幼稚園で子供がケガ。誰に損害賠償を請求できる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月09日 00時14分

 子供は幼稚園に通っています。先日、幼稚園で遊んでいる時に、高い所に登っているお友達におもちゃを投げられ、頭に五針の怪我をしました。加害者の親や幼稚園に損害賠償を請求できるのでしょうか。


(30代後半:男性)

匿名弁護士

 故意または過失で第三者に損害を与えた場合、その加害者本人が損害を賠償するのが原則ですが(民法709条)、加害者が小さい子供でその行為の是非を認識できない場合には、親権者などの法律上監督義務を負っている人が責任を負って損害賠償をすることになります(民法712条714条)。そして、行為の是非を認識できるようになる年齢は、判例上、12歳程度とされています。

 このケースの場合、加害者も幼稚園児ですから、行為の是非を認識できなかったとして、監督者である親が損害賠償義務を負うことになります。


 他方、幼稚園の先生は子供たちの様子を注意して見守り、子供が危険な行為をしようとしている時にはそれを制止する義務を負っていると考えられます。このケースでも、先生にそうした義務が認められ、その義務を果たしていたならば、事故を防げたといえるのであれば、その先生に対して損害賠償を請求することができ(民法709条)、また、使用者である幼稚園に対しても損害賠償を請求できることになります(民法715条)。なお、公立の場合には設置主である国または公共団体のみが責任を負います(国家賠償法1条)。


 これらの損害賠償責任は、それぞれ別の理由で発生していますが、被害者は賠償責任者の誰に対しても全額の賠償を請求することができます。


 このほか、幼稚園が独立行政法人日本スポーツ振興センター(2003年10月、特殊法人等整理合理化計画に基づき、日本体育・学校健康センターから移行)に加入している場合、学校の管理下における事故と認定されれば、同センターから医療費、見舞金などの支給を受けることができます。各都道府県庁所在地に、独立行政法人日本スポーツ振興センターの各支部がありますので、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

2015年07月09日 00時14分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

中学生12歳の子が同級生に鼻を骨折させられました

事故・ケガ 2018年01月17日

中学生の子供が寮で同級生の子供に足蹴りをされ、鼻を骨折してしまいました。 手術をし入院しました。入院は全身麻酔をしてしました。入院は短く2泊3日でしたが、その後の通院などで3週間ほどかかりました。 治療費は病院から請求するつもりですが...

クラブの練習中の事故

事故・ケガ 2018年01月15日

子供が学校のクラブ(テニス部)の練習中に、顧問の先生の顔にボールをぶつけてしまいました。 先生のかけていた眼鏡が壊れてしまったのですが賠償責任は発生しますか? 先生が手でトスを上げそのボールをレシーブし対面のコートに打ち返していたので...

子供の将来が心配です。

事故・ケガ 2017年11月17日

去年の夏休み終わり頃、子供(中一)が喧嘩をして相手方(小三)に、暴力したと一方的に傷害事件で届けを出され警察、家庭センターに行き聴取をうけました。 損害保険で示談に待っていました。 子供は暴力は振るっていないと。 相手方の子供さんも元...

学校で通り魔的に襲われました。どう対応したらいいですか⁇

事故・ケガ 2017年10月28日

13歳中学1年生の息子が、学校でほとんど面識のない他クラスの発達障害の同級生に、いきなり急所を蹴られ翌日病院で診察を受けると精巣損傷の可能性があり緊急手術を受けました。手術の時点では幸い活動性の出血は認められず、精巣摘出せず済み翌々日...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

事故・ケガに強い弁護士

【初回法律相談無料】利益を最大に、危険を最小にする解決策をご案内します。

企業法務から、男女間のトラブルまで、他の弁護士がちょっと受任をためらうような困難な案件であっても、そこに「正義...

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

丁寧な説明を心がけています。

ページ
トップへ