相手側の家族の反対で結婚できません

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月22日 03時30分

 7月31日に結納も済ませ、9月1日に挙式予定です。それなのに、「お姉さんが反対している」という理由で、「結婚が出来るかわからない」といわれています。

 仕事も辞め、マンションも8月16日で解約しています。それなのに、結婚式の招待状も送ることが出来ず、本当に途方に暮れている毎日です。
 こんな時、どうしたら良いのでしょうか。


(30代:女性)

匿名弁護士

     まずなすべきことは、一刻も早く彼と話し合い、本当の気持ちを確かめることです。仲人がいるなら、間に入ってもらってもいいでしょう。
     挙式まで、あと一ヶ月もありません。この期に及んで優柔不断な言動を取る相手に、ずるずると付き合っているべきではありません。普通なら、新しい生活を心に描いて毎日を過ごす、一番幸福な時期であるはずなのです。



     婚約は、男女間に将来結婚しようという合意があれば、成立します。結納を済ませ、挙式予定日も決まっているのであれば、その成立は外形的にも明らかだといえます。しかし、婚姻意思のなくなった相手を、無理やり婚姻させることはできません。

     婚姻意思がなくなったというのであれば、その理由を明確にさせること、それから、現実に立ち返って、結婚式場のキャンセル、お世話になった方や仲人への報告等をします。同時に仕事や居所の確保に着手して、あなたの生活やキャリアに、これ以上のダメージが及ぶことを避けなければなりません。

     その上で、相手から受けた精神的損害につき、損害賠償を請求することを考えましょう。



     婚約は、婚姻の約束という「契約」ですから、正当な理由もなく婚約を履行しない者に対しては、債務不履行責任民法415条)を追及することができます。

     また、婚約者としての地位を侵害した不法行為として、損害賠償を請求することも考えられます。
     では、「姉の反対」が正当な理由といえるでしょうか。

     この点については、婚約関係は夫婦生活の実態を備えるまでに至っていない関係であることから、内縁関係や婚姻の解消の場合よりも、正当理由については緩やかに考えるべきだとされています。

     たとえば、結婚式の打ち合わせの際に男性側の母親が取った言動や、男性が万事母親の言いなりになっていたことから、女性が男性との結婚生活に入ることに自信を失い、自分の両親にも反対されたため、女性側から婚約の解消を申し出た事案で、婚約解消によって男性が精神的に受けたという損害については賠償責任を認めませんでした(東京地方裁判所の裁判例)。

     そして、当事者以外の者(女性側の両親)が反対し、婚約当事者に対して婚約を解消させることを決断させた行為についても、不法行為責任を認めませんでした。



     本件の「姉の反対」が、あなたの人柄、言動や思想に対する正当な不安や気がかりから出た真摯なものであれば、正当な理由と認められる可能性がないとはいえません。
     しかし、そうでないならば、精神的損害に対する賠償が認められる可能性が高いと考えます。

2015年07月22日 03時30分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

反対された結婚。いやがらせを受けた彼は訴えることは可能でしょうか?

婚約・婚約破棄 2017年07月11日

結婚を約束した彼がいます。結婚の承諾をもらうため彼を私の両親に会わせたところ、彼の容姿や一人っ子である事、家柄や職業の違いを理由に結婚を反対されました。その後も探偵を雇って彼を尾行して身辺調査をしたり、結婚したら訴えるなど脅迫するよう...

所有物返還請求

婚約・婚約破棄 2017年06月23日

結婚を前提に4年間半同棲していた男性が他の女性も婚約指輪を送るなどしていた事が発覚し婚約解消しました。 男性の家に結婚準備として、私の購入した家電製品等全てのものを置いて合鍵を返却しました。 後日内容証明で返還請求しましたが、相手も弁...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

婚約・婚約破棄に強い弁護士

【電話でのご相談も可能です】些細な悩みでもまずはご相談ください。女性視点でお話を伺います。

お話ししやすい雰囲気の中で、ご依頼者様のお話をじっくりとお聞きします。

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

相談したくなる弁護士

ページ
トップへ