中絶費用の分担を相手に対して請求できますか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年08月26日 22時58分

 妊娠をして彼に告げたところ、「他にも相手いるんでしょ?今は無理だけど今後妊娠したら産ませる」と言い、しまいには、「俺に頼らないでくれる?仕事場来たら辞めるから」など言われました。金銭的余裕も無く一人では育てられないし、中絶するしかありません。

 ただ、こちらを気遣う言葉も無く、逃げに入っている彼を許す事は出来ません。この場合彼に対して慰謝料を請求する事は可能でしょうか?



(20代:女性)

匿名弁護士

 結論から先に申し上げれば、法的手段に訴えて慰謝料の請求はできるものの、それが訴訟上認められる可能性は不透明であると思われます。



 基本的に、慰謝料請求をしようとする場合、法的手段としては、不法行為に基づく損害賠償請求(民法709条)というものがあります。

 これは、故意または過失によって、相手の権利侵害をした場合、当該権利侵害によって生じた損害についての賠償請求を行うというものです。



 未婚の男女が合意の上で性交渉を持ち、その結果妊娠した場合、「合意に基づくため、妊娠という結果に対する責任は女性側にもある。また、そもそも性交渉は妊娠に向けての行為であり、権利侵害というものを想定しづらい」ということなどが言えるためです。



 ただ、妊娠が発覚した後、女性側に生じる精神的、肉体的な負担に対して何らの配慮もせず、結果的に女性が精神的な苦痛を被った場合に中絶費用の分担を認めた裁判例もあります(東京高判平成21年10月15日)。



 したがって、訴訟活動を通じて損害賠償請求はできるものの、認められるかどうかはわからないという状況です。

 訴訟には時間も費用もかかります。それらの「コスト」を支払ってでも、「相手にも時間や訴訟費用などでの負担が生じるし、こらしめる意味でも訴訟を起こす」ということは可能ではあります(訴訟の勝敗は別にして「それでも訴訟を起こす」というケースは実務上よくあります)。



 しかし、今回のケースではご相談者様は妊娠をしています。彼とお腹の中にいるお子さんともしっかり向き合って、今後のことをじっくり考えることが望まれていると思います。

2016年08月26日 22時58分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

突然別れを告げられしばらくして妊娠したと連絡あり中絶費用を請求されてます。

妊娠・中絶 2018年01月17日

SNSで知りあいお付き合いをした女性が突然何の連絡も無しに一方的に別れられ、数週間後、妊娠したと連絡がありました。 結婚の意思も伝えましたが今はその気は無いとのことで、中絶費用を請求されてます。 あまりにも話が唐突過ぎて信用性あるもの...

元交際者の代理人弁護士から中絶の事実確認のために精神的苦痛と業務妨害を受けている気分です

妊娠・中絶 2018年01月13日

小中幼馴染であった彼と30歳頃に出会い、お互い2年後結婚を目標に付き合いっていました。 1年弱経って私の妊娠(ただし、小さく危険な状態)が発覚しました。 彼に話するタイミングがなかなかなく、彼からは仕事が忙しく平日重い話はしないでくれ...

彼氏がいる女の子と性行為をしてしまい、その子が妊娠してしまいました。

妊娠・中絶 2017年12月25日

10月中日を過ぎたくらいに、彼氏がいる女の子と性行為をしてしまいました。 その後最近(12月10日頃)妊娠していることを報告され今まで彼氏の子供として産み育てていくつもりだったと言われました。 ですが家族や身内から不浄の子だ、おろせと...

別れようと思っていた彼女の妊娠が発覚。同意ありの性行為ですが、私が慰謝料を払う必要があるのでしょうか。

妊娠・中絶 2017年12月21日

彼女とすれ違いが多くなり別れようと思っていたところ、彼女の妊娠が発覚。 二人でいろいろ話した結果堕ろすことになりました。 (ちなみに彼女は精神病で薬をたくさん飲んでいるという事も理由の一つ) 中絶は、妊娠11週目くらいでしました。 責...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

妊娠・中絶に強い弁護士

【初回相談無料】【夜間・土日祝の相談可】相談したくなる弁護士

【心理カウンセラー資格取得】あなたの気持ちに寄り添う弁護士です。元営業マンで、聞き上手な弁護士が、最良の解決を...

【初回相談無料】女性弁護士が親身に対応します

依頼者にとって敷居が低く、思っていることを全てぶつけることの出来る弁護士でありたいと思います。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】日本一背の高い弁護士がバスケットで培ってきた、体力・精神力を活かして...

ページ
トップへ