企業が正社員の人員整理を行う際の注意点|整理解雇・退職勧奨 労働法務 2021年05月25日

経営悪化による事業の縮小や、従業員の高齢化などによって人員整理の必要性が生じた場合でも、安易な解雇に踏み切るのは避けた方が無難です。 企業が正社員の人員整理を行う方法には、「整理解雇」以外に「退職勧奨」もあり得るので、どちらの方法が適切であるかについて、事前に慎重な検討を行いましょう。 この記事では、企業が正社員の人員整理を行う際の注意点について、整理...

企業が正社員の人員整理を行う際の注意点|整理解雇・退職勧奨
コーポレートガバナンスとは?経営陣が知るべき企業統治の考え方 株主総会 2021年05月18日

会社が成長し、事業規模を拡大するに連れて、社会において会社が果たすべき役割も増大します。 会社が社会に根差して、持続的・中長期的に企業価値を向上させていくためには、社会との連関を踏まえた企業統治(=コーポレートガバナンス)を意識した経営を行うことが不可欠です。 今回は、会社の持続的・中長期的な成長を目指す経営陣の方がぜひとも知っ ておくべき、コーポレー...

コーポレートガバナンスとは?経営陣が知るべき企業統治の考え方
株式譲渡M&Aにかかる費用は?仲介費用・弁護士費用の計算方法・相場 M&A・アライアンス 2021年03月12日

株式譲渡M&Aは大規模な取引であるため、その分売主・買主ともに大きなコストを負うことになります。 当然ながら、株式譲渡M&Aを行うことが本当に利益になるかどうかは、取引の過程で生じるコストも計算に入れたうえで判断しなければなりません。 実際に株式譲渡M&Aの検討を行う際には、取引全体としてどのようなコストがどのくらいかかるのかと...

株式譲渡M&Aにかかる費用は?仲介費用・弁護士費用の計算方法・相場
株式譲渡に必要となる会社法上の手続き・必要書類は?M&A時の注意点 M&A・アライアンス 2021年03月01日

株式譲渡M&Aにおいて、株式譲渡を適法・有効に実行することは、取引の最後の仕上げとも言うべき重要な手続きです。 後で株式譲渡の有効性などが争われることのないように、会社法上必要な手続きをきちんと踏んで、株式譲渡を確実に実行しましょう。 この記事では、株式譲渡M&Aにおける株式譲渡の実行に必要となる、会社法上の手続きについて解説します。 ...

株式譲渡に必要となる会社法上の手続き・必要書類は?M&A時の注意点
株式譲渡M&Aの流れは?実行までに必要なステップ・手続きを解説 M&A・アライアンス 2021年02月26日

株式譲渡M&Aを実行に移すまでには、多くの工程を必要とします。 株式譲渡M&Aは大規模・複雑な取引であるがゆえに、段階的・慎重に検討・リスク分散を行う必要があるためです。 株式譲渡M&Aの取引に臨む際には、事前に手続きの流れの全体像を把握したうえで、取引実行までのロードマップを描いておきましょう。 この記事では、株式譲渡M&am...

株式譲渡M&Aの流れは?実行までに必要なステップ・手続きを解説
株式譲渡M&Aにおける法務デューデリジェンスのチェックポイントを解説 M&A・アライアンス 2021年02月17日

株式譲渡M&Aを成功に導くためには、各種のデューデリジェンスを適切に行うことが必要不可欠です。 特に法務デューデリジェンスは、株式譲渡M&Aから生じる法的なリスクをコントロールするために、きわめて重要なプロセスとなっています。 今回は、株式譲渡M&Aにおける法務デューデリジェンスの概要やチェックポイントについて詳しく解説します。...

株式譲渡M&Aにおける法務デューデリジェンスのチェックポイントを解説
遺留分侵害額の請求先は?負担順序のルールを計算例とともに解説 遺留分 2021年02月12日

遺留分を侵害する遺贈・贈与が複数ある場合、誰が遺留分侵害額を負担するかという点が問題になります。 この場合、遺留分侵害額の計算は非常に複雑なので、弁護士に相談しながら正確に計算することをお勧めいたします。 今回は、遺留分侵害額の負担順序に関するルールについて、具体的な計算例を交えながら解説しますので、少しでもその内容をイメージしていただければ幸いです。...

遺留分侵害額の請求先は?負担順序のルールを計算例とともに解説
遺留分さえも渡したくない相続人がいる場合の対処法は? 遺留分 2021年02月03日

疎遠な相続人・素行が悪い相続人などに対して、被相続人の財産を全く相続させたくないというのは、心情的には理解できます。 しかし、民法上は「遺留分」という権利が認められているため、なかなか全く財産を相続させないのは難しいケースが多いところです。 遺留分は強力な権利なので、権利行使を阻止することは容易ではありませんが、生前に実行できる対策もいくつかありますの...

遺留分さえも渡したくない相続人がいる場合の対処法は?
株式譲渡M&Aの基本合意書とは?内容・法的拘束力・チェックポイント M&A・アライアンス 2021年01月28日

株式譲渡M&Aの契約交渉では、最終契約を締結する前に、ある程度交渉が進んだ段階で「基本合意書」が締結されます。 基本合意書の中には、法的拘束力がある条項・ない条項が混然としているので、一般の契約書よりもその構造が分かりにくい部分があるかもしれません。そこでこの記事では、株式譲渡M&Aの基本合意書の内容・法的拘束力・チェックポイントなどに...

株式譲渡M&Aの基本合意書とは?内容・法的拘束力・チェックポイント
株式譲渡M&Aは契約交渉前に秘密保持契約の締結を|条項のポイント解説 M&A・アライアンス 2021年01月22日

株式譲渡M&Aの契約交渉を行う場合、事前に売主・買主間で秘密保持契約(NDA)を締結し、秘密情報の流出を防止することが大切です。 秘密保持契約は、M&Aのみならずさまざまな取引の前段階で締結されるので、なじみがあるという企業担当者の方も多いかと思います。 今回は株式譲渡M&Aのケースに焦点を当てて、秘密保持契約の主要な条項を解説...

株式譲渡M&Aは契約交渉前に秘密保持契約の締結を|条項のポイント解説

【初回無料相談】【直通電話相談実施中】【夜間/休日可】 弁護士歴25年超。ていねいに法律相談いたします。

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

依頼者のために最善を尽くしていきます