同棲していた女性と別居中の夫から慰謝料請求が!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月22日 02時39分

 約3年半前に知り合った女性と数ヶ月間交際の後、彼女の強い勧めもあって、約6ヶ月間、彼女のマンションで同棲しました。当初、彼女はバツイチと聞いていましたが、同棲中に、彼女は夫と別居中(2~3年)でまだ離婚をしていないと告白されました。弁護士を頼んで離婚の話を進めているとのことでした。その後、彼女とは別居、私がそのマンションに残りました。しだいに疎遠になり、現在に至ります。


 そこへ彼女の夫から、私たちの不倫関係によって精神的苦痛を受けたとして、慰謝料500万円を請求する旨の内容証明郵便が届きました。


 現在も、彼女は夫と別居中とのことです。私と交際していた当時、すでに彼女は夫の家を出ており、自分で仕事をし、自活していました。


 今後、裁判で訴えられたら、どのように対処したらいいのでしょうか。



(40代:男性)

匿名弁護士

     配偶者の不倫相手に対しては、相手方に故意又は過失がある場合、不法行為責任として慰謝料民法710条)の請求が認められています。不法行為が成立するかどうかの判断にあたっては、夫婦の婚姻関係が破綻していたかどうかは、関係ないとされていました。



     ところが、平成8年、最高裁は、配偶者の婚姻関係が「すでに破綻していたときは、特段の事情がない限り、不法行為責任を負わない」としました。
     婚姻関係がすでに破綻していた場合には、他方の配偶者には、守るべき権利や利益がないから不法行為は成立しないことになります。



     あなたの場合にも、女性と同棲を始めた当時、すでに女性と夫との婚姻関係が破綻していたと認められれば、不法行為責任としての慰謝料を支払う必要はなくなります。



     ご相談文によると、当時、女性はすでに夫と別居中であったこと、弁護士に頼んで離婚の話を進めていたとのこと等、婚姻関係が破綻していたと認められやすい事情があるといえます。訴えられた場合に備えて、このような事実を証明できる資料を準備しておきましょう。



     仮に、婚姻関係破綻の主張が認められなかったとしても、当初はバツイチと聞いていたとして、不貞関係をもつことについて故意がなかったと主張できます。あるいは、同棲中には、離婚手続き中であると聞いていた等の事実から、違法性が低いとも主張できます。このように、あなたの責任を少しでも軽くできるように、主張できる事実を整理しておきましょう。

2015年07月22日 02時39分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

第三者へ口外しない旨の誓約書を交わしている場合、公的な書類でなくても 効力はありますか?

不倫・不貞・浮気 2017年07月21日

不貞行為の被害者がこの事実を第三者へ口外しないと約束して 口止め料を含んだ慰謝料を受け取った場合について相談いたします。 約束したものの、やはり気持ちが治まらないという理由で加害者の家族へ 不貞行為があったことを伝える、もしくは 加害...

不倫相手の元奥さんからの慰謝料請求

不倫・不貞・浮気 2017年07月20日

同じ職場の男性と1年程前に約4ヶ月不倫関係にありました。 その元奥さんから500万円の慰謝料請求という裁判をおこされました。 彼は奥さんとの関係は既に冷え切ったもので離婚の話も数年前からある。と言っており、当時結婚しており1児がいる私...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

不倫・不貞・浮気に強い弁護士

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

お話ししやすい雰囲気の中で、ご依頼者様のお話をじっくりとお聞きします。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【初回法律相談無料】解決に向けた最良の選択をサポート致します。

相談したくなる弁護士

ページ
トップへ