新居を買ったのに婚約破棄された!

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 従兄弟は6月に結婚予定で、新居にする予定の住宅を購入していました。ところが、相手が、性格の不一致を理由に婚約を破棄しました。それはそれで、仕方のないことですが、問題は購入した家の処分です。
 家の購入に関するお金は、ローンも従兄弟が組み、頭金も全て出しています。しかし、結婚が前提だったので、名義を1/10だけ彼女のものにしていました。現在その家に彼女が住んでおり、今後も住み続けたいとのことです。
 そこで、従兄弟が購入価格での買取りを要求したところ、「(人が住んでいるので)もはや中古住宅」を理由に、購入時の価格での買取りを拒否されました。自分の都合で婚約を破棄し、その上、自分が住んだために「中古」になった住宅なのに、彼女の言い値は購入価格より600万円低い価格でした。

 こちらとしては、慰謝料を請求しても良い立場だと思うのですが、従兄弟はそれはしたくないようで、せめて、家を購入時の価格で買い取ってもらいたいと思っています。
 しかし、彼女の言うとおり「中古」なので購入時の価格で買い取ってもらうことは不可能なのでしょうか? 住んでもない家の為にローンを払っている従兄弟が可哀想でなりません。

(20代:女性)

関連Q&A

婚約を破棄した場合、慰謝料請求はされるでしょうか?

婚約・婚約破棄 2016年08月09日

会社にも退職届け出して、結婚に向けて準備をしていましたが、私とのゴタゴタで相手の男性が精神的にまいったようでリストカットをしていました。 私は「リストカットする人とは未来を築けません」と、きっぱりお断りしましたが、相手が慰謝料など請求...

婚約破棄でいくら請求できる?

婚約・婚約破棄 2016年08月09日

婚約中に、他の男の存在がはっきりとわかったので、婚約を破棄しました。結婚を前提にした病院代や、いろいろ立て替え、積み重ねたお金(約500万円)があります。結婚しないなら、返還請求出来るのでしょうか?慰謝料も請求出来ますか?また、他の男...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     婚約当事者の事情はどうあれ、一度入居した建物が「中古」として査定されるのは、やむを得ないことです。登記上10分の1なりとも彼女の所有名義になっていることもネックです。
     しかし、これを「履行の終わった贈与」とみて取消せない(民法550条)としても、当事者の情誼関係が破綻消滅し、贈与の効果をそのまま維持存続させることが、信義公平の原則上不当と解されるときは、贈与者の贈与物返還請求を認めた下級審判例があります。この例によれば、彼女は持分を返還し、自分も建物から出て行かなければならないことになります。
     また、本来ならば婚約不履行で慰謝料を請求されても仕方がない立場にありながら、また自分が建物に住むことによって得ている利益を支払うことなく中古を理由として格安値での買取を主張することは、信義則違反(民法1条)として認められないと考えます。

     今、従兄弟さんがローンの支払いを止めれば、建物は競売にかかり、彼女は出て行くか、あるいは家を競売価格で買い取るか、いずれかを選択しなくてはならなくなります。
     債権者の意向もあることでしょうから、一概には言えませんが、一度三者で話し合う機会を持ち、それでもまとまらなければ調停にかけることをお勧めします。彼女の経済力によっては、ローンの名義だけを変更することも可能でしょう。
     最終的には訴訟によって決着をつけざるを得ませんが、彼女が中古価格で買い取らせる権利はどこにも無い、ということはたしかです。

2014年01月07日

婚約・婚約破棄に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ