ネット上での誹謗中傷は名誉毀損罪に当たるかも|注意点を解説 名誉毀損 2020年06月10日

インターネット上での誹謗中傷の書き込みが、近年大きな社会問題となっています。 匿名掲示板やSNSなどは、相手の顔が見えない一方で、気軽に投稿することができてしまいます。 そのため、度が過ぎた悪口雑言が飛び交うことも少なくありません。 著名人に対して人格攻撃をするような内容の投稿に代表されるように、ネット上で誹謗中傷的な書き込みを行うと、名誉毀損罪が成立...

ネット上での誹謗中傷は名誉毀損罪に当たるかも|注意点を解説
新型コロナウイルス感染症に関する相談 まとめページ 法律全般 2020年06月08日

【弁護士コラム】 ▼ 【面会交流】コロナ禍の中でも面会はさせないといけないの? https://legalus.jp/kagawa/takamatsushi/lo_18006/lawyer_38215/column/la-4031 ▼ 新型コロナウイルスによる退職勧奨、解雇への対応 https://legalus.jp/tokyo/23ku/chiyo...

新型コロナウイルス感染症に関する相談 まとめページ
遺留分侵害額請求とは?改正法の内容を踏まえて解説 遺留分 2020年06月03日

自分にもしものことがあった際に、家族にどのように財産を残すかを自分で決めておきたいと考える方は多いでしょう。 生前贈与や遺言による贈与(遺贈)を利用すれば、法定相続分とは異なる割合で、家族に対して財産を贈与することが可能です。 しかし、その際に注意しなければならないのが「遺留分」です。 遺留分を侵害するような生前贈与や遺贈を受けた人は、後で他の相続人か...

遺留分侵害額請求とは?改正法の内容を踏まえて解説
中小企業の事業承継の流れは? M&A・アライアンス 2020年05月27日

中小企業にとって、企業を長く存続させるためには、どこかのタイミングで「事業承継」を行う必要が生じます。 特に同族企業などの場合には、後継者の選定に頭を悩ませる経営者の方も多いでしょう。 誰を後継者にするかということだけでなく、事業承継をする際には、法律・税金面で注意しなければならないことがあります。 この記事では、事業承継時に注意すべき法律・税金などに...

中小企業の事業承継の流れは?
民法改正で新たに明文化された「定型約款」とは? 契約書 2020年05月20日

2020年4月1日施行の民法改正で、「定型約款」に関するルールが新設されました。 BtoCのサービスを中心に、世の中では約款が適用される取引が数多く行われています。 これらの取引は、今後新民法の定型約款の規定の適用を受けることになります。 この機会に、定型約款に関するルールの正しい理解を身につけておきましょう。 この記事では、 定型約款とは何か 定型約...

民法改正で新たに明文化された「定型約款」とは?
根保証に関するルールが改正。実務への影響とは? 債権回収 2020年09月14日

2020年4月1日、民法の内容を大きく変更する改正債権法が施行されました。 今回の債権法改正の目玉の一つと言われているのが、「根保証」に関するルールの変更です。 たとえば実務上、不動産の賃貸借契約や金銭消費貸借契約などにおいて、債務の連帯保証を取るということがよく行われています。 こうした契約をよく取り扱う企業であれば、契約書のひな形の中で連帯保証の規...

根保証に関するルールが改正。実務への影響とは?
【弁護士に聞く】従業員を休職・復職させるときの正しい方法 労働法務 2020年04月08日

怪我や病気を理由に従業員が休職を申し出た場合、企業側はどのように対応すればよいのでしょうか。 また、休職から復帰する場合はどのような点に注意すればよいのでしょうか。 そんな休職に関する疑問を、かんざき法律事務所の神前吾郎先生に解決していただきました。 神前 吾郎 弁護士 (かんざき法律事務所) 取引トラブルや損害賠償請求、労働問題などの企業法務を取り扱...

【弁護士に聞く】従業員を休職・復職させるときの正しい方法
【弁護士に聞く】問題社員をトラブルなく解雇するにはどうしたらよい? 労働法務 2020年03月23日

「問題社員を解雇したいけどトラブルは避けたい」 このような悩みを抱える経営者の方は少なくありません。 そこで、かんざき法律事務所の神前吾郎先生に、問題社員をトラブルなく解雇する方法を伺いました。 神前 吾郎 弁護士 (かんざき法律事務所) 取引トラブルや損害賠償請求、労働問題などの企業法務を取り扱うことが多い。発生したトラブルへの対応はもちろんのこと、...

【弁護士に聞く】問題社員をトラブルなく解雇するにはどうしたらよい?
【弁護士に聞く】労働審判を起こされたら企業側はどのように対応したらよい?(不当解雇編) 労働法務 2020年02月06日

解雇を通告した従業員が不当解雇を主張して労働審判を起こした場合、企業側はどのように対応したらよいのでしょうか。 かんざき法律事務所の神前吾郎先生に伺いました。 神前 吾郎 弁護士 (かんざき法律事務所) 取引トラブルや損害賠償請求、労働問題などの企業法務を取り扱うことが多い。発生したトラブルへの対応はもちろんのこと、リスクマネジメントにも尽力している。...

【弁護士に聞く】労働審判を起こされたら企業側はどのように対応したらよい?(不当解雇編)
【弁護士に聞く】労働審判を起こされたら企業側はどのように対応したらよい?(未払い残業代トラブル編) 労働法務 2020年01月30日

未払い残業代に関する労働トラブルが発生した場合、企業側はどうしたらよいのでしょうか。 従業員が労働審判を起こした場合の企業の対応について、かんざき法律事務所の神前吾郎先生に聞いてみました。 神前 吾郎 弁護士 (かんざき法律事務所) 取引トラブルや損害賠償請求、労働問題などの企業法務を取り扱うことが多い。発生したトラブルへの対応はもちろんのこと、リスク...

【弁護士に聞く】労働審判を起こされたら企業側はどのように対応したらよい?(未払い残業代トラブル編)

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

<初回相談無料><当日/休日/夜間相談可能> 神奈川県弁護士会所属12人の弁護士が、それぞれの特徴を活かし、ご...

【電話・Zoom等相談可】【赤坂見附駅B出口より徒歩2分】【心理士・情報技術者・FP等保有】 家事・労務・I...