父親の愛人に慰謝料を請求できる?

Legalus編集部さん 2015年04月21日

 10年前に父と浮気していた女性は、父の店の従業員です。10年たった今でもまだその時の愛人が店にいることがわかりました。


 今はもう何もないと父は言いますが、私と母には許すことができません。
 いままでの慰謝料を請求できますか? また、店を辞めさせることも出来るでしょうか? ちなみに私と母は取締役で父が代表取締役です。


(30代前半:女性)

関連Q&A

不倫をしている当事者間の裁判が行われる可能性ありますか?

不倫・不貞・浮気 2016年12月05日

現在、私(既婚・男)が不倫しており、相手は未婚です。 付き合い始めておよそ5か月たちます。 私から不倫の解消を申し出たところ、相手から弁護士を立てて裁判をするということを言われました。 どういったことを目的として裁判をするということは...

離婚したいんですが

不倫・不貞・浮気 2016年11月06日

私が浮気したんですが、浮気した私から離婚の請求した場合、認められるのでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まず、あなたから愛人への慰謝料請求についてですが、最高裁の判例は、愛人がいたとしても、父親は父親としての愛情、教育を注ぐことができるはずであり、愛人の行動と子供の不利益との間に因果関係がないとして、子供から愛人に対する慰謝料請求を否定しています。
     もっとも、愛人が父親と子供の接触を積極的に妨害していたような場合には、慰謝料を請求できる場合もあると思われます。なお、その場合でも、慰謝料請求権の消滅時効は、被害者が損害及び加害者を知ったときから3年とされており(民法724条)、あなたのケースで愛人に慰謝料を請求することは困難であると思われます。


     また、あなたのお母さんから愛人への慰謝料請求についても、不倫相手が妻の権利(婚姻関係の平和)を故意または過失によって侵害したことを理由に請求が可能ですが、あなたから愛人への慰謝料請求の場合と同様、慰謝料請求権の消滅時効が完成していると思われ、請求は困難であると思われます。


     次に、愛人の解雇についてですが、会社の業務執行は取締役会によって決するとされており(会社法362条2項)、また、取締役会は過半数をもって議決するとされているため(会社法369条1項)、この問題を取締役会の議題に挙げ、決議を行うことで解雇することも可能と思われます。

     ただ、労働者の解雇には法定の手続を踏む必要がありますので、注意が必要です(労働基準法20条)。また、法定の手続を踏んだ場合であっても、客観的に合理的理由のない解雇、および客観的理由はあるが社会通念上相当とはいえない解雇は解雇権の濫用として無効となります。

2015年04月21日

不倫・不貞・浮気に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ