和解調停で慰謝料を払ってもらうことになったが...

Legalus編集部さん 2015年08月29日

 不倫相手と和解調停の結果、400万の慰謝料を支払ってもらうことになりました。不倫の清算金と、彼のストーカー行為による慰謝料です。毎月5万、いままでに5回振り込みがありました。
 先日、彼が自己破産の手続きに入ったとのことで、弁護士から「債権調査明細書」が郵送されてきました。私への慰謝料はどうなるのでしょうか。

(40代:女性)

関連Q&A

不倫をしている当事者間の裁判が行われる可能性ありますか?

不倫・不貞・浮気 2016年12月05日

現在、私(既婚・男)が不倫しており、相手は未婚です。 付き合い始めておよそ5か月たちます。 私から不倫の解消を申し出たところ、相手から弁護士を立てて裁判をするということを言われました。 どういったことを目的として裁判をするということは...

離婚したいんですが

不倫・不貞・浮気 2016年11月06日

私が浮気したんですが、浮気した私から離婚の請求した場合、認められるのでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     調停とは、当事者間の紛争を、裁判外で調停機関が仲介して解決するものです。

     調停によって話し合いがまとまると、「調停調書」が作成され、取り決められた内容が記載されます。



     調停はいわゆる裁判ではありませんが、調停調書に記載された内容は、裁判による確定判決と同じ効力を持ちます。したがって、相手方が約束を履行しないときには強制執行を行うことができます。



     しかし、調停によりあなたの権利として認められた内容も、相手方に対する「債権」として有効であるだけです。相手方が破産手続きに入ってしまった以上、何か特別のルートで取り立てることはできません。

     債権調査明細書を作成し送ってきた弁護士が、相手方の代理人として債務の整理を行い、裁判所に破産申立て手続きを行おうとしているのでしょう。あなたに送られてきた「債権調査明細書」は、この破産申立て手続きの過程で、債務者に債務がどれほどあるのかを調査するために作成されるものです。



     あなたが有する債権を、破産財団(債務者の破産により、債務者の有する財産の多くが破産者に対する債権の満足にあてられるべき財産となりますが、そのような財産の集合をいいます)に対して行使するためには、債権の届出をしなければなりません。届出は、書面または口頭で、破産裁判所(破産手続きを処理することになった裁判所)に対して行います(破産法111条)。
     これにより、あなたは破産債権者として破産手続きに参加し、配当を受けることができるようになります。しかし、破産財団を多数の債権者で分け合うことになるため、残念ながら、債権の一部の満足しか受けられない場合が多いのです。

2015年08月29日

不倫・不貞・浮気に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【堺市】南海本線堺駅すぐ

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ