法律による問題解決について

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時10分

 彼は大学3年生、私は今年就職したばかりですが、妊娠4ヵ月だと分かりました。二人ともすぐにでも結婚したいと思っているのですが、彼の両親は、彼が大学を卒業することを希望しているため、問題が起きています。
 彼は「大学をやめて働いても構わない」と言っていますし、私の両親もすぐにでも働いて欲しいと思っています。しかし、相手の親が大学卒業までの生活費を援助することを条件に、しぶしぶ彼の両親の意向を受け入れました。しかし、彼の両親は、生活費は出せないが、子供が生まれたら養育費だけは援助してもいいと言います。それでは生活ができないと言うと、それなら破談にすると言っています。出産費用もかかるのに、彼の両親に生活費の援助を求めるのはおかしいのでしょうか?

(20代:女性)

匿名弁護士

     法律は、われわれの生活を規律する一般的ルールであり、しかも最近、急速に社会の法化が進んでいます。しかし、法律は、社会で起きる問題、家族間の問題なら何でも解決できるというわけではありません。

     あなた方二人やご両親など、皆さんが悩んでおられるのはよく分かります。しかし、よく考えてみれば、法律によって解決しなければならないような問題は、まだ何も起きていないのではないでしょうか。つまり、今回のご相談は、そもそも法律問題ではないと思われるのです。 そのため、本来ならこのコーナーで取り上げるべきではないのですが、最近、このようなご相談が実に多いため、特に取り上げることにいたしました。

     

     例えば、「結婚に両親が大反対し、結婚するなら相続廃除にするといっている。この主張は認められるか」。あるいは、「両親の反対を理由に、彼が子どもを認知しないといっている。強制的に認知させる方法はあるか」。また、「大学を卒業することを条件として、向う1年間の生活費を払うという取り決めをしたが、約束を守らない。約束どおり生活費を支払わせることはできるか」。このような問題は、法律によって解決が可能です。

     しかし、義務教育を修了し、未成年でもない以上、自分だけの意思で生き方を決定できることは、常識でしょう。そこには、法律が介入する余地も、必要もありません。
     退学届を出すことも、婚姻届を出すことも、勤め先を探して相手方と雇用契約を締結することも、何一つ他人に束縛されることはありません。伴侶を持ち、子どもができれば、自分で働いて生活の糧を得るのは当たり前のことです。また、誰に文句を言われる筋合いもないことです。

     一方、相手方の両親には、大学生の子どもの退学を妨害する権利も、働くことを禁止する権利もありません。そのかわり、あなた方の生活費や、子どもの養育費を払う義務もないのです。
     誰が反対しようと、自分たちの生活の流儀は自分たちで決めればよいのです。その代り、権利には責任が伴うことを忘れないでください。

2014年01月07日 04時10分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

別れた彼女に妊娠できないのはお前のせいだと言われお金を請求されています。

妊娠・中絶 2017年07月13日

以前、付き合っていた彼女とのことなのですが、 交際中に妊娠したのですが、その時に彼女と結婚とかはまだ考えてはいなくて中絶をしました。 その後、彼女と別れたのですが、彼女がその後他の人と結婚したとの連絡をもらったのですが、妊娠しても流産...

妊娠・流産でかかった不倫相手への費用請求について

妊娠・中絶 2017年07月10日

友人がW不倫の上、妊娠(不倫相手の子です)が発覚し、その後不全流産をしました。 不倫相手に費用請求することは可能でしょうか。 友人A子は結婚5年目、子どもなし、不倫相手は妻子がある身です。 関係は2年以上続いており、約1年前も妊娠の末...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

妊娠・中絶に強い弁護士

まずは,お気軽にご相談ください。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

【電話でのご相談も可能です】些細な悩みでもまずはご相談ください。女性視点でお話を伺います。

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

ページ
トップへ