居場所のわからない夫と離婚することができますか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時16分

 夫の暴力や借金、仕事に行かないなどの理由から、2年ほど前に私が1才の娘を連れて家を出て実家に戻りました。

 その後、家庭裁判所で離婚調停をしましたが、3度の呼び出しにも現われず、4度目の時は、呼び出しの手紙が戻ってきてしまったということで居場所がわからなくなってしまいました。夫の実家に電話をしても留守電ばかりで話になりません。

 弁護士さんにお願いすると40万ぐらいかかると言われましたが、あまり、というより全くお金はありません。 警察に捜索願を出すことも考えましたが、悩んでいます。たとえ見つかったとしても、簡単には離婚に応じないと思います。

 でも、どうにか娘が小学校にあがるまでに離婚したいと考えています。どうか、自分で離婚できる方法を教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

(20代後半:女性)

匿名弁護士

 あなたと同様のお悩みを抱えておられる方は多いかもしれませんね。小さいお子さんをお持ちの場合はとくに大変でしょう。

 あなたの場合のように、夫が生活費も入れず、何ら行き先も知らせぬまま、蒸発してしまった場合、民法上悪意の遺棄として、それ自体独立した離婚原因となり、直ちに離婚の本裁判を行うことができます(民法770条1項2号)。

 ただ、夫が蒸発して行方不明ということですから、この場合、公示送達という特別な手続が必要となってきます。これは、公示催告手続を裁判所でとってもらい、離婚訴訟を提起し欠席判決を得るという方法ですが、裁判所は簡単には公示催告手続を認めてはくれません。あなたに対し、本当に調査を尽くしたのかどうかの報告を逐一求めてくるでしょう。

 したがって、弁護士に依頼されたほうが無難だと思われます。
 費用のことを気にされているようですが、あなたのようにお金に全く余裕がない方でも、法律扶助協会へ出向けば、適切なアドバイスをしてもらえるでしょう。弁護士も選んでもらえますし、弁護士費用を立て替えてもらった上で、分割して返済するということも可能です。ぜひ一度お問い合わせになってみてはいかがでしょうか。

2014年01月07日 04時16分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

好きなのに結婚できないと言われた遠い親戚。本当に結婚できないのか?

原因・理由 2017年11月15日

友人の相談なのですが、複雑すぎて頭が混乱しています。 友人(男性39歳・Aさん)には、兄弟(兄一人)がいます。・・・傍系血族 このお兄さんには、奥様がおります・・・Aさんから見たら義理の姉・・・傍系姻族 Aさんに好きな人ができました。...

愛情がなくなった・一緒に住みたくないとの理由で離婚はできるのでしょうか?

原因・理由 2017年10月17日

私の彼女には夫と子供がいます。 彼女は夫と別居していて(子供にだけ会いにたまに帰って来ます)、離婚を考えているそうです。 しかし、夫は同居を求め、離婚をしてくれそうもないみたいです。 彼女曰く、夫とは同居をするつもりもなく、夫に対する...

結婚後の信教自由の保障について

原因・理由 2017年10月05日

現在結婚を考えている相手の男性が、家族・親族も含めて新興宗教に入信しています。彼のお母様はかなり熱心に信仰しておりますが、今までのところ私に対して勧誘するような言動はありません。 私は彼と結婚することになったとしても、入信するつもりは...

婚約解消時の約束事を守ってもらえない

原因・理由 2017年09月29日

婚約解消時、当時飼っていた犬の養育費を犬が生存している限りまたは10年間毎月支払う という内容の約束事をしました。 覚書は作成し、双方ともに署名捺印しましたがそれをもとに公正証書を作成する際 相手側が拒否した為公正証書はない状態です。...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

原因・理由に強い弁護士

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

依頼者にとって敷居が低く、思っていることを全てぶつけることの出来る弁護士でありたいと思います。

【心理カウンセラー資格取得】あなたの気持ちに寄り添う弁護士です。元営業マンで、聞き上手な弁護士が、最良の解決を...

【新小岩駅徒歩1分】【初回相談無料・当日・夜間・電話相談可】 【弁護士による時間無制限の無料カウンセリング実施...

【初回相談30分無料】ご依頼者様に寄り添い、最善の解決を目指して全力を尽くします。

【不当解雇・雇止め・内定取消し又は債務整理の初回相談45分まで無料】労働事件・債務整理・マンションの法律問題に...

ページ
トップへ