被害届を出さないと慰謝料請求はできない?

Legalus編集部さん 2015年04月18日

 14歳の息子がショッピングモールで同じ学校の同級生数人から暴行を受け全治2週間のケガを負いました。被害届を出さないと、慰謝料の請求も出来ないのですか?又、加害者が複数の場合こちらが請求した慰謝料は加害者全員で負担するのですか?個人個人に対して請求するのですか?



(年齢不詳:性別不明)

関連Q&A

子どもが起こした事故の責任をどうとるか?

事故・ケガ 2016年08月24日

7月上旬に、息子(13歳)がウォーターサーバーのお湯を友達に掛けてしまいました。友達の家での出来事で、すぐにお詫びに行きました。一度は和解したのですが、その後痛がり、病院に連れて行ったそうです。そして、「傷が残るので傷害罪で訴える」と...

子供が暴行を受けた場合、慰謝料請求は可能でしょうか?

事故・ケガ 2016年01月19日

中学2年の息子が中学3年(14才)の先輩から一方的に暴行されました。怪我は全治2週間。被害届を提出し、受理されました。相手の親と2度目の話し合いをした時には、なぜか法律に詳しいという、知り合いを呼ばれていました。その時に相手の親から、...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まず、被害届慰謝料について回答します。

     被害届とは、捜査機関に対して犯罪の被害を報告するもので、捜査機関が捜査を開始するきっかけになりうる刑事手続上のものです。

     他方、慰謝料請求とは、民法709条などを根拠に被害者から加害者に請求する民事上の請求のことです。

     したがって、以上の二つは別の制度上のものであり、被害届を出さないと慰謝料の請求ができないという関係にはありません。

     もっとも、被害届を取り下げるか否かを慰謝料請求等の交渉において駆け引きの材料として利用することはよく行われているようです。



     次に、加害者が複数の場合の請求方法につき回答します。

     この場合、共同不法行為民法719条)として、加害者各自が連帯してその損害を賠償する責任を負うことになります。

     各自が連帯してその損害を賠償する責任を負うとは、賠償されるべきであるとされた慰謝料総額について、加害者各自が全額賠償責任を負うということです。そして、被害者は加害者の一人に対し、又は全員に対して同時もしくは順次に、全額の弁済を請求することができます。

     今回の質問の場合でも、まず、加害者全員を相手に共同不法行為による損害賠償請求訴訟を提起することができます。そして、当該裁判において賠償されるべき慰謝料総額が確定したならば、全員に対してその全額の弁済を請求することができますし、各個人に全額の弁済を請求することもできます。

2015年04月18日

事故・ケガに強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ