婚約破棄しました。彼から慰謝料を請求され60万円を支払ったのですが、後から裁判中に彼が結婚していたことがわかりました。これは詐欺でしょうか。

User image 1 lu_38a285beさん 2017年12月15日 17時43分

詳しく書くべきか悩みましたが、
長くなりそうなので簡潔に書きます。

婚約破棄をした彼から裁判を起こされ、
300万円を請求され、結果、60万円を払うことになりました。
婚約破棄をされたことにより、結婚への希望もなくなり、深く傷ついたことによる慰謝料みたいです。
しかし、実は、裁判を起こすか起こさないかの時点(婚約破棄から2ヶ月位)で、彼には彼女が出来てました。
それから半年位で結婚していました。
裁判の判決(和解です)が出る前です。
私は彼との縁を早く切りたかったので、私の主張はあまりせず、彼のやりたいような結果で落ち着かせました。
が、和解後に、実は裁判中に結婚していた。
と言うのを知って、私には60万円を払う義務が果たしてあるのか疑問に感じ、質問させてもらいました。
結婚への希望が…
と言う慰謝料請求なのに、
実際は結婚していたなんて、
なんだか詐欺に遭ったような気もしまして…

注力分野
離婚・男女 犯罪・刑事事件 借金・債務整理 企業法務 消費者問題

和解が成立してしまっている以上、60万円の支払い義務が生じてしまっていることには争いようがすでにない段階にまで至ってしまっています。そのため、これとは別に、
不服であれば、別訴といって、むしろこちらとしては欺く行為があり、これに対して信頼してしまった結果なのだと主張して逆に損害賠償請求することは考えられます。
しかし、和解の文言によってはこれも不可能な場合もあります。清算条項と言って、一切の債権債務関係がないとされてしまっていると難しいでしょう。

2017年12月15日 18時19分

訴訟上の和解の内容に和解を無効とするような事情が含まれている場合には,いくつかの方法によって和解の無効を争うことができます

1.以前の訴訟はまだ終わっていないのだと主張して,民事訴訟法93条1項の期日指定の申し立てをする
2.和解無効確認の訴えという新しい訴訟を提起する
3.再審の訴えを起こす

本件では,民法95条の錯誤(かんちがい)が成立しうる可能性があるため,和解の無効を争うことは簡単ではないものの決して不可能ではありません

2017年12月15日 19時00分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

証拠の期限はいつですか?

婚約・婚約破棄 2020年08月10日

3、4年前くらいに付き合っていた人(元彼)に、LINEで結婚しようとなどと言っていたことがありました。その後その人とは別れ、連絡を取らなくなり、私は他の人と恋愛をしたり別れたりと普通の生活を送っていました。そして去年、元彼と再会し、合...

コロナ状況下における婚約破棄の妥当性について

婚約・婚約破棄 2020年05月19日

共に30台後半です。 緊急事態宣言中、親からの誘いがあり当方のみ車で実家へ1日帰省をしました。 (同棲はしておらず当方独り暮らし) 婚約者から価値観の違いを指摘されています。 当方、行動に問題があったことを認め謝罪をしております。 相...

婚約破棄に当たりますか?

婚約・婚約破棄 2020年04月09日

元交際相手から一方的に別れを告げられましたが納得できません。親への挨拶をしていたこと、同棲予定だった賃貸の契約書に彼の続柄に「婚約者」と書き、彼も了承していたこと、将来結婚する時期も話し合っていたこと、LINEでのやりとりで「結婚した...

婚約破棄 慰謝料など請求できるか

婚約・婚約破棄 2020年03月21日

慰謝料請求(その他費用の請求)ができるかお伺いしたいです。 彼と付き合い初めてから喧嘩は多くありましたが、プロポーズをしてもらい、お互いの両親に挨拶を済ませ、結婚式場・家の契約(新築一戸建て・彼名義のローンで購入)までしております。 ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する