DVの刑事告訴はいつまでできる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年01月19日 20時26分

 夫にDVをされ警察に3年間で3回お世話になりました。ひどい時には、救急車で運ばれました。最後に暴行を受け、夫を訴えようとしましたが、警察に夫婦間のことだからということで訴えを保留にした方がよいと諭され、結局その時は訴えませんでした。しかしそれから半年以上たち離婚を決意した今、改めて自分のあったDV被害を考え、彼をDVで刑事告訴したいと考えています。しかし、半年以上前のことを訴えることは可能なのでしょうか。できるとしたら、いつまで訴えられるのでしょうか。民事ではなく刑事訴訟を考えています。最後の事件のときのことは警察で暴行罪として処理されているようです。


(30代:女性)

匿名弁護士

 暴行罪の場合、暴行された時から3年が経過するまでなら、刑事告訴できます。


 「公訴時効」という制度があります。犯罪行為が終わった時から一定期間を過ぎると、検察官が起訴できなくなることをいいます(刑事訴訟法253条1項)。その期間の長短は、犯罪行為の法定刑の重さにより異なります(同250条)。

 
なお、法改正があったので、平成17年1月1日以降の行為であれば新法が適用されますが、それ以前の行為であれば旧法が適用されます。


 ご相談の場合、新法の適用がある平成18年ころより3年間、夫からDV(ドメスティック・バイオレンス)を受けたとのことです。

 
このとき、夫から身体的な暴力をふるわれたのであれば、暴行罪が成立します(刑法208条)。身体的な暴力をふるわれた結果、ケガを負ったのであれば、傷害罪が成立します(同204条)。


 暴行罪は、2年以下の懲役にあたる罪なので、公訴時効期間は3年です(刑事訴訟法250条6号)。傷害罪は、15年以下の懲役にあたる罪なので、公訴時効期間は10年です(同3号)。それぞれの期間内に検察官が起訴すれば、被告人の刑事責任を問うことができます。


 よって、あなたが夫の行為を暴行罪で刑事告訴したいのであれば、暴行があったときから3年が経過するまでに検察官が起訴すれば、刑事責任を問うことができます。

 
そのため、事件から半年ほど経過した現在において、あなたが警察に行って告訴すれば、夫の刑事責任を問うことができるでしょう。なお、最後の事件について、警察ですでに「処理済み」の判断がなされている場合は、警察に告訴しても動いてくれないことがあります。そのような場合は、検察官に対して告訴しましょう。

2015年01月19日 20時26分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

DVの彼を訴えたい

DV 2018年04月08日

同棲中の彼から、週1のペースでDVがあります。 今まで、着ている服を破られ外に出される、ものを玄関から捨てられる、頭を掴まれ風呂場に沈められ、最近は包丁を持ち出され殺す、て言われます。 実家にいるときに夜中に乗り込んできて大声で私の名...

殴られて1ヶ月仕事ができなくて生活に困っています。慰謝料とれますか?

DV 2018年03月12日

1月の頭に当時の彼氏が家に来て 鼻を殴られて4箇所折れました。 全治が4週間。 次の日には成人式があり曲がった状態での出席。 手術は麻酔をしていても激痛。 初めは親にも迷惑をかけたから、と思い何もしない予定でしたが、 時間が過ぎて行く...

DV元夫に慰謝料を請求したいです

DV 2017年12月21日

5年前子連れ再婚。 再婚相手との間に一児。 2年前に元夫が職場でトラブルを起こしてうつ病になり退職。その後転職。 私も同じ頃パート勤めを始めるが、去年の夏頃から元夫が帰宅しなくなり、生活費もいれなくなった。 今年4月に突然帰宅した途端...

姉の浮気と借金そして姉の夫のDV。姉が有利に離婚することはできないんでしょうか?

DV 2017年12月06日

姉夫婦は交際してから七年くらいで結婚しました。 ケンカする度に暴力を旦那からうけていました。 バイクで追いかけられ蹴られたり… 旦那は手だけじゃなく、「役立たず、くず、サル以下、死ね」など言葉の暴力もありました。 妊娠しても暴力は変わ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

DVに強い弁護士

【八丁堀駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日/夜間/土日対応可】依頼者の皆さまの気持ちを大切にし、使い勝手の良い...

退職トラブルについては当職へご相談ください。お話を真摯に伺い、最良の選択肢を提案します。

「親身な相談」と「適切な解決」を心がけ、全力で皆様のお悩みを解決できるよう努めております。問題解決に向けて丁寧...

■新進気鋭の2名の若手弁護士が、素早いフットワークで企業様をサポート致します。

【相談料無料】【土日祝・平日夜間も対応可】【アクセス抜群】

ページ
トップへ