離婚による慰謝料と財産分与の時効について

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 友人夫婦に裁判による離婚が成立しました。判決によれば「慰謝料等の時効は10年」だということでした。ところが先日、あるテレビ番組で、協議離婚では「財産分与は2年、慰謝料は3年」と放送されていました。
 裁判離婚のほうが有利だということなのでしょうか?

(50代:女性)

関連Q&A

暴力を受けて後遺症が残った。相手方に慰謝料を請求することは可能でしょうか?

慰謝料 2017年04月29日

初めまして。ご相談させて頂きます。26歳女性です。 約1年前ですが同棲をしていた交際相手に暴力を振られ、右肘の靭帯断裂、骨折の怪我を負いました。全治3ヶ月と診断されましたため、会社も休職いたしました。今現在、後遺症が残り、肘が90度く...

彼氏に妻子がいた。婚約や結婚の予定がないと慰謝料もらえないんですか??

慰謝料 2017年04月28日

相手は36歳男性、都内在住。私は東北、 付き合って1年半、ヤフーパートナーで独身と言うことで知り合いました。あちらから告白され、遠距離でしたが、週末など旅行したり、ちょくちょく会っていました。彼の住む都内に引越しをしょうとしている時に...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     協議上の離婚も裁判上の離婚も、離婚により発生する法律効果は同じです。方式の違いから名称は異なりますが、どちらかが有利であるとか不利であるとかいうことはありません。
     離婚する場合、一般には離婚時に慰謝料その他についても話し合うことが多いようですが、分かりやすいように、離婚した後で慰謝料、財産分与の請求をすることを考えてみましょう。

     「時効が2年、3年」とは、「請求権を行使できる期間」が、それぞれ2年、3年という短期消滅時効にかかるという意味なのです。慰謝料請求権は不法行為による損害賠償請求権の性質をもつため3年(民法724条)、財産分与請求権は2年(同768条2項但書)です。協議離婚でも裁判離婚でも、請求権の行使期間自体がこれらの短期消滅時効に服することに違いはありません。いずれも離婚が成立した日からその期間内に請求しなければ、請求権自体がなくなってしまいます。

     時効期間内に権利を行使し、判決として確定すれば、その債権は普通の債権と同じ性質を持つ債権として、10年の時効期間(普通の債権の消滅時効は10年です。民法167条1項)をもってよみがえります。同174条の2第1項は、「確定判決によって確定した権利や確定判決と同様の効力をもつ裁判上の和解、調停等によって確定した権利は、10年より短い時効が定められていても10年とする」と規定しています。

     ご友人が言われるところの「裁判離婚の慰謝料の時効は10年」とは、「離婚判決とともに慰謝料の支払いを命ずる判決がなされた場合に、その支払請求権の時効が10年」という意味でしょう。協議離婚であっても、例えば慰謝料の額については合意をみなかった場合に地方裁判所に申し立てて確定判決を得れば、消滅時効が10年の債権になります。

2014年01月07日

慰謝料に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

まずは,お気軽にご相談ください。

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ