認知してもらってない人から養育費をもらえる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時06分

 認知してもらっていない人から養育費を取ることは可能ですか?

 相手には家庭があり、借金もたくさんあるそうなのですが、それでも養育費を取ることはできますか。



(10代:女性)

匿名弁護士

 認知はいらないが養育費は支払ってほしいというご相談は他にも多く寄せられています。



 しかし、もし男性側から養育費を支払ってもらいたいのであれば、まずは認知をしてもらいましょう。



 なぜなら、養育費とは、監護費用(未成熟子が社会的に自立するまでに必要な費用)のことであり、親子関係がなければそもそも監護する義務が発生せず、養育費を支払う必要はないからです。



 そして、たとえ相手に借金があったとしても、(法律上の)親子であれば養育費の請求はできます。養育費は一般の債権より優先するからです。

 お子さんのことを第一に考えるのであれば、認知をしてもらい養育費を請求するべきでしょう。



 なお、認知を受けることによって、お子さんが相手男性の相続人となり、借金を相続する可能性が出てきますが、相続放棄をすれば問題はないと考えます。



 そこでまずは、任意認知をしてもらえるように、相手の男性とよく話し合いましょう。



 もし、相手方の理解を得られないようであれば、強制認知などの手段があります(強制認知の手続きについては「なっとく法律相談 子供ができたのに、彼が認知してくれない!」を参照して下さい)。



 認知されることによって養育費を請求することができます。



 その額や支払い期間についてはまずは話し合いによって決められます。話し合いで決まらない場合は、家庭裁判所に判断をゆだねること(家事審判)になります。



 以上の手続きを10代の女性が1人で行うのは、なかなか困難です。収入が一定基準以下であれば、法テラスで無料法律相談を受けることもできますし、弁護士費用を立て替えてくれる制度もありますので、そういったものを利用するのもよいでしょう。

2014年01月07日 04時06分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

突然別れを告げられしばらくして妊娠したと連絡あり中絶費用を請求されてます。

妊娠・中絶 2018年01月17日

SNSで知りあいお付き合いをした女性が突然何の連絡も無しに一方的に別れられ、数週間後、妊娠したと連絡がありました。 結婚の意思も伝えましたが今はその気は無いとのことで、中絶費用を請求されてます。 あまりにも話が唐突過ぎて信用性あるもの...

元交際者の代理人弁護士から中絶の事実確認のために精神的苦痛と業務妨害を受けている気分です

妊娠・中絶 2018年01月13日

小中幼馴染であった彼と30歳頃に出会い、お互い2年後結婚を目標に付き合いっていました。 1年弱経って私の妊娠(ただし、小さく危険な状態)が発覚しました。 彼に話するタイミングがなかなかなく、彼からは仕事が忙しく平日重い話はしないでくれ...

彼氏がいる女の子と性行為をしてしまい、その子が妊娠してしまいました。

妊娠・中絶 2017年12月25日

10月中日を過ぎたくらいに、彼氏がいる女の子と性行為をしてしまいました。 その後最近(12月10日頃)妊娠していることを報告され今まで彼氏の子供として産み育てていくつもりだったと言われました。 ですが家族や身内から不浄の子だ、おろせと...

別れようと思っていた彼女の妊娠が発覚。同意ありの性行為ですが、私が慰謝料を払う必要があるのでしょうか。

妊娠・中絶 2017年12月21日

彼女とすれ違いが多くなり別れようと思っていたところ、彼女の妊娠が発覚。 二人でいろいろ話した結果堕ろすことになりました。 (ちなみに彼女は精神病で薬をたくさん飲んでいるという事も理由の一つ) 中絶は、妊娠11週目くらいでしました。 責...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

妊娠・中絶に強い弁護士

【初回法律相談料無料】まずはお気軽にご相談ください。じっくりお話しをお聞きし、最適な解決案をご案内いたします。

【初回相談無料】【ご相談予約メール24時間受付中】【銀座C6出口徒歩0分】【有楽町駅徒歩3分】経験豊富な弁護士...

お話をじっくり聞き、より良い解決策をご提案します。《半蔵門駅から徒歩2分》《多摩地区への出張相談可》

【北千住駅徒歩5分】【初回相談無料】【弁護士直通】【平日夜間・土日対応可能】【千葉、埼玉からも好アクセス】依頼...

じっくりお話しを伺い,共に解決を目指していきます。

依頼者の不安を和らげ、「最後に笑っていただけること」をゴールに、戦略を練り、全力で業務にあたっています!

ページ
トップへ