妻の元婚約者からの結納金返還義務は現夫にも支払い義務がありますか?

User image 1 lu_7d1df558さん 2018年02月22日 00時41分

私の妻はタイ人です。妻は私と結婚する前、私以外の男性とも同時に付き合っていました。
その男性は妻が私と付き合っていることを知っているにも関わらず、執拗に妻にあの手この手で迫り、”今まで付き合って一緒に居てくれたお礼”だと言って500万円を妻に渡しました。その1年後、妻に私の子供が出来たことが分かりました。

結局妻は相手の男性と別れ私と結婚しました。結婚後相手の男性からあの時渡したお金は結婚をするための結納金で、結婚ができないのなら返してほしいと、タイの裁判所に訴えてきました。結果は妻が敗訴しましたが、妻には収入も貯金、財産もなく、このお金を返すつもりはありません。

しかし、この支払義務が私や娘にも及び、私の給与や財産が差し押さえされないか心配しています。

1.相手の男性はタイの裁判所の結果を元に、夫である私に日本で支払い請求をすることができますか。

2.タイの法律において、夫である私に支払請求ができた場合、それが日本でも適用されますか。  

3.相手の男性は妻が日本で住所を持った時に、同様の内容で妻を日本で再度訴えることはできますか。

1、夫に対して請求はできないですね。
2、日本では適用されないですね。
3、タイの判決が日本で執行力を持つためには、
日本の裁判所で日本でも効力を有すると言う
承認の裁判がまず必要ですね。
その手続きを踏まずに、改めて日本で同種の裁
判を起こすことは、可能ですね。

2018年02月22日 11時05分
補足質問
User image 1

lu_7d1df558 - 2018年02月22日 19時29分

内藤弁護士殿
ご回答頂き有難う御座います。1,2項については安心いたしました。
3項について追加の質問をさせて下さい。

3-1 時効があると思うのですが、本件の場合3年になりますか。
3-2 請求権の時効とは、相手方が妻に結納金を支払ったにも関わらず結婚が出来ないと分かった日からカウントされ、3-1項質問の年数が
  経過してしまった場合に、同様の理由で妻を相手に裁判を起こすことはできるが、仮にそこで勝訴したとしても、判決の執行を求める
  ”請求権”を失っており、妻に返還の意思がない限り結納金の返還は事実上できない。
  という解釈で間違いありませんでしょうか。
補足回答
Resized avatar mini magick20170626 19046 bzw2z0

内藤 政信 弁護士 - 2018年02月23日 09時23分

あなたの解釈はよくわかりません。
時効は10年でしょう。
終わります。
お礼メッセージ

ご丁寧にどうも有難うございました。一先ず安心する事が出来ました。今後頂いたアドバイスを元に気をつけて行動します。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

婚約者が浮気、DV

婚約・婚約破棄 2018年07月14日

東京に住んでおり、その時に彼と出会いました。 付き合って2年後、彼の実家がある中国地方に遊びに行きました。 約一週間彼の実家でお世話になりました。 その時に友人らに結婚すると紹介されました。 その半年後、東京の知人から婚約のお祝いを頂...

精神肉体被害と浮気で婚約破棄、慰謝料はとれるのか?

婚約・婚約破棄 2018年07月12日

今年30になる者です。彼は1つ下です。彼と10ヶ月の付き合いですが、同棲して9ヶ月目になります。7月頭に結婚する予定でした。彼は転勤族で、付き合って3ヶ月目の時に転勤が急に決まりプロポーズされました。その為仕事も辞め母子家庭ですが母親...

婚約破棄、DV、親の関与による慰謝料請求の相場を教えて下さい。

婚約・婚約破棄 2018年06月26日

プロポーズをされ指輪を渡してくれた彼と大げんかの末、終わりを告げられました。 婚約破棄として慰謝料請求を求めたいと思っております。 彼は付き合っていた時から、怒ると暴言や物をなげたりするなどDVな要素もあり、それらの慰謝料?も合わせて...

結婚を約束した彼が喧嘩の度に別れをきりだしてくるので、婚約誓約書をつくりたいのですが、書き方をおしえてください。

婚約・婚約破棄 2018年05月22日

妊娠をきっかけに、「もし子供を流産しても、結婚をする」と自分から言い出し私の親にも挨拶をし、結婚前提で同棲している彼がいます。 過去の彼の浮気が発覚し、喧嘩になり、ストレスや暴力で子供は流産しましたが、 彼は、私の家族や友人に4月3月...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ