自分名義の家は財産分与の対象になるのでしょうか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年06月30日 20時13分

 離婚時の財産分与はどのようなものが対象になるのでしょうか?結婚前自分に貯金があり結婚直後、家を自分名義(現金払い)で買いました。離婚する場合は家は財産分与の対象になるのでしょうか?



(40代:女性)

匿名弁護士

     財産分与とは、婚姻中に夫婦が協力して蓄積した財産を清算することです(民法768条)。

     財産分与の対象となるかは、その財産が共有財産かどうかで決まります。名義にかかわらず、婚姻中に夫婦の協力により形成、維持されたものであれば共有財産とされます。他方、「婚姻前から有していた財産」と「婚姻中でも夫婦の協力とは無関係に取得した財産」は特有財産として財産分与の対象とはなりません(民法762条1項)。

     ご相談者の方は結婚前に貯金があり、それを原資として結婚直後に家を購入されています。とすれば、基本的には特有財産として財産分与の対象にはならない可能性は高いと思われます。

     もっとも、結婚後、旦那様が家の価値を維持できるように協力して生活していたと判断されれば、共有財産と判断され、価値の維持における貢献度に応じて分与の対象となる可能性があります。例えば、結婚後、旦那様が働き、相談者の方が専業主婦となって長らく過ごされていたなどの状況があり、離婚時の主たる財産は持ち家だけという状況であれば、旦那様の働きによって家を手放すことなく生活できたのだから、一定程度家の価値を分配されるべきものであるという判断もありえます。

     裁判所の判断傾向としては、「当事者の一方が過当に負担した婚姻費用の清算のための給付をも含めて財産分与の額および方法を定めることができる」(最判昭53年11月14日)とあり、結婚前の一方的支出だけでなく、結婚後の一方的負担なども考慮し、個別的事情に即して共有財産かどうか、どの程度の金額にすべきかを決していくものとなります。

     なお、財産分与には、大きく



    1. 清算的財産分与

    2. 慰謝料的財産分与

    3. 扶養的財産分与



    の3種類があるとされています。
     (1)は文字通り、夫婦生活において築いた財産の清算を意味します。(2)は(1)に加えて、離婚における慰謝料を含め入れて財産分与を行うことを意味します。(3)は、離婚直後の生活にかかる費用を含めいれて行う財産分与です。

     支出の多寡だけではなく、上記の点も加味して判断されることになります。

2014年06月30日 20時13分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

離婚前に建てた自分名義の家が財産分与の対象になってしまうんですか?

財産分与 2017年07月11日

5年前に主人と離婚しました。理由は主人の浮気だったのですが、確証もなく、主人も認めなかったので話し合いをし、協議離婚しました。 主人は一人で商売をしており、私は会計をし、給与を頂いていました。離婚することにより、会計をしなくなるため、...

離婚後の財産分与について教えてください

財産分与 2017年07月01日

離婚後半年ほど経過しました。 財産分与についてですが 2年以内になら請求できるとありますが 質問1. 2年以内に裁判を起こせば請求は可能ですか?もしくは 離婚後2年以内に裁判が終了しないといけないのでしょうか。 また、 裁判を検討して...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

財産分与に強い弁護士

【初回法律相談無料】解決に向けた最良の選択をサポート致します。

お話ししやすい雰囲気の中で、ご依頼者様のお話をじっくりとお聞きします。

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

相談したくなる弁護士

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

ページ
トップへ