探偵業者は信用できる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時07分

 夫の浮気がわかりました。相手は旦那、子供がいます。浮気相手から慰謝料を請求したいので、興信所に調査依頼しようと相談に行きましたら、銀行へ振込み確認後から着手すると、言います。信じて大丈夫ですか?前払いは当たり前ですか?


(40代:女性)

匿名弁護士

     前払いを求める業者もあるようです。契約内容や料金システムなどを書面でよく確認し、納得した上で料金を支払いましょう。


     探偵業務が適正に運営されるよう、「探偵業法」という法律が平成19年6月1日より新しく施行されています。探偵業法により、業者規制(開業時の届出や守秘義務など)と、業務規制(依頼者への説明書面の交付や契約書面の交付の義務付け)が定められています。

     
    ただ、探偵業者の料金システムや支払い方法の定め方については、「探偵業法」による特別な規制がないので、業者によりまちまちのようです。

     
    あなたが調査を依頼しようとしている興信所のように、契約締結後に指定口座へ料金を振り込んでもらい、振り込みを確認してから調査に着手するという方法は、決して例外的なシステムではないでしょう。


     ところで、その興信所から、調査内容や料金システム、期待した成果が上がらなかった場合に支払い済み代金をどうするかなどの点について、書面の交付を受けた上で充分な説明がなされたでしょうか。これらの点について不明確にし、納得しないままに契約を結んでしまうと、後々トラブルになることがあるので、よく注意しましょう。


     興信所や探偵と契約を結ぶときには、以下のような点に気をつけると良いでしょう。




    1. 自分の要望を説明し、興信所がその要望に応えることができるのかを確認する


    2. 重要事項説明書の交付を受ける

      ...興信所ができる業務の内容、報酬の概算や支払時期など重要な事項について、書面の交付を受け納得のいく説明を受けることが重要です。重要事項説明書の交付は探偵業者の義務であり、違反業者には30万円以下の罰金が科されます(探偵業法8条1項、19条3項)。

    3. 口約束ではなく、契約書を交付してもらい、目を通して疑問があれば説明を受ける

    4. その場で契約を締結する必要はないので、よく納得をした上で調査を依頼し、契約を結ぶ

    5. 契約内容説明書の交付を受ける

      ...調査の内容や期間、報告の方法や期間、違約金、成果が出なかった場合の取り扱いなど、契約内容についての書面の交付を受け納得のいく説明を受けることが重要です。契約内容説明書の交付も探偵業者の義務であり、違反業者には30万円以下の罰金が科されます(8条2項19条3項)。

2014年01月07日 04時07分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

愛人契約書は有効ですか?

不倫・不貞・浮気 2017年07月27日

4年付き合っている、愛人がいます。奥さんと別れて結婚してくれとせまられています。今、彼女には毎月30万円渡しています。弁護士さんか何かのところに行って、ちゃんとした契約書を書いてくれといわれています。2年以内に、奥さんと別れて私と、結...

同棲していない15年の付き合いは事実婚になるのか?

不倫・不貞・浮気 2017年07月26日

私は好きな人がいて男女の関係にあるのですが、 彼(46)には15年付き合っている彼女(40)がいます。 不倫・浮気と言った状態です。 しかし、数ヶ月前に彼女にバレた事もあり、私たちの関係は終わっておりますが、 彼は彼女の方と終わらせる...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

不倫・不貞・浮気に強い弁護士

相談したくなる弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

【初回法律相談無料】解決に向けた最良の選択をサポート致します。

【電話でのご相談も可能です】些細な悩みでもまずはご相談ください。女性視点でお話を伺います。

ページ
トップへ