夫の愛人に慰謝料を請求できる?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 夫に愛人がいるのがわかり、愛人に直接会って夫と別れさせました。愛人は、夫には私と子ども達がいることを知っていました。夫は私を大切にしてくれていますが、私はショックから立ち直れず、とてもつらい毎日です。
 愛人にも、慰謝料請求などができないでしょうか。

(30代後半:女性)

関連Q&A

妻の不貞について

不倫・不貞・浮気 2017年01月21日

私は30代中盤、妻は20代後半です。 妻が社員旅行へ行きました。 6歳になる娘も連れて行きました。 行き先は温泉で一泊二日です。 メンバーは経営者、妻、娘、従業員3名(20代女性と思われる)です。 社員旅行が終わり、ふとした事から娘に...

彼女に前に使っていた携帯電話のメールを見られ、前に付き合っていた女とラブホへ行ったのが知れた。

不倫・不貞・浮気 2017年01月20日

知らない間に、今付き合っている彼女に前に使っていた携帯電話のメールを勝手に見られ、3年前に違う女と一度だけラブホに行ったのがわかってしまいました。 ラブホへ行ってからは一度もその女とはあってません。 あやまったのに許してくれません。 ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     夫の不倫相手に妻が慰謝料請求できるかは、不倫相手が妻の権利(婚姻関係の平和)を故意または過失によって侵害したといえることが前提となります(民法709条)。

     判例は、夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は、故意または過失がある限り、その配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持ったのか、自然の愛情によって生じたのかを問わず、他方の配偶者の権利を侵害し、その行為は違法性を帯び不法行為が成立するとしています。また、この不法行為は婚姻関係破綻(離婚)の有無に関わらず成立するとしています。

     したがって、不倫相手が相手に配偶者がいることを知りながら(故意)、あるいは知りえたにもかかわらず(過失)、夫婦の一方と肉体関係を持った場合には、不法行為が成立し、その精神的損害の賠償を請求することができます(民法710条)。
     ただし、請求できる金額については、不貞行為の態様、期間、回数、程度、加害者(不倫相手)の支払能力、当事者の社会的地位などによって異なります。

2014年01月07日

不倫・不貞・浮気に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ