不倫の暴露を理由に交際の継続を要求するのは脅迫か?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時10分

 妻子を持つ男性です。
 もともと友人だった女性と不倫関係になりました。当初、恋愛感情は確かに存在したのですが、家族に対する罪の意識を拭いきれず、別れようとしました。
 ところが、「別れるのなら、家に押しかけて家族の前で全てを話す」と、不倫の継続を要求されています。これは脅迫になるのではないでしょうか。

(40代:男性)

匿名弁護士

     生命、身体、自由、名誉、財産に対し、害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役または30年以下の罰金に処せられます(脅迫罪、刑法222条1項)。本罪は、逮捕監禁、略取誘拐、強制わいせつ・強姦、住居侵入等と並ぶ、意思決定の自由を侵害する罪とされています。

     では、「不正をばらす」「告訴する」など、ある意味では正当な行為をすると告知することも、本罪の「害悪の告知」にあたるのでしょうか。
     本罪は意思決定の自由に対する罪なので、たとえ正当な行為の告知であっても、専ら相手を脅えさせ、その意思決定の自由を奪う目的で言われたものであれば、本罪の「害悪の告知」に該当するとされています。「不倫をばらす」との告知もこれらに類似するものといえます。
     先日も、テレビ朝日の関連会社製作部課長が、出会い系サイトで知り合った女性に対し「不倫をばらすぞ」と脅したとして逮捕されました。

     もう一つ、よく似た罪に「強要罪」(刑法223条)があります。
     この罪は、「・・・脅迫し、または暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、または権利の行使を妨害」することまで必要とされています。もっとも、その分だけ刑は重く、3年以下の懲役が科せられます。

     脅迫罪が強要罪と異なる点は、害悪が告知されただけで成立することです。相手が脅え、何らかの行為をすることまでは必要とされていません。
     したがって、あなたが平気であっても、彼女が「家族に不倫をばらす」と言った時点で本罪が成立することになります。後日のため、メール、通話録音など保存しておくとよいでしょう。

2014年01月07日 04時10分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

第三者へ口外しない旨の誓約書を交わしている場合、公的な書類でなくても 効力はありますか?

不倫・不貞・浮気 2017年07月21日

不貞行為の被害者がこの事実を第三者へ口外しないと約束して 口止め料を含んだ慰謝料を受け取った場合について相談いたします。 約束したものの、やはり気持ちが治まらないという理由で加害者の家族へ 不貞行為があったことを伝える、もしくは 加害...

不倫相手の元奥さんからの慰謝料請求

不倫・不貞・浮気 2017年07月20日

同じ職場の男性と1年程前に約4ヶ月不倫関係にありました。 その元奥さんから500万円の慰謝料請求という裁判をおこされました。 彼は奥さんとの関係は既に冷え切ったもので離婚の話も数年前からある。と言っており、当時結婚しており1児がいる私...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

不倫・不貞・浮気に強い弁護士

相談したくなる弁護士

まずは,お気軽にご相談ください。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

【電話でのご相談も可能です】些細な悩みでもまずはご相談ください。女性視点でお話を伺います。

ページ
トップへ