内縁関係にある相手が浮気した!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年01月19日 20時28分

 内縁関係にある相手が浮気した場合、相手の人にも慰謝料を請求できますか?



(30代:女性)

匿名弁護士

     内縁関係にあると認められれば、浮気相手に対して慰謝料を請求できます。



     一般に「内縁」とは、婚姻の社会的実体はあるが婚姻届の出されていない男女の関係のことをいいます。

     内縁関係にあると認められれば、「婚姻に準ずる関係」があるとして、法律上の婚姻と同様な効果が認められます。たとえば、同居義務貞操義務財産分与などが認められます。内縁関係にある相手が浮気した場合であれば、浮気相手に対して不法行為に基づく損害賠償を請求することもできます(民法709条)。



     ただ、ひとくちに「内縁」といっても様々であり、内縁の態様に応じて、どこまで法律上の婚姻と同じ扱いができるかが問題です。

     法律上の婚姻と同じ扱いをすべき「内縁」と認められるには、当事者に結婚の意思があること(婚姻意思)と、婚姻届を提出していないが、社会的に夫婦と認められる生活をしていること(夫婦共同生活の実態)が必要です。

     具体的には、内縁関係にある期間や、生計を共にして夫婦同然の共同生活をしているか否か、住民票などで同一世帯として届け出ているかどうかなどから個別的に判断されます。



     ご相談の場合も、このような事情から判断して、相手との関係が内縁関係と認められれば、浮気相手に対して不法行為に基づく損害賠償として慰謝料を請求できます。

     慰謝料を請求する方法は、民事裁判を起こすだけではありません。より簡単な方法として、「内容証明郵便」を送って請求したり、「調停」制度を利用したりする方法があります。相手の女性が事実を認めて任意に支払ってくれれば、民事裁判に比べて費用も安く済むので、検討してみましょう。

     なお、慰謝料請求権は、相手の女性と浮気をしたことを知ってから3年で時効にかかるので注意してください(民法724条)。

2015年01月19日 20時28分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

第三者へ口外しない旨の誓約書を交わしている場合、公的な書類でなくても 効力はありますか?

不倫・不貞・浮気 2017年07月21日

不貞行為の被害者がこの事実を第三者へ口外しないと約束して 口止め料を含んだ慰謝料を受け取った場合について相談いたします。 約束したものの、やはり気持ちが治まらないという理由で加害者の家族へ 不貞行為があったことを伝える、もしくは 加害...

不倫相手の元奥さんからの慰謝料請求

不倫・不貞・浮気 2017年07月20日

同じ職場の男性と1年程前に約4ヶ月不倫関係にありました。 その元奥さんから500万円の慰謝料請求という裁判をおこされました。 彼は奥さんとの関係は既に冷え切ったもので離婚の話も数年前からある。と言っており、当時結婚しており1児がいる私...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

不倫・不貞・浮気に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

【電話でのご相談も可能です】些細な悩みでもまずはご相談ください。女性視点でお話を伺います。

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お話ししやすい雰囲気の中で、ご依頼者様のお話をじっくりとお聞きします。

ページ
トップへ