交際相手の親に提出した身上書と写真。別れた後に返してもらえないのか?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 友人の紹介で、ある男性とお付き合いをしました。お互い30代ということもあり、初めから結婚を意識したお付き合いでした。
 お付き合いを始めて半月ばかり経った時に、彼の御両親が「とりあえず身上書を交換しなさい」と言っていると聞きましたので、書いて彼に渡しました。その際、4、5枚の写真も一緒に持って行きました。彼の身上書は「持ってくるのを忘れた」と、結局いただいておりません。
 その後、お付き合いは続かず、2ヶ月ほどで別れることになりました。それで「身上書と写真を返却してほしい」と求めたのですが、返してもらえません。電話にも出てもらえませんし、メールの返事もありません。「郵送してください」と求めても、送ってきません。
 一度、自らお渡ししたものは、返却するかしないかは、あちらの自由なのでしょうか?

(30代:女性)

関連Q&A

弁償してほしいが請求できるか

交際 2017年04月22日

閲覧ありがとうございます。 彼と付き合って11ヶ月同棲を始めて5ヶ月になります。 私は仕事を辞め地元を離れて彼の家でほぼ全ての生活費を払ってもらっていました。(同棲前に話済み) 相手からのTwitter上での誹謗や中傷が耐えられず、ま...

元彼に同棲費用を払えと言われた

交際 2017年04月21日

1年8ヶ月ほど付き合った元彼と1年6ヶ月ほど同棲していました。私と元彼は学生で一人暮らしをしていました。そのため私は元彼と同棲している間自分の家の家賃と光熱費を払い続けていました。 元彼は家賃が自分の奨学金から払っており、光熱費は元彼...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     身上書とは、結婚を前提とした交際をするときに、相手方に渡す履歴書のようなものです。見合い話を進めるとき、相手に渡す「釣書き」も身上書の一種です。

     身上書を取り交わすかどうか、またその内容などは、当事者の意思や土地の風習などによってまちまちです。しかし、話がまとまらなかった場合に、それまでに預かった書類などを元通りに整えて相手に返すのは、ごく当たり前のことです。これは常識、礼儀の問題で、その意味では簡単な話です。
     しかし、法律的にこれを解決しようとすると、なかなか面倒くさいことになります。
     まず、「身上書の受け渡し」の法的性質を考えたりするわけです。それから事実関係も検討して、効果、すなわち、相手に何が言えるかを導き出します。

     あえて身上書の返還義務を法的に説明するとすれば、「身上書は、婚姻予約契約に基づいて自己の身上関係の確認のため相手方に預けられた物である。したがって、婚約解除の場合は原状回復義務に基づく返還義務が生じる」とでもなるのでしょう。
     しかし、身上書の受け渡しをするときに、「当事者は婚姻の不成立を解除条件として、身上書の返還義務を負う」などと約束するわけはありませんし、当事者の意思も具体的状況に応じて様々でしょう。
     ただ、法令に規定のない事項については、慣習が法律と同じ効力を有し(法の適用に関する通則法3条)、慣習では返還するのが当たり前なのですから、これに基づいて返還を義務づけることができるかもしれません。

     採るべき手段としては、彼を紹介してくれた友人から、返還するよう伝えてもらうことです。相手が電話にも出ないということですが、破談になった相手と接触したくないというのも、また人情かもしれません。返してもらえなくても、まさか強制執行して取り戻すわけにもいかないでしょう。
     ただし、相手方があなたの身上書を悪用したりすれば、不法行為となることはもちろんです。

2014年01月07日

交際に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

まずは,お気軽にご相談ください。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ