学校でのけが。慰謝料請求はできる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月09日 00時15分

 学校で男子生徒2人が廊下で遊んでいて、私はその近くで友達と話をしていました。その2人に背後からぶつかられ、廊下に足を強く叩きつけてしまい、右長母趾屈筋腱炎になってしまいました。この場合その2人に慰謝料を請求することは可能ですか?また請求することができるならいくらくらい請求できますか?



(10代:男性)

匿名弁護士

 誰かの行為によってけがをした場合、不法行為に基づく損害賠償請求(民法709条。共同不法行為の場合、民法719条)が可能です。

 これは、ある人の故意または過失によって権利侵害(けがを負うことなどを含む)が生じた場合、その権利侵害によって生じた損害の賠償請求をするものです。ご相談内容のように、男子生徒の不注意によってご相談者様がけがをした場合、請求についての法律的な要件を満たすと考えられますので請求が可能です。



 実際にどのような損害賠償が可能か、その範囲についてご回答いたします。まず、けがをしたことに伴う通院費(医療費はもちろん、病院に行くための交通費なども含みます)が挙げられます。そのほか、けがによって仕事を休まなければならなくなった場合、休業中の収入に対する補償(ご相談者様は学生のため、通常、休業補償は認められません)なども損害賠償に含まれることになります。

 一方、慰謝料というと、例えば侮辱されたなど精神的に傷つけられた場合に対する代償というイメージを持たれがちですが、けがの場合も「傷害慰謝料」「後遺傷害慰謝料」などが観念されます。これらは交通事故の分野で事例が蓄積され、交通事故以外でもその基準が参考にされています。そして、金額は通院期間や治療日数、障害の程度などに応じて、ある程度定式的に算定されます。



 ただ、上記はあくまで法律上における解釈のお話です。実際に訴訟となれば、訴訟費用に加え、弁護士などの専門家に依頼することになり、訴訟で勝ったとしても費用倒れになる公算が大きいです。

 むしろ、今回のご相談内容では、学校内の不注意から生じたけがであり、しかも受傷程度も軽症の部類に入ります。訴訟提起などの手法に打って出るよりは、相手方やその保護者も交え、治療費などの負担などについて、相談をして解決するほうがよいのではないかと考えます。それでもうまくまとまりそうになければ、学校の先生なども交えつつ解決を図ってはいかがでしょうか?

 なお、治療費については、日本スポーツ振興センターの災害共済給付を受けられる可能性があります。こちらについても、学校の先生に相談してみてはいかがでしょうか。

2015年07月09日 00時15分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

中学生12歳の子が同級生に鼻を骨折させられました

事故・ケガ 2018年01月17日

中学生の子供が寮で同級生の子供に足蹴りをされ、鼻を骨折してしまいました。 手術をし入院しました。入院は全身麻酔をしてしました。入院は短く2泊3日でしたが、その後の通院などで3週間ほどかかりました。 治療費は病院から請求するつもりですが...

クラブの練習中の事故

事故・ケガ 2018年01月15日

子供が学校のクラブ(テニス部)の練習中に、顧問の先生の顔にボールをぶつけてしまいました。 先生のかけていた眼鏡が壊れてしまったのですが賠償責任は発生しますか? 先生が手でトスを上げそのボールをレシーブし対面のコートに打ち返していたので...

子供の将来が心配です。

事故・ケガ 2017年11月17日

去年の夏休み終わり頃、子供(中一)が喧嘩をして相手方(小三)に、暴力したと一方的に傷害事件で届けを出され警察、家庭センターに行き聴取をうけました。 損害保険で示談に待っていました。 子供は暴力は振るっていないと。 相手方の子供さんも元...

学校で通り魔的に襲われました。どう対応したらいいですか⁇

事故・ケガ 2017年10月28日

13歳中学1年生の息子が、学校でほとんど面識のない他クラスの発達障害の同級生に、いきなり急所を蹴られ翌日病院で診察を受けると精巣損傷の可能性があり緊急手術を受けました。手術の時点では幸い活動性の出血は認められず、精巣摘出せず済み翌々日...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

事故・ケガに強い弁護士

【初回法律相談30分無料】利益を最大に、危険を最小にする解決策をご案内します。

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

丁寧な説明を心がけています。

企業法務から、男女間のトラブルまで、他の弁護士がちょっと受任をためらうような困難な案件であっても、そこに「正義...

ページ
トップへ