被害届と時効

Legalus編集部さん 2014年10月22日

 女友達と性交渉をもったことが、彼女の交際相手Aにバレてしまいました。行為が原因か、彼女のおなかが痛くなったため、分かってしまったようです。
 一時はAに「強姦で被害届を出す」とまで言われましたが、3人で話し合った結果、「治療費として5万円払う」ということで収まりました。そして「今後はお互い何があっても関わらない」という約束をしました。
 私は携帯のメールアドレスを変え(彼女も了解済み)、今のところ連絡はきていません。しかしいつまた彼の気が変わって被害届を出されるか心配で、毎日びくびくしながら生活しています。被害届はいつまでに出さなければ無効になる、というきまりはあるのでしょうか?

(20代:男性)

関連Q&A

不倫相手(彼)の奥さんからの損害賠償請求について

不倫・不貞・浮気 2017年01月17日

後輩が不倫をしていました。家族は全く気がついておらず(バツ1と聞いていた)家賃の保証人になっていた私に突然大家さんが1年近く家賃が払ったり払ってなかったりと繰り返しでいたという所からいろんな事が明るみに出ました。 ・彼女はバツ1、子供...

約束の責任について

不倫・不貞・浮気 2017年01月07日

私はある女性と不倫をしており、その女性から将来同居する約束を求められ約束を致しました。 約束を果たす為、妻に全てを告白して慰謝料を払って離婚することになりました。彼女には生活費等で100万円ほど供与しております。 その後、彼女から好き...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     一般に、刑事に関する訴えについては、被害者が告訴し、それを受けて警察が捜査、検察官が起訴します。これを公訴の提起といいます。公訴権は時効によって消滅します。犯罪行為が終わった時点から一定の時間が経過すれば(刑事訴訟法253条1号)時効が成立し、その後の起訴は許されません(同337条)。その期間の長短は法定刑の重さによって決められています(同250条)。
     強姦罪刑法177条)は「2年以上の懲役」にあたる罪なので、時効は7年、その後は公訴を提起することができません。つまり、あなたに強姦罪が成立するとしても、罰することはできなくなってしまうのです。

     ここで注意が必要なのは、あくまでその期間内に公訴の提起まで持っていかなければならないという点です。テレビドラマの刑事もので、「あと3分で犯人を捕まえないと時効成立だ!!」と刑事が必死で犯人を追いかけるシーンが出て来ることがありますが、全くナンセンスです。時効までに「公訴の提起」が必要なのですから、実際にはそのずっと前に身柄を拘束して、取り調べて...という手続きを踏まなければならないことになります。逆に言えば、「7年マイナス公訴に至る準備・手続きに要する時間」の間は被害届が出される可能性が残っているといえます。

     しかし、あなたと彼女とは合意の上で交渉を持ったのでしょう。それならばそもそも強姦罪は成立しませんし、金銭を払う理由もなかったのではありませんか? 彼女に対するいたわりの気持ちからあなたが治療費相当分につき負担することには、何の問題もありません。が、AがA自身の立場で金銭を要求できるのは、彼に対して民法上の不法行為709条)が成立し、あなたが彼に対して慰謝料を払う義務が生じた場合だけです。
     告訴しないことを条件にして金銭をやりとりすることは「示談」として一般に行われてはいますが、そもそも彼女に対して何ら罪となるべき行為をしていないのに、示談に応じる必要もなかったはずです。仮に金銭を支払うとしても、その金銭はどういう意味合いで支払われたのかを、今後の取り決めとともに文書にしておくべきでした。相手が悪質であった場合、あなたのとられた方法ではいくらでも相手につけ込む隙を与えてしまいます。今後連絡があるかないかを心配するよりも、たとえ連絡がきても一切応じない覚悟を決めることの方が大切です。


     最後になりましたが、強姦罪は親告罪です。被害者本人が告訴しない限り、公訴は提起できません。Aは被害者ではないので、被害届を出して告訴することはできません。

2014年10月22日

不倫・不貞・浮気に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ