離婚して10年たった後でも旧姓に戻すことはできる?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年04月23日

 離婚して10年近く経ち、当時学生だった息子達の学校の事情や私の勤め先の事情で元の主人の姓のままでいましたが、長男も所帯を持ち次男も社会人で独立した今、元の主人の姓を名乗る必要性が無く、今更ながらですが旧姓に戻したいのですが、正当な理由がないと戻せないものでしょうか?


(40代:女性)

関連Q&A

3年を超える別居をしていると、税の控除が受けられない?

別居 2017年04月29日

妻との性格の不一致による離婚を前提とした別居生活が7年を過ぎ、離婚の手続きをしたいと思います。子供二人は妻と共に生活していますので、家・土地(課税評価額1,400万円)を全て妻名義にと考えていますが、税務署員(個人資産部門担当)から「...

勝手に出て行かれて別居

別居 2017年04月14日

昨年末私の連れ子を私が叱り実母へ6日間預けました。その時に警察まで様子を聞きにきました。主人が虐待だと相談していたようです。事件性は無いと判断されていましたが。下の子を妊娠してから気持ちが不安定になる事が度々あり、主人や子どもにあたっ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     あなたが元の主人の姓を旧姓に戻すには、「やむをえない事由」(戸籍法107条1項)が必要となります。


     では、「やむをえない事由」とはいかなる場合をいうのでしょうか。

     この点、裁判所の判断は分かれています。

     まず、(1)厳格に解するものとして『「やむを得ない事由」というのは、当人にとって社会生活上氏を変更しなければならないそのやむをえない事情があるとともに、その事情が社会的、客観的にみても是認せられるものでなければならない場合をいうものと解すべきである』との判決があります(大阪高判昭和30年10月15日)。これは、離婚と通常の氏の変更を同様に扱うものです。


     一方で、(2)離婚という事情を加味して緩和された基準を用いるものとして「離婚後、婚氏を続称したために・・・日常生活上の不便・不自由を被っていることの認められる」場合には「やむを得ない事由」があるものと解する判決(大阪高決平成3年9月4日)があります。この(2)判決では、婚氏続称後11年経っていたにもかかわらず、同居する実父母と姓が異なることにつき説明しなければならない煩わしさや郵便物が同姓の別人の家に配達されることがしばしばあるなどの日常生活上の不便・不自由を理由として、婚姻前の氏への変更が認められています。


     あなたについても、日常生活上の不便・不自由が認められれば、(2)判決の基準により「やむをえない事由」があるとして、旧姓に変更できる可能性があります。

     手続きとして「家庭裁判所の許可」(戸籍法107条1項)を得る必要がありますので、家庭裁判所に「氏の変更の許可申立書」を提出して、その許可を得れば、旧姓に戻すことができるでしょう。

2014年04月23日

別居に強い弁護士

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

まずは,お気軽にご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ