婚姻届の取消

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時08分

 私には一緒に住むことを前提として部屋を借り、結婚の約束もして式場も決めている相手がいます。
  その相手が、以前付合っていた彼女が未婚で子供(彼との子供ではありません)を産むことになり、「子供の戸籍を自分の戸籍に入れたいから、一時的に結婚してください。そうしないと自分の生んだ子が親の養子になり、自分と義理の兄弟になってしまう」と言われ、その申し立てを私に内緒で受け入れてしまいました。
  未婚でも自分の戸籍に入れることは可能なはずです(彼は知らなかったようですが)。
  彼女の意図が掴めないのですが、どう考えても騙されたとしか思えません。
  ですので、婚姻届の取り消しをしてほしいのですが、どうしたらいいでしょう。

(20代:女性)

匿名弁護士

     法律上、婚姻は当事者が婚姻する意思を持って婚姻届を提出したときに成立し(民法第739条)、婚姻の届出自体については当事者間に意思の合致があったとしても、それが単に他の目的を達するための手段として仮託されたものにすぎない場合(いわゆる偽装結婚)には、婚姻は無効となります(最高裁昭和44年10月31日判決)。
      そして、あなたの婚約者にもともと元彼女との実質的な意味での婚姻をする意思が無く、単に人助け的な意味合いで元彼女との間に婚姻届を提出したのであれば、「当事者間に婚姻する意思が全く無かった」としてこの婚姻がそもそも無効であったと考えられます。
      となると、戸籍を訂正する必要が生じますが、役所の戸籍を作成する人は当事者に真実婚姻の意思があったのかどうかまで審査することはできません。
      そこで、無効な届出をした本人であるあなたの婚約者は家庭裁判所の許可を得て戸籍の訂正を申請することができます(戸籍法第114条)。
      この戸籍訂正の為の家庭裁判所の許可を得るためには、まず家庭裁判所へ調停の申立をすることになります。この調停の場で、あなたの婚約者と元彼女が同意すれば,家庭裁判所は合意に相当する審判をすることになり,この審判が確定したときは確定判決と同一の効力が生じることになります(家事審判法第23条)。
      ただ、もともと元彼女がどうしてもあなたの婚約者と婚姻をしたいが為に詐欺的に婚姻届を提出した様な場合には、元彼女が婚姻無効の手続きに協力するとは思えません。
      そこで、元彼女が婚姻無効の手続きに協力してくれず、合意に相当する審判が得られなかった場合には、次に家庭裁判所に人事訴訟を提起し、婚姻無効の判決を得る必要があります(人事訴訟法第2条1号)。
      これら審判又は判決が確定した後の手続は,審判書謄本又は判決謄本と確定証明書を添えて戸籍訂正申請を市町村役場へ提出することになります。
      もっとも、これら手続きにより戸籍が無事訂正されても、戸籍上には婚姻届が一旦提出されその後訂正された痕跡が残ってしまいます。戸籍上、婚姻前の何も無かった状態にまで戻したい場合には、戸籍の再製を市町村役場に申し出れば、婚姻前の何も無かった状態にまで戻れます。

2014年01月07日 04時08分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

反対された結婚。いやがらせを受けた彼は訴えることは可能でしょうか?

婚約・婚約破棄 2017年07月11日

結婚を約束した彼がいます。結婚の承諾をもらうため彼を私の両親に会わせたところ、彼の容姿や一人っ子である事、家柄や職業の違いを理由に結婚を反対されました。その後も探偵を雇って彼を尾行して身辺調査をしたり、結婚したら訴えるなど脅迫するよう...

所有物返還請求

婚約・婚約破棄 2017年06月23日

結婚を前提に4年間半同棲していた男性が他の女性も婚約指輪を送るなどしていた事が発覚し婚約解消しました。 男性の家に結婚準備として、私の購入した家電製品等全てのものを置いて合鍵を返却しました。 後日内容証明で返還請求しましたが、相手も弁...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

婚約・婚約破棄に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【電話でのご相談も可能です】些細な悩みでもまずはご相談ください。女性視点でお話を伺います。

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【阪急梅田徒歩3分】【初回相談無料】【離婚・不倫に強い】【女性弁護士が親身に対応】お気軽にお電話でご予約ください。

ページ
トップへ