不倫の清算、どうすればよい?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年04月19日 18時13分

 既婚男性と不倫してました。当方、独身です。相手は、最初独身だと嘘をついていたので関係が始まりました。その後、既婚だと発覚した後は別れたり戻ったりを繰り返して1年。私は彼のために引越し、相当のお金を使いました。彼は、100回以上私と体の関係を持ち避妊もしなくなりました。しかし、いざばれると私に脅されていたから仕方なかったっと言い訳し、非を認めません。妊娠したら責任とるって言ったくせにです。

 私は奥さんにいくら払い、彼からはいくらもらえばいいですか。彼のために使ったお金や精神的苦痛代をもらいたいです。



(20代:女性)

匿名弁護士

 まず、奥さんに対する損害賠償金(慰謝料)ですが、大前提としてあなたに不法行為が成立することが必要です。

 ご質問からするに、不倫関係があり、かつあなたに、男性に妻があることを知っていたという故意、もしくはそれを知らなかった点についての過失を認めることができます。

 したがって、慰謝料支払義務を負います。この額に関しては、確たる金額があるわけではありませんが、通常は100万円内外とされているようです。



 次に、男性に対する請求です。上記とは逆に、男性にあなたとの交際や交際内容について不法行為が成立することが必要です。

 ただ、当初は独身といっていたのだがそれが事実でなかったことをして、男性の虚言だとしても、あなたにもそれをうかつに信じたとの過失が認められ、過失相殺されることになるでしょう。

 また、また引越し費用などで相当の金銭を使ったとしても、それが男性による不法行為であると認めることは難しいと思われます。

 さらに、ご質問からは妊娠されているかどうかが不明ですが、もし中絶をするとしても、それはお二人の行為の結果ですから、費用は折半となります。



 以上からすれば、男性から慰謝料等を取りたてるのは難しいか、もしくはかなりの少額とならざるをえないと思います。男性との関係は、あなたとの相互の自由意思に基づくものであるということが主たる理由となるでしょう。

2016年04月19日 18時13分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

私は独身、相手は妻子持ちでの浮気です。

不倫・不貞・浮気 2018年01月11日

相手とは、去年職場で知り合いました。 上司と部下の関係ではありません。 私は28歳、相手は38歳の妻子持ちです。 去年の半ば頃から連絡を取り始め、体の関係を持ってしまいました。 相手の方が離婚して私と結婚したいという気持ちが多いです。...

不倫関係をバラすと電話で言われました。

不倫・不貞・浮気 2018年01月05日

3年前、不倫関係にあった女性の知り合いという男性から、不倫中に撮ってたセックス写真を奥さんに見せると電話がありました。 その他の事は何も言いません、お金を要求するとかは有りませんけど、こちらとしては困り、そんな事したら警察に訴えると言...

不倫相手の奥さんから慰謝料を請求されています。

不倫・不貞・浮気 2018年01月05日

私は24歳女性です。 今、不倫相手の奥さんから慰謝料を請求されています。 金額は200万です。不倫相手とは、元職場で出会い、2年ぐらいの期間、不倫をしていました。 奥さんがいることは分かっていました。肉体関係もありました。 その不倫が...

結婚の約束をし、仕事を退職・家を解約したのに彼が二股をして逃げています。

不倫・不貞・浮気 2017年12月28日

私には5年付き合っている彼がいます。 はじめ3年ほど同棲しており、途中から遠距離になりました。 彼の親・親戚にも公認で、会うたび結婚はいつ?と聞かれていました。 遠距離になり、彼の度重なる一緒に来てほしいとの申し出により、私も決心し、...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

不倫・不貞・浮気に強い弁護士

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】日本一背の高い弁護士がバスケットで培ってきた、体力・精神力を活かして...

【初回相談無料】地元の奈良において、気軽に相談ができる、かかりつけの医者のような 弁護士でありたいと考えており...

【心理カウンセラー資格取得】あなたの気持ちに寄り添う弁護士です。元営業マンで、聞き上手な弁護士が、最良の解決を...

【初回法律相談無料】解決が困難な問題を、共に考え、答えを見つけ出します。一人で悩まずどんなことでもご相談ください。

【横浜駅徒歩5分】【初回相談無料】【当日・夜間・休日相談可能】依頼者様とのやり取りは全て所長である私が徹底的に...

いつも話しやすくフレンドリーでありたいと思っています

ページ
トップへ