重婚的内縁は法的に保護されない?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年01月06日 01時05分

 私は既婚で夫と子供達がいますが浮気をしていた彼と結婚を前提に同棲していました。最近ようやく夫が離婚に応じて調停の話になりました。ところが、離婚が決まったとたん彼が別れようと言いだしました。私にはいくところがありません。私が既婚者でも彼との内縁は認められ、彼から慰謝料はとれますか?



(不明:女性)

匿名弁護士

     内縁関係にも法的保護は与えられ、内縁関係の不当破棄は不法行為にあたるとして損害賠償を請求することが可能です。

     ところが、今回のように法律婚をしている者が同時に事実婚もしているような重婚的内縁関係の場合には、慰謝料請求は簡単には認められません。



     重婚的内縁の法律関係については、公序良俗違反とする無効説、一定の判断基準をもとに成否を考慮する相対的無効説(相対的有効説)、準婚として保護を与えるべきとする有効説があります。

     従来、判例は重婚的内縁に否定的でした(大判大9・5・28)。しかし、最近の判例においては内縁関係と競合している法律婚の実体が事実上の破綻状態にあるか否かという点を基準として、重婚的内縁にも内縁に準じた効果を認めるべきか否かを判断しようとする傾向にあるとされています。



     内縁関係の不当破棄の事案ではなく、重婚的内縁関係がある場合の共済年金の受給権者に関しての事例ですが、以下のような判例があります。
     すなわち、判例は、本妻との婚姻関係は実体を失い形骸化している一方で内縁の妻との関係は事実上婚姻関係と同視できるので、本妻は遺族として遺族共済年金の支給を受けるべき『配偶者』に当たらず,内縁の妻がこれに当たるという判断をしています(最判平17年4月21日参照)。



     したがって、今回も法律婚の方がどれほど破綻していたか、内縁関係が事実上婚姻関係と同視できたのかによって、相談者に法的保護を与えるかどうかが決まってきます。

     その上で、内縁の夫が相談者が既婚者であることをわかったうえで結婚を前提に同棲を始めた事情や、内縁の夫から結婚の話を切り出したという事情がある場合には、慰謝料は認められやすいでしょう。

2016年01月06日 01時05分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

夫の不倫で相手に慰謝料請求。口約束でも手続きはできますか。

慰謝料 2017年07月12日

結婚9年で、円満でしたが、約1年前から夫が不倫していました。発覚した後、夫の携帯から相手の連絡先をメモし、相手と連絡を取って会いました。 相手は不倫を認めました。真剣に付き合っていると。今後は夫の選択に従うといいました。夫が私と別れる...

慰謝料を請求され、さらに

慰謝料 2017年06月30日

よろしくお願いいたします。 4年程前に知り合い、セカンドパートナーとしてお付き合いさせていただいている方がいます。 彼の奥様やご家族は5年程前から別居状態にあり、彼と出掛けたり彼の体調管理を私がしていました。私は娘と二人で住んでいまし...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

慰謝料に強い弁護士

お話ししやすい雰囲気の中で、ご依頼者様のお話をじっくりとお聞きします。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

相談したくなる弁護士

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

ページ
トップへ