浮気や素行問題における証拠や調査とは?(第1回) 慰謝料 2021年07月29日

浮気や素行の問題は、いつ生じるのか分からないものです。急なことに一人で悩んだり、不安を抱え、誰に相談していいのか悩まれることが多々あります。 そこで、今回は、2016年に100周年を迎えた長年の実績と信頼のある株式会社 テイタンの代表取締役社長吉村光司さんとアイシア法律事務所の坂尾陽弁護士、石河広輔弁護士とで、浮気や素行問題における証拠や調査に関する内...

浮気や素行問題における証拠や調査とは?(第1回)
コロナで会社の債務が返せない|法人破産の要件・手続きの流れ・注意点 事業再生・倒産 2021年08月10日

新型コロナウイルス感染症の影響で、業績の悪化する企業が大幅に増加しています。 売り上げを回復する見込みが立たず、債務を返済できない状況が続いている場合には、「法人破産」によりいったん会社を清算してしまうのも一つの選択肢です。 法人破産の流れ・注意点を十分理解したうえで、経営者として最適の判断を下してください。 この記事では、法人破産の要件・手続きの流れ...

コロナで会社の債務が返せない|法人破産の要件・手続きの流れ・注意点
バーチャルオンリー株主総会とは?コロナ禍で認められた新開催形態を解説 株主総会 2021年08月03日

2021年6月16日施行の改正産業競争力強化法により、新たに「バーチャルオンリー型株主総会」の開催が認められました。 コロナ禍を受けて法改正が急がれた背景がありますが、今後はコロナ禍の収束時期を問わず、上場会社においてバーチャルオンリー株主総会が主流になる可能性があります。 万が一職場でコロナ感染した場合、労災保険給付を申請できる可能性があるので、労働...

バーチャルオンリー株主総会とは?コロナ禍で認められた新開催形態を解説
仕事中にコロナ感染した場合、労災認定は受けられる? 労災 2021年07月27日

新型コロナウイルス感染症の影響により、在宅勤務が広く普及しましたが、依然としてオフィスなどの現場で勤務せざるを得ない労働者の方も数多くいらっしゃいます。 同僚や顧客などと顔を合わせなければならない労働者の方には、職場でのコロナ感染のリスクが常に付きまといます。 万が一職場でコロナ感染した場合、労災保険給付を申請できる可能性があるので、労働基準監督署や弁...

仕事中にコロナ感染した場合、労災認定は受けられる?
コロナを理由に解雇は可能?整理解雇の問題点・退職勧奨時の注意点 退職・解雇・雇止め 2021年07月06日

新型コロナウイルス感染症の影響により売上・収益が減少した場合、従業員を解雇して人件費を削減しようとする事業主の方もいらっしゃるかと思います。 しかし、日本の労働法では、従業員を解雇するハードルはかなり厳しく設定されています。 もし違法に解雇をしてしまうと、従業員との間でトラブルが発生し、大きなコストを支払うことにもなりかねません。 もしコロナを理由とす...

コロナを理由に解雇は可能?整理解雇の問題点・退職勧奨時の注意点
コロナを理由に家賃減額を請求できる?借地借家法のルール・交渉時のポイント 不動産賃貸 2021年06月29日

新型コロナウイルス感染症の影響により、売上・収益の大幅な減少に見舞われている事業主の方が多くいらっしゃいます。 経済状況が悪化している場合、テナント物件の賃料(家賃)については、借地借家法の規定によって減額が認められる可能性があります。 固定費としての賃料負担が重いと感じている事業主の方は、必要に応じて弁護士に相談のうえ、賃貸人に対して借賃減額請求を行...

コロナを理由に家賃減額を請求できる?借地借家法のルール・交渉時のポイント
コロナ禍による借金苦を解消するには?債務整理手法の比較 借金返済 2021年06月22日

新型コロナウイルス感染症の影響により、人々の行動が制限されたことにより、収入が減少した方が数多くいらっしゃいます。 収入が減少すると、固定費の負担が重くなり、生活が苦しくなってしまいます。その結果、借金の返済が追い付かなくなってしまった方も多いことでしょう。 借金の返済負担が重く、このままでは生活再建の見通しが立たない場合には、弁護士に相談して「債務整...

コロナ禍による借金苦を解消するには?債務整理手法の比較
コロナを理由に賃料の減額を求められた場合、賃貸人はどう対処すべき? 不動産賃貸 2021年06月15日

新型コロナウイルス感染症の影響で、経営が悪化する店舗が増えています。それに伴い、店舗建物の賃貸人が、賃借人から賃料の減額を求められる事態も頻発しています。 賃貸人としては、交渉の手間などを考えると、賃料の減額要請に応じるかどうか悩ましいところでしょう。 加えて賃貸人は、賃借人が借地借家法上の「借賃増減請求権」を行使した場合の結果にも留意したうえで、交渉...

コロナを理由に賃料の減額を求められた場合、賃貸人はどう対処すべき?
特別縁故者が相続権を得るための要件・手続きを解説 相続手続 2021年06月08日

相続人ではないものの、亡くなった被相続人と深い関係にあった方は、「特別縁故者」として遺産を相続できる可能性があります。 ただし、特別縁故者として遺産を相続するまでには、かなり複雑かつ長期間に及ぶ手続きを経なければなりません。 もし特別縁故者として遺産を相続したい場合には、一度弁護士に相談して、対応方針について検討することをお勧めいたします。 この記事で...

特別縁故者が相続権を得るための要件・手続きを解説
遺産分割は一定期間禁止できる|目的・方法・期間・税務上の注意点を解説 遺産分割協議 2021年06月01日

ご家族が亡くなって相続が発生した場合、できるだけ早く遺産分割を行う方が、相続に関するストレスから早期に解放されるメリットがあります。 しかし、相続に関する事情によっては、遺産分割を一定期間保留した方がよいケースも考えられます。 その場合、民法によって遺産分割を一定期間禁止することが認められています。 相続発生後に遺産分割を禁止する方法も存在しますので、...

遺産分割は一定期間禁止できる|目的・方法・期間・税務上の注意点を解説

【初回無料相談】【直通電話相談実施中】【夜間/休日可】 弁護士歴25年超。ていねいに法律相談いたします。

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

依頼者のために最善を尽くしていきます