夫婦の「結婚契約書」ってなに?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 結婚契約書というのを最近は作る方が多いですが、効力はどれくらいあるのでしょうか?また、費用相場や作成に必要なものなど知りたいです。


(30代:女性)

関連Q&A

交際相手が嘘をついていた場合

交際 2017年01月18日

私は整体師で好意を寄せていた男性には、お付き合いをする前に恋人はいないかとか既婚者ではないかと聞き独身と言われていました。 あってお茶をしていた時に、彼は頭痛持ちで薬を飲んでも頭が痛いからといいホテルで施術をして欲しいといわれ同行しま...

元交際相手からの嫌がらせに、対抗できる手段を教えて下さい。

交際 2017年01月18日

私は39歳・女性・未婚です。 5年ほど前、同じ職場の既婚男性と「不倫関係」にありました。 彼の方から「付き合おう」と言われ、一度は断ったものの、当時は私も彼に好感を持っていた事もあり付き合う事にしました。 でも私は彼に対し、離婚を求め...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     結婚契約書の内容は、夫婦関係が円満なうちは自由に取り消せますが、夫婦関係が破綻した場合には取り消せないと考えられています。


     一般に「結婚契約書」とは、結婚生活において生じうる様々な問題(たとえば育児や家事の分担、両親との同居や世話、夫婦の共有財産の管理など)についての夫婦間の約束を文書化したものといえます。


     夫婦であっても契約を交わすことは自由なので、公序良俗に反しない限り、どのような契約を結ぶこともできます。

     
    もっとも、夫婦間で交わした契約は、婚姻中、いつでも、夫婦の一方から取り消すことができます(民法754条)。夫婦間の問題は、できるだけ夫婦間で解決することが望ましいと考えられているからです。

     
    ただ、この規定は正常な夫婦関係を想定しているので、実質的に夫婦関係が破綻している場合には適用されません。いつ契約を結んだかを問わず、夫婦関係が破綻した場合には、もはや契約を取り消せないとするのが判例の立場です(最判昭和42年2月2日)。


     つまり、結婚契約書の内容は、夫婦仲が円満なうちはそれを自由に取り消すことができますが、夫婦仲が破綻してからは取り消せないと考えられているのです。


     最近は、行政書士や弁護士などが結婚契約書を作成するサービスも増えてきているようです。ただ、結婚契約書の書式などが法律上定められているわけではないので、夫婦間だけで自由に作成することもできます。契約書としての効力を確実にしたいのであれば、公正証書にすると良いでしょう。公正証書の作り方については、「公正証書とは」を参照してください。


     また、結婚契約書と似ているものに「夫婦財産契約」があります。これは、夫婦間における財産の帰属や、結婚生活から生ずる費用の分担などについて、結婚の届出前に結ぶ契約のことをいいます(民法755条)。婚姻届を提出する前であれば、法定財産制と異なる内容の夫婦財産契約を自由に結べます。その内容を登記すれば、第三者にも対抗できます(756条)。ただ、婚姻の届出をした後は、原則として変更できません(758条)。

2014年01月07日

交際に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【堺市】南海本線堺駅すぐ

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ