同棲期間中立て替えてもらった家賃は返さなくてはダメ?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年04月18日 02時58分

 彼女と半年間同棲していたのですが、携帯と財布の中をかってに見られ怒ってしまいそのまま家を出てきました。

 実家に戻って2日たった頃、同棲期間の半分の家賃と半年分の生活費を払ってくれと言う紙が実家の前に置かれていました。

 自分は無職の時が数ヶ月あったので生活費は彼女が出してくれていたのですが、家賃は毎月半分払っていました。

 払えないと言うと実家にまで電話をしてきて、払わないと裁判をすると言われたため、母が10万だけ支払ってしまいました。

 でも、本当に支払わなければいけないんでしょうか?

 念書のような物が送られてきて書いてしまったのですが...どうか返答よろしくお願いします。

匿名弁護士

 最初に、同棲費用に関して回答します。



 本件は、同棲中の家賃や生活費についてどのような取り決めをしていたかによって結論が変わります。



 まず、相談者が家賃及び生活費を支払う約束で同棲していた場合は以下のようになります。

 この場合、彼女が支払った家賃の半分及び生活費は、相談者が彼女から同額の金銭を借りたことになります(金銭消費貸借契約の締結もしくは立替払い契約の締結)。

 したがって、相談者は、彼女が支払った家賃及び生活費相当額の金銭を支払う必要があります。




 次に、同棲中の家賃や生活費を折半するという取り決めをしていた場合は以下のようになります。

 この場合、相談者は家賃の半分は支払っていたので残り半分の家賃に関しては支払う必要はありません。

 しかし、彼女が支払っていた生活費の半分については上記と同じ理由から支払う必要があります。




 最後に、特に何の取り決めもしていなかった場合は次のようになります。

 この場合、彼女が支払った家賃の半分と生活費は、彼女から相談者へと贈与されたものとなります。

 そして、本件では贈与の履行も完了しているので、相談者は彼女に家賃の半分及び生活費相当額を支払う必要はありません。




 次に、念書に関して回答します。



 念書とは、当事者間の合意を書面にしたもののことです。契約書と言ってもいいでしょう。

 このように、念書とは当事者の意思表示を書面化したものですので、民法の意思表示の規定が適用されます(民法93条98条の2)。

 例えば、本件で、相談者が、本当は支払わなくてもいい金銭を支払わなければならないと勘違いしていたために、念書にサインしてしまった場合には、その意思表示は無効となります(これを錯誤無効といいます。民法95条)。

 今回の場合は、これにあたるとして、念書の効力を否定し、改めて彼女と支払について交渉すべきといえます。

2015年04月18日 02時58分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

彼女の一人暮らしの家財道具を立て替えたが取替えせるのか?

交際 2020年09月10日

2年付き合った彼女が他県で就職が決まり一人暮らしをする事になったのですが貯蓄が無い子だったので親御さんにマンションのお金は出して貰ったがそれ以外の家財道具はほぼ私が購入しました。 その際に、彼女が気が多いのもあり何時別れ話しになっても...

プレゼントの事でトラブルになっています。

交際 2020年09月09日

彼氏に誕生日プレゼントを郵送でいただきました。 プレゼント何がいいんだっけ?というふうに聞かれたので候補を送りました。 その直後に課題や友人の事で忙しく、連絡が疎かになってしまいました。 その時に、私は友人と遊んだりもしていましたが。...

未成年との交際。これって犯罪?

交際 2020年08月10日

私は現在22歳です。17歳の男子高校生とお付き合いさせていただいております。 私の親は付き合っている事を知っていますが 相手の親は知りません。 そこでデートはしてはダメなんでしょうか? 性行為は18歳になるまで、と約束しましたのでしま...

元彼氏からのお金返金依頼が来た場合

交際 2020年07月01日

2ヶ月前に別れた彼氏からお金を返して欲しいと連絡がありました。 付き合っている当時に私はスナックでバイトしておりそのバイトをしてほしくないからあげると言われ続けもらっておりました。 彼の束縛が強く普通の仕事にも支障をきたしてきたので別...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する