離婚と慰謝料の関係は?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 夫の不倫により離婚したいと言われています。夫はとにかく早く離婚して相手の女性と結婚したいようで、当初渋っていた慰謝料に関しても一括で支払うという方向にいきそうです。

 ただ、私はまだ離婚に関しては納得していないので、今の段階では慰謝料をもらうつもりはありません。現時点で慰謝料を受け取らない事で私に何か不利益は生じますか?



(40代:女性)

関連Q&A

妻の浮気が原因で離婚話 手を上げてしまったが精神的苦痛の慰謝料はもらえるか

慰謝料 2017年04月26日

私の未婚の弟と妻が仲良くなり、その時から返事や態度が変わった事から喧嘩になり、喧嘩の際に性格の不一致から離婚したいと言われました。 その時私は単身赴任で、別れたくない為に話合いをしに行きましたが、その当日にまた弟と出掛けた為、喧嘩にな...

5年前に別れた彼が不倫と発覚。今からでも慰謝料請求できるのか?

慰謝料 2017年04月25日

現在、32歳、既婚女性です。 当時私が24歳から、27歳までつきあった彼(当時39歳〜42歳)に、妻子がいたことが判明。つきあった頃は、バツイチと聞かされており同棲していたため、疑いもしていませんでした。 その彼とは3度の妊娠、中絶を...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まだ離婚をされていない場合には、相談者が慰謝料を受け取らないことによって不利益を受けることはないと考えられます。



     離婚時の金銭の精算において「慰謝料」という言葉をよく聞きますが、この言葉は「財産分与」の意味で使われていることがしばしばあります。

     財産分与とは、夫婦が婚姻中に協力して蓄積した財産を清算することです。慰謝料とは一方配偶者が不倫をした場合などに、他方配偶者が受けた精神的ダメージに対して支払われる賠償金のことです。もっとも、財産分与の算定の際に慰謝料を含めることも可能とされています(最判昭和46年7月23日)。つまり、両者を別々に請求することもできるし、同時に請求することもできるということです。

     この財産分与と慰謝料の違いはそれを行使できる期間にあります。つまり、財産分与は離婚時から2年間(民法768条2項)、慰謝料請求は離婚時から3年間(同724条)行使することができます。詳しくは、なっとく法律相談「離婚による慰謝料と財産分与の時効について」をご覧ください。



     相談者が財産分与の意味で慰謝料と言っておられるのであれば、離婚をされた時から2年以内に財産分与を請求される必要があります。また、ご主人が不倫されたことに対する精神的損害を賠償して欲しいという意味での慰謝料であるなら離婚された時から3年以内に請求される必要があります。

     もっとも、両者とも「離婚時から」の期間ですので、未だ離婚されていない場合は請求における時間的制約を気にする必要はないでしょう。

     なお、一般的に不貞行為をした配偶者から離婚を求められた場合、「離婚届けにハンコを押すこと」は慰謝料交渉を有利に進める手段として使われることが多いようです。ただ、相談者は離婚自体に納得されておられない(慰謝料の額に納得していないということではない)ようなので、もう一度ご主人と話し合ってみてはいかがでしょうか。

2014年01月07日

慰謝料に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

まずは,お気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ