騙されて認知をしても取り消せないの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時05分

 彼女との間に子供ができました。彼女から結婚することを前提に認知をして欲しいと言われ、籍は入れずに認知だけしました。その後退院の日取りも教えてもらえず、彼女が退院してから子供が生まれたことを知りました。そして急に「あなたとは結婚できない」と言われ、一方的に婚約破棄!なぜ結婚できないか理由すら教えてもらえず、子供にも一度も会っていません。

 今養育費を請求されて調停で協議中です。一度認知してしまったら、例え彼女が婚約を破棄しても養育費は払わなくてはいけないのですか?

 こちらからすれば自分の子供ではないのではないか?と疑ってしまいます。DNA検査も拒否されています。子供が生まれて1年経つ前に取り消しの裁判をしたいのですがDNA検査なしでも取り消しは可能ですか?



(20代:男性)

匿名弁護士

 一度した認知は取り消すことはできません(民法785条)。もっとも、判例は「取り消す」とは撤回を意味し、認知が詐欺・脅迫による時は、取り消すことができるとしています(大審院大正11年3月27日判決)。

 具体的には、(届出無効確認型)認知無効の訴えを提起することになります。本来、認知無効の訴えは認知を望まない子の側から提起されるものですので、父親側から提起することができるのかについて争いがあるとことです。

 前述の判例は、これを認める趣旨であり下級審判例においても認められた例がありますので、本件でも相談者が認知無効の訴えを提起することは可能でしょう。

 この訴訟の中で、認知の意思表示が詐欺によるものであり取り消されるべきものであることを主張していくことになります。



 仮に、詐欺が成立しない等の理由で認知が有効と判断された場合には、相談者は養育費を支払う必要があります。なぜなら、養育費とは子の監護費用であり、法律上親子関係が認められる限り、親は子にこれを支払う義務があるからです。



 なお、相談者は子供が生まれて1年経つ前に取り消しの裁判をしたいとのことですが、これはおそらく「嫡出否認の訴え」のことを言われていると考えられます(「嫡出否認の訴え」に関しては「生まれた子との親子の関係を否定できる?」を参照してください。)。



 嫡出否認の訴えは、夫婦が婚姻中に妻が懐胎した子が夫の子と推定される場合(民法772条)に、この推定を否定するためのもの(民法774条)です。ですので、この訴えによって認知を否定することはできません。

 認知は詐欺・脅迫による認知でない限り取り消すことはできないのです。なにより、認知無効の訴えには出訴期間の制限は無いと考えられるので、相談者には有利でしょう。

2014年01月07日 04時05分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

認知をして欲しいけど、認知をしてもらえそうもないんです。

妊娠・中絶 2018年09月20日

7月に付き合った彼の子どもを授かりました。付き合いはじめはお互い同意の元、子作りにはげんでいました。 しかし、私はだんだんと彼と合わないと感じはじめ、8月半ば過ぎに妊娠が発覚したのですが、喜びと同時に、彼とのこれからの生活に不安を抱き...

妊娠中の女性とのDNA鑑定について

妊娠・中絶 2018年09月15日

DNA鑑定に関する質問です。 もうすぐ妊娠8週目になる女性の子の親が私であるか否かを鑑定するため、インターネットでDNA鑑定を行っているサービスを探しましたが、詐欺が横行しているという記事を読み、どのサービスが信頼性が高いかが分かりま...

中絶に関する慰謝料について教えて下さい

妊娠・中絶 2018年09月12日

中絶した場合の相手への慰謝料請求について教えて下さい。 付き合っていた彼氏との子どもを中絶しました。 彼の方は産んで欲しかったようですが、彼の浮気によりひどく傷付き彼への信用を失ったため、中絶を選択しました。最終的には彼も中絶に合意し...

妊娠

妊娠・中絶 2018年09月05日

別れた彼氏との子を妊娠して話し合った結果産んで欲しい病院代出産費用などは出すと言ってくれた為産むことを決意したが結局費用も送ってもらえず連絡も無視されて精神的な苦痛を与えられてます。慰謝料などの請求はすることできるのでしょうか? ちな...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

Go To Top Html