内縁関係にある相手が浮気した!

Legalus編集部さん 2015年01月19日

 内縁関係にある相手が浮気した場合、相手の人にも慰謝料を請求できますか?



(30代:女性)

関連Q&A

彼女に前に使っていた携帯電話のメールを見られ、前に付き合っていた女とラブホへ行ったのが知れた。

不倫・不貞・浮気 2017年01月20日

知らない間に、今付き合っている彼女に前に使っていた携帯電話のメールを勝手に見られ、3年前に違う女と一度だけラブホに行ったのがわかってしまいました。 ラブホへ行ってからは一度もその女とはあってません。 あやまったのに許してくれません。 ...

不倫になりますか?

不倫・不貞・浮気 2017年01月20日

5年ほど前からメールのやり取りや話をしたりして親しくしていた男性がいます。 4年前にお酒を飲んでその勢いで性的関係を持ちましたが、その一度だけしかありません。キスをしたのは三回くらいありました。 男性には妻子がおり、私も既婚者です。も...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     内縁関係にあると認められれば、浮気相手に対して慰謝料を請求できます。



     一般に「内縁」とは、婚姻の社会的実体はあるが婚姻届の出されていない男女の関係のことをいいます。

     内縁関係にあると認められれば、「婚姻に準ずる関係」があるとして、法律上の婚姻と同様な効果が認められます。たとえば、同居義務貞操義務財産分与などが認められます。内縁関係にある相手が浮気した場合であれば、浮気相手に対して不法行為に基づく損害賠償を請求することもできます(民法709条)。



     ただ、ひとくちに「内縁」といっても様々であり、内縁の態様に応じて、どこまで法律上の婚姻と同じ扱いができるかが問題です。

     法律上の婚姻と同じ扱いをすべき「内縁」と認められるには、当事者に結婚の意思があること(婚姻意思)と、婚姻届を提出していないが、社会的に夫婦と認められる生活をしていること(夫婦共同生活の実態)が必要です。

     具体的には、内縁関係にある期間や、生計を共にして夫婦同然の共同生活をしているか否か、住民票などで同一世帯として届け出ているかどうかなどから個別的に判断されます。



     ご相談の場合も、このような事情から判断して、相手との関係が内縁関係と認められれば、浮気相手に対して不法行為に基づく損害賠償として慰謝料を請求できます。

     慰謝料を請求する方法は、民事裁判を起こすだけではありません。より簡単な方法として、「内容証明郵便」を送って請求したり、「調停」制度を利用したりする方法があります。相手の女性が事実を認めて任意に支払ってくれれば、民事裁判に比べて費用も安く済むので、検討してみましょう。

     なお、慰謝料請求権は、相手の女性と浮気をしたことを知ってから3年で時効にかかるので注意してください(民法724条)。

2015年01月19日

不倫・不貞・浮気に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【堺市】南海本線堺駅すぐ

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ