経営者が気をつけるリモートワーク・テレワークにおける働き方とは?(第2回) 危機管理 2021年01月19日

経営者は、常に時代の変化に対応し、同時に従業員の仕事の効率化をすすめていくことが求められています。 2020年は世界各国で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の急速な流行拡大により、ビジネスへの影響やその対応策を迫られる重大な危機となりました。 そこで、今回は、士業向けの業務管理システム(Librack リブラック)による、弁護士・パラリーガル...

経営者が気をつけるリモートワーク・テレワークにおける働き方とは?(第2回)
認知症の人が遺言を残す場合の注意点は?遺言能力について 遺言の種類(自筆証書遺言・公正証書遺言) 2021年01月10日

有効な遺言を残す際には、民法に定められた要件に従う必要があります。 遺言を有効たらしめるための要件の一つが、「遺言能力」です。 遺言者の遺言能力について疑義が生じると、相続人同士の紛争の原因になってしまいますので、あらかじめ対策を施しておくことが大切です。 この記事では、遺言を残す際に必要となる遺言能力について解説します。 目次 1. 有効な遺言を残す...

認知症の人が遺言を残す場合の注意点は?遺言能力について
経営者が気をつけるリモートワーク・テレワークにおける働き方とは?(第1回) 危機管理 2021年01月08日

経営者は、常に時代の変化に対応し、同時に従業員の仕事の効率化をすすめていくことが求められています。 2020年は世界各国で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の急速な流行拡大により、ビジネスへの影響やその対応策を迫られる重大な危機となりました。 そこで、今回は、士業向けの業務管理システム(Librack リブラック)による、弁護士・パラリーガル...

経営者が気をつけるリモートワーク・テレワークにおける働き方とは?(第1回)
電子契約導入時の注意点は?法的なリスクと対処法 危機管理 2020年12月25日

電子契約はその高い利便性のため、企業の法務担当者から近年注目されている分野の一つです。 特に最近は新型コロナウイルスの影響拡大によるテレワーク推進の流れも相まって、電子契約に対する注目度はいっそう高まりを見せています。 電子契約が便利であることは事実ですが、実際に導入する際には、電子契約のリスクにも留意が必要です。 この記事では、企業が電子契約を導入す...

電子契約導入時の注意点は?法的なリスクと対処法
中小企業・個人事業主を守る「下請法」とは? 危機管理 2020年12月24日

規模の大きい別の会社(親事業者)から仕事を受注することで売り上げを立てている事業主(下請事業者)は、親事業者に対して弱い立場にあります。 パワーバランスの差を悪用した親事業者に、下請事業者が搾取される事例も見受けられ、公正な取引を実現する観点からは是正すべき状況があるといえるでしょう。 このような状況を是正し、下請事業者の権利を守るために制定されたのが...

中小企業・個人事業主を守る「下請法」とは?
配偶者居住権とは?民法改正で新設されたルールを解説 相続人 2020年12月11日

2019年の相続法改正により、新たに「配偶者居住権」の制度が創設されました。 配偶者居住権により、被相続人の配偶者の住居をより安定的に確保できるようになると同時に、遺産分割の選択肢が広がったことになります。 配偶者居住権の特徴を理解して、より良い遺産分割に役立てましょう。 この記事では、配偶者居住権に関する民法上の規定や、その活用場面などについて詳しく...

配偶者居住権とは?民法改正で新設されたルールを解説
判例のルールを明確化|賃貸借に関する民法改正の内容を解説 不動産賃貸 2020年12月11日

賃貸借は、住居・店舗・オフィスなどを対象として、私たちが日常的に接する契約の一つです。 2020年4月1日に施行された新民法では、従来の賃貸借に関するルールが精緻化され、条文が非常に分かりやすくなりました。 賃貸借については、これまで判例法理によって多くの論点がカバーされていましたが、今後は条文上の処理で解決できる問題が増えるでしょう。 この記事では、...

判例のルールを明確化|賃貸借に関する民法改正の内容を解説
相続登記はなぜ必要?相続人の権利を守るための手続き・注意点 相続登記・名義変更 2020年11月30日

遺言書や遺産分割協議により相続分が確定した場合、不動産を相続することになった相続人は、速やかに相続登記を行いましょう。 相続登記を行わないままに時間が経ってしまうと、後々法律上のトラブルが発生してしまう可能性があります。 いずれにしても、相続登記は将来どこかのタイミングで行わなければならないものなので、早めに対応しておくことをお勧めいたします。 この記...

相続登記はなぜ必要?相続人の権利を守るための手続き・注意点
事業承継は種類株式を利用するとスムーズ|相続との関係での注意点 M&A・アライアンス 2020年11月18日

事業承継を行う際には、オーナーから後継者に対してスムーズに株式を承継することが必要です。 しかし、単に普通株式を譲渡するだけでは、他の推定相続人から不満が噴出し、相続の際に遺留分問題などが発生する可能性が高まってしまいます。 このような場合には、種類株式の活用によって、他の推定相続人の不満を抑えつつ、円滑に事業承継を行うことが可能です。 この記事では、...

事業承継は種類株式を利用するとスムーズ|相続との関係での注意点
M&Aにはどのような方法がある?規模・目的に応じた最適の方法とは M&A・アライアンス 2020年11月11日

日本の会社法上、M&Aの手続きにはさまざまなものが認められています。 合併などのように、会社組織の構造を根本的に変えてしまうものから、株式譲渡などのように、資本関係のみを変更するものまで、それぞれの手続きには特徴があります。 そのため、当事者のニーズに合った手続きを選択することが大切です。 この記事では、日本の会社法において認められたM&amp...

M&Aにはどのような方法がある?規模・目的に応じた最適の方法とは

依頼者のために最善を尽くしていきます

【初回相談無料】【錦糸町駅北口徒歩2分】弁護士歴30年以上、下町育ちの人情家弁護士が、依頼者の方にとっての幸せ...

【コロナウイルス対策で電話相談受付も開始ました】依頼者ひとりひとりに「寄り添う」リーガルサービスを提供しています。

【実績豊富・安心価格】【平日夜間/土日祝も無料相談実施中】ご相談を丁寧に伺いますので、まずはお話をお聞かせくだ...