離婚届を勝手に出した夫を訴えたい!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月16日 00時35分

 離婚届を勝手に出されました。元に戻そうと申し立てをしましたが、思い通りになりませんでした。訴えればどんな罪でどんな罰を受けるのですか。



(40代:女性)

匿名弁護士

 刑事上の責任と民事上の責任を追及できます。



 離婚届を勝手に出された場合、刑事上の責任と民事上の責任を追及できます。



 まず、刑事上の責任として、離婚届を勝手に出した者は、有印私文書偽造罪刑法159条1項)、同行使罪161条1項)、公正証書元本不実記載罪157条1項)・同供用罪158条1項)に問われます。

 有印私文書偽造罪と同行使罪の法定刑は3月以上5年以下の懲役、公正証書原本不実記載罪・同供用罪の法定刑は5年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

 これらの罪は、それぞれが手段と結果の関係にあるため、最も重い罪である有印私文書偽造罪・同行使罪の法定刑である「3月以上5年以下」の範囲内で処断されると考えられます(牽連犯54条後段)。

 そのため、離婚届を勝手に出した相手を、刑事上の罪に問いたいのであれば、警察や検察に対して刑事告訴をしましょう。

 ただ、あなたの告訴により相手が起訴されたとしても、初犯であれば執行猶予がつく可能性が高いでしょう。夫の離婚届を勝手に出した妻に対し懲役1年執行猶予3年の判決が言い渡された裁判例があります。



 また、民事上の責任追及として、相手に対して、勝手に離婚届を出されたことに対する慰謝料を請求することもできます(民法709条710条)。

 慰謝料は、あなたが受けた精神的苦痛を慰謝するための金銭なので、具体的にいくら請求できるかはケースバイケースです。婚姻期間や夫婦関係などの事情により異なります。



 参考になる裁判例として、原告の200万円の慰謝料請求に対して、100万円の慰謝料の支払を認めた例があります(東京地裁平成17年5月26日)。

 同裁判例は、「被告が離婚届を偽造して届け出たことにより、原告は、その後家事調停申立、刑事告訴、本訴の提起等をやむなくされ、勤務先も離婚の3か月後に退職している。原告は、帰宅してみると、家財道具が運び出され置き手紙が残されていた自宅の状況に突然直面しており、その受けた精神的苦痛は大きい。かかる原告の精神的苦痛を慰謝するためには、100万円をもってするのが相当である。」と判示しています。

2015年07月16日 00時35分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

海外での離婚

離婚届 2018年01月20日

結婚して約2年。結婚後、海外に駐在になり、帯同しましたが、妻は現地での生活が耐えられないと言い、帰国して半年以上が経ちます。まだ2歳にならない子どもは私が「置いていけ」と言ったため、現地で私と生活しています。仕事の時に子どもをみるのは...

離婚したくない。どうしたら離婚せずにいられますか?

離婚届 2017年10月31日

2年半前に突然家出した主人から調停を申し込まれました。 去年一度調停をし、2人でもう一度話す様にとのことで終わりました。 終わった後2度会いましたが一方的にとにかく別れたいとのことで興奮気味になり話を聞いただけと言う感じでした。 子供...

離婚届を勝手に出したら。

離婚届 2017年10月22日

妻がタイ人なのですが離婚をしたいと思っています。 妻にも離婚の意思があり、 離婚届にはサインをして貰ってあるのですが当日事情により印鑑をもらえませんでした。 数日経った時妻から来年ビザの更新したいからまだ離婚しないとメールが来ました。...

いやがらせをしてくる妻にもう耐えられません。

離婚届 2017年08月01日

妻とは以前よりうまくいっておらず家庭内別居の状態でした。 その後、自分に好きな人ができ付き合い始めました。付き合い始めたときは彼女は自分が結婚していることを知らず、うまくいっていました。 その後妻が彼女に電話をし自分が結婚してることを...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

離婚届に強い弁護士

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

【銀座駅徒歩5分】依頼者の方々が直面している1つ1つの事件について、皆様の声に真執に耳を傾け、ご相談者・ご依頼...

【初回相談無料】【分割払いあり】【後払いあり】【電話相談可】【メール相談可】【土日祝相談可】【夜間相談可】

【初回法律相談無料】解決が困難な問題を、共に考え、答えを見つけ出します。一人で悩まずどんなことでもご相談ください。

お話をじっくりと伺い,難しい法律用語を使わずにわかりやすくご案内します。

◆相談料無料◆夜間/土日相談可(要予約) まずは、ご相談ください。最善の解決に向けて全力でサポートいたします。

ページ
トップへ