不倫した主人の弁護士がガンガン攻めてくる

User image 1 美知子さん 2017年04月06日 03時24分

4年間不倫した夫が勝手に別居して、弁護士を立てて離婚請求して来ているのですが、その弁護士は、29歳と若く独身で、弁護士事務所に1年しか勤務せず、自分の事務所を開業し、副職もしている、やり手で野心旺盛な攻撃性が強烈な弁護士で、旦那は有責配偶者なのに、素人の私にガンガン言いがかりをつけて離婚させようと攻撃してきます。

主人は2人の女と不倫をしている事を隠していたみたいです。(確実な不倫の証拠あり) 
私が女に会いに家まで行き、女の母親に会わせて欲しいと言うと、直ぐにメールで、強要罪、ストーカー罪にあたると、女の弁護を受けてもいないのに私に警告してきた為、怖くなった私は「もう会いません」
などと、約束させられ、女と話をする機会を奪われた挙句、女と旦那は、力強い味方ができたと思ったのか、今まで以上に堂々とデートをする様になっています。

叉、用事があって弁護士に連絡するのですが、返信をして来なかったり、私に対して、とても無責任です。

何の話合いもなく、勝手に給料の口座をかえさせ私に8万の生活費しかよこさず、従来の色々な引き落とし15万程を私に押し付け、

「請求書を開示したものにだけそのお金を送金する。」

とメールがきて、協議など一度もしたことがなく、実力行使で、私は仕事もできず、支払いの請求書を取り集めたり、通帳を開示したり、毎日引き落とされる支払いの為、残高もマイナスになり、毎日銀行を駈けずり回って戦々恐々で、死にそうでした。
主人がアパートを借りるのに給料を自分が管理したかったみたいです。

有責配偶者の弁護人が、夫に捨てられ苦しんでいる妻に追い打ちをかけ勝手に給料口座を止めたり離婚請求や、攻撃をして来るのは、違法になりませんか?

詳細不明ですが、あなたも弁護士に相談して、攻撃
のひとつくらいやったらいいですよ。
状況は、あなたに有利ですからね。
一番有利な形で進めるといいですね。
若い先生も勇み足があるかもしれませんね。
限度を超えているかもしれませんが。
いずれあなたの方に風が吹いてくると
思いますね。

2017年04月06日 09時53分

状況がはっきりしませんが、相手が弁護士に委任しているのなら、こちらも弁護士さんに依頼して対応してもらう方が得策です。
相手が戦車で来るなら、こちらも戦車を準備しないと対等に戦うのは困難です。
また、法律知識に乏しい方が直接弁護士と交渉する場合、弁護士に巧みに誘導されて不利な言質を取られる危険もゼロではありません。
そのような危険を冒しながら精神をすり減らして1人で戦うよりも、弁護士と一緒に戦う方が精神的にも随分楽になるとおもいます。

2017年04月06日 10時10分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

訴訟になったら証言を取るために会社のスタッフ数名に依頼する事を伝えたら脅迫罪になるの?

不倫・不貞・浮気 2018年07月14日

旦那が不倫。不倫相手に慰謝料を請求しています。支払わなければ訴訟を起こすと伝えると、相手方から「訴訟になれば、婚姻関係は破綻していた事を証明すべく、証言を取るために旦那様の会社スタッフに声掛けをさせていただきますことをご了承下さい」と...

既婚の彼の離婚について弁護士相談の場所に同席は大丈夫なのか

不倫・不貞・浮気 2018年07月13日

正式にはお付き合いしていませんが、 長年友人をしている男性と深い関係になりました。 彼は既婚で、現在離婚前提の別居中です。 深い仲になったのは別居後です。 奥様には離婚の話し合いがしたいと伝えていますが返事がなく、 近々弁護士の先生に...

彼氏が浮気と暴言、暴力をやめてくれません。対処法を教えてください!

不倫・不貞・浮気 2018年06月29日

付き合って2年になる彼氏の浮気と暴言、暴力についてです。 付き合ってはじめの頃からつい半年前まで 彼は異性4人ほどと「会いたい」「好きだよ」などの内容のLINEを繰り返していました。さらには夜中に女性を面会、二人きりで映画デート、食事...

不倫相手の奥さんが妊娠し出産しました。私の子だと思われますが、旦那さんからの慰謝料請求はいくらぐらいになるでしょうか?

不倫・不貞・浮気 2018年06月28日

一度だけ不倫をしてしまい、既婚者である不倫相手(小学生の子供2人有り)を妊娠させてしまいました。不倫後の生理が不安定な様でしたが、お互いの関係が一度の不倫で自然消滅し、相手からSNSや携帯電話番号をブロックされているため連絡が取れず状...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ