認知や養育費支払いを拒絶する元カレに、いくらのお金を請求すればいいでしょうか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年05月17日 01時53分

 元カレとの間に子供ができました。私自身、中絶は考えていません。しかし、相手は認知や養育費の支払いを拒否しています。

 はじめ、強制認知を行おうと思いましたが、「ある程度なら指定したお金を払う」と言われました。いくらのお金を請求すればよいでしょうか?



(20代:女性)

匿名弁護士

 もしご相談者様が中絶を考えず、絶対に産むというお考えであれば相手に対して一時金としていくらかのお金を請求するよりは、きちんと認知をしてもらって、養育費を獲得できるような環境を整えておくことが得策だと考えます。



 養育費の支払い請求は、親子関係の存在を前提としています。

 相手が任意認知を拒む場合、ご指摘のように認知の訴え(強制認知)を起こすことが可能だと規定されています(民法787条)。



 認知によって親子関係が成立していれば、養育費の請求権だけではなく、相続の権利なども生じます(相当将来のことになりますが、これは認知による「メリット」だとお考えください)。



 なによりも、お子様をこれから育てていくことになれば、成長するにしたがって大変なお金が必要になってきます。こうしたことを考えれば、「出産やその後少しの間の足しに」と一時金的にお金を受け取ることよりも、しっかりした権利として養育費の請求権を得ておくほうが得策です。



 もちろん、養育費の請求権を得たからといって、相手がきちんと支払いに応じるかどうかは未知数の部分があります。

 しかし、養育費支払い調停などを活用すれば、法的に支払いを迫ることも可能です。



 相手方の懐具合や態度によって、どのような対応をするのがベストかというのは変わってくると考えられます。

 一度、家庭問題に明るい弁護士に相談して、どのような対処をすべきかを相談されることをおすすめいたします。

2016年05月17日 01時53分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

突然別れを告げられしばらくして妊娠したと連絡あり中絶費用を請求されてます。

妊娠・中絶 2018年01月17日

SNSで知りあいお付き合いをした女性が突然何の連絡も無しに一方的に別れられ、数週間後、妊娠したと連絡がありました。 結婚の意思も伝えましたが今はその気は無いとのことで、中絶費用を請求されてます。 あまりにも話が唐突過ぎて信用性あるもの...

元交際者の代理人弁護士から中絶の事実確認のために精神的苦痛と業務妨害を受けている気分です

妊娠・中絶 2018年01月13日

小中幼馴染であった彼と30歳頃に出会い、お互い2年後結婚を目標に付き合いっていました。 1年弱経って私の妊娠(ただし、小さく危険な状態)が発覚しました。 彼に話するタイミングがなかなかなく、彼からは仕事が忙しく平日重い話はしないでくれ...

彼氏がいる女の子と性行為をしてしまい、その子が妊娠してしまいました。

妊娠・中絶 2017年12月25日

10月中日を過ぎたくらいに、彼氏がいる女の子と性行為をしてしまいました。 その後最近(12月10日頃)妊娠していることを報告され今まで彼氏の子供として産み育てていくつもりだったと言われました。 ですが家族や身内から不浄の子だ、おろせと...

別れようと思っていた彼女の妊娠が発覚。同意ありの性行為ですが、私が慰謝料を払う必要があるのでしょうか。

妊娠・中絶 2017年12月21日

彼女とすれ違いが多くなり別れようと思っていたところ、彼女の妊娠が発覚。 二人でいろいろ話した結果堕ろすことになりました。 (ちなみに彼女は精神病で薬をたくさん飲んでいるという事も理由の一つ) 中絶は、妊娠11週目くらいでしました。 責...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

妊娠・中絶に強い弁護士

【初回法律相談無料】 皆さまお一人お一人にあった,最適な解決をご案内します。まずはお気軽にご相談ください。

【初回相談無料】【錦糸町駅北口徒歩2分】弁護士歴30年以上、下町育ちの人情家弁護士が、依頼者の方にとっての幸せ...

【八丁堀駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日/夜間/土日対応可】依頼者の皆さまの気持ちを大切にし、使い勝手の良い...

【阪急梅田徒歩3分】【初回相談1時間無料】【離婚・不倫に強い】【女性弁護士が親身に対応】お気軽にお電話でご予約...

【初回相談無料】【ご相談予約メール24時間受付中】【銀座C6出口徒歩0分】【有楽町駅徒歩3分】経験豊富な弁護士...

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

ページ
トップへ