2年別居です。離婚できるでしょうか?

User image 1 スパークリングさん 2017年03月07日 03時08分

結婚22年の48歳男性です。
完全な別居をしてから2年経ちました。
それより以前の10年以上を家庭内別居しておりました。

当初は修復を試み、家事もかなりの比率で手伝い、
一人娘の弁当も私が作り、妻が片道1時間半ほどの職場への通勤のため
最寄り駅への送り迎え等をしておりましたが、妻は
全く夫婦関係にも答えず、休日はほとんど寝ている状態、料理もしません。

完全な別居は娘の大学進学をきっかけに、職場の近くに娘と住むために
二人で引っ越していきました。

交流はほとんどなく、誕生日も年末年始も連絡はありません。
(娘からだけ誕生日に電話をもらいましたが・・)
大変さびしく2年間を過ごしました。

娘への責任や娘と離れたくない思いからずっと我慢してきましたが
ここへ来て限界が来ています。
何度か離婚したい、と妻に言いましたが、
安定がなくなるから、と聞く耳を持ちません。

娘も成人しましたし、離婚して人生をやり直すなら今しかない、
と思い、相談いたしました。

お知恵をお貸しください。
お願い致します。

離婚できる可能性が高いですね。
家庭内別居、完全別居。
もはや婚姻を維持する理由はまったくないですね。
あとは、適切な離婚条件を考えて、まず手紙、
話し合い無理なら調停、これも無理だったら
裁判も念頭に、お進め下さい。

2017年03月07日 10時16分

家庭内別居が10年以上や完全な別居期間が2年経過したということからみれば、夫婦の間柄は既に冷え切っている状態なのでしょうが、離婚裁判をして「婚姻を継続し難い重大な事由」と認められるためには、その別居期間の長短だけでなくて、その他の夫婦間や子供など諸事情も検討されることになります。
「全く夫婦関係にも応えず、休日はほとんど寝ている状態、料理もしません。」ということであれば、あなたの場合は微妙ではありますが、離婚裁判もうまく行くでしょうが、その前に、離婚調停の段階で離婚が成立する可能性が無いとは言えないと思われます。
妻が離婚に反対している「安定がなくなるから」という意味がよく分かりませんけれども、そこらを調停委員から聞き出してもらって、それに対してあなたがどのようなことをしたら妻が離婚に応じてくれるのか、ということが問題ですが、おそらく経済的なことで離婚後の不安を感じておられるのかもしれません。
そうだとすれば、あなたのほうで、金銭的な条件として妻の要求に応えられるのかどうかにもよりますが、とにかく、調停を申し立てて、離婚の話合いの場を設けることがいいと思います。
調停は最寄りの家庭裁判所に行けば、申立書も用意してありますし、申立の手続も教えてくれますので本人で可能です。
もし、調停がまとまらずに、離婚裁判までしなくてはならなくなったときには、弁護士に依頼する必要があるでしょうから、資力要件次第で、弁護士費用を立て替えてくれる法テラス(0570-078374)を利用されたらどうでしょうか。

2017年03月07日 12時02分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

調停で不利か

別居 2018年08月14日

旦那が別居してますが両親や私にもさ謝りに行くといったのに、待ち合わせはした日に行ったのに連絡を互いに取らないために行った行ってないとなり、こちら側だけの責任にされるためもう行かないとなり 口論になり、電話で謝りに来いよてめーや、離婚届...

子供の面会について

別居 2018年04月14日

結婚10年 2年半前に妻から蹴られそこから家庭内別居 昨年秋ごろ喧嘩 妻実家所有のマンションに住まないかと打診があるが通勤不可の為と 妻が正社員になるからと別居を容認 しかしいつ行くか聞いても言わず今年の三月に子供から転向などを聞き実...

離婚前に別居をしたいのです

別居 2018年01月11日

夫のDVにより、警察沙汰になり、それから生活費を入れず同じ敷地内の別棟に夫は暮らし別居して半年、話せば暴言を浴びせ威嚇する態度。我慢が出来ずに、外で暮らそうとアパートを借りようと思うのですが、夫には言えません。よそに暮らすなんて考えた...

早く子どもをつれて別居したいので、アドバイスをおねがいします。

別居 2017年11月22日

現在、調停中の3人(中3、小4、年長)の子供の母です。夫は自由業です。 第一回の調停が終わりましたが、お互い離婚には同意しているものの、親権(養育権)を主張し、平行線に終わりました。 調停員には、現在同居していて、子供の面倒をよく見て...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ