供(一歳女の子)を連れて出て行く」と言われました。

 離婚については昨年の夏から話が出ており昨年12月に離婚届にサインをし、親権も渡すと私が言いその時に作成しました。しかし、その後考え直し、離婚には合意するが親権はやはり渡したくないと夫に伝えました。話し合いでは親権が決まらないので調停で決めようと話すと、翌日に勝手に離婚届を出され受理されてしまいました。

 子供を合意なく勝手に連れて行こうとしたため、恐怖と身の危険を感じた私は、警察に電話しました。警察の方が来てからお互い本署の方へ行き、それぞれ別の部屋で話をしました。最終的には現時点では離婚届が受理されている以上、今は夫に娘を渡さなければならないと警察の方に言われ、泣きながら渡しました。

 娘の親権を取り戻したいです。納得していない、合意していない状況だったので警察を呼ぶ前の夫婦間のやりとりは、録音してあります。

 どうか、いちばん良い方法をアドバイスお願いします。



(30代:女性)

匿名弁護士

 結論からいえば、「離婚届が受理されている以上、今は娘を渡さなければならない」という警察の言葉は誤っているものです。

 問題の本質は、親権者が誰であるかですが、その前提として離婚が有効に成立していることが必要です。



 ご相談の場合、離婚が有効に成立しているとはいえません。

 協議離婚においては、離婚意思が合致している必要がありますが、ここに離婚意思とは、最高裁によれば、実質的に離婚する意思ではなく、離婚の届け出をする意思であるとされ、その離婚意思は、離婚の合意、届書の作成、届け出のすべての段階において存在していることが必要です。



 ご相談の場合、離婚届を提出されてしまった前日には「調停で決めよう」と話しているのですから、離婚届け出段階において、離婚意思が存在せず、離婚は無効となります。

 このように離婚が無効である以上、それを前提とした父を親権者とする指定も無効となります。



 では、今後どのように対応するかですが、幸いに録音テープがあるということですから、それを証拠として離婚無効確認の訴えを提起して、勝訴判決を得たならば戸籍訂正をし(戸籍訂正自体は離婚無効判決がなくともできますが、相手方は異議を出せます)、そこであらためて話し合いをするということになると思います。

2016年02月02日 18時33分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

親権変更を子供が望んでいる 戸籍の事 教えてください 国際離婚です

親権 2018年01月05日

現在 親権変更をめぐって 申立てがありました 離婚は8年前です 母親(投稿者) 日本人 父親 在日韓国人 (帰化していない) 子供 高校2年生 現在 5ヶ月目父親の監護 親権者は母親(親権者) 子供 中学3年生 現在 5ヶ月目父親の監...

親権者変更について相談させてください。

親権 2017年12月26日

離婚成立日:2011年11月22日 婚姻時 ・籍を入れる前からDV(蹴り、肩パンチ)があった。 ・妊娠5か月まで義母に報告していなかった。 ・叔母からの結婚の条件が「姪たちを追い出さないなら長男夫婦はアパート暮らし」だっ たのでアパー...

親権の決め方について教えて下さい。

親権 2017年12月13日

親権の決め方について教えて下さい。 離婚前提で夫と別居中で、離婚条件を話し合っています。 夫は、私の悪いところをたくさん言って親権を取ると言っています。 言われそうだなと思う私の悪いところは、妊娠中に夫婦喧嘩になり、私が数回リストカッ...

私は親権を取れるでしょうか?

親権 2017年12月13日

仕事と言って嘘をつき子ども2人を託児所に預け、自分のお店のお客さんのお家にお泊まりしてしまい、それがばれたので私から、離婚して欲しいとつげました。 その時は冷静になれなかったのもあり、子供は旦那に引き渡すつもりでいました。 よくよくし...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

親権に強い弁護士

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

お話をじっくり聞き、より良い解決策をご提案します。《半蔵門駅から徒歩2分》《多摩地区への出張相談可》

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

【初回相談無料】女性弁護士が親身に対応します

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【初回法律相談無料】解決に向けた最良の選択をサポート致します。

ページ
トップへ