幼稚園で子供がケガ。誰に損害賠償を請求できる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月09日 00時14分

 子供は幼稚園に通っています。先日、幼稚園で遊んでいる時に、高い所に登っているお友達におもちゃを投げられ、頭に五針の怪我をしました。加害者の親や幼稚園に損害賠償を請求できるのでしょうか。


(30代後半:男性)

匿名弁護士

 故意または過失で第三者に損害を与えた場合、その加害者本人が損害を賠償するのが原則ですが(民法709条)、加害者が小さい子供でその行為の是非を認識できない場合には、親権者などの法律上監督義務を負っている人が責任を負って損害賠償をすることになります(民法712条714条)。そして、行為の是非を認識できるようになる年齢は、判例上、12歳程度とされています。

 このケースの場合、加害者も幼稚園児ですから、行為の是非を認識できなかったとして、監督者である親が損害賠償義務を負うことになります。


 他方、幼稚園の先生は子供たちの様子を注意して見守り、子供が危険な行為をしようとしている時にはそれを制止する義務を負っていると考えられます。このケースでも、先生にそうした義務が認められ、その義務を果たしていたならば、事故を防げたといえるのであれば、その先生に対して損害賠償を請求することができ(民法709条)、また、使用者である幼稚園に対しても損害賠償を請求できることになります(民法715条)。なお、公立の場合には設置主である国または公共団体のみが責任を負います(国家賠償法1条)。


 これらの損害賠償責任は、それぞれ別の理由で発生していますが、被害者は賠償責任者の誰に対しても全額の賠償を請求することができます。


 このほか、幼稚園が独立行政法人日本スポーツ振興センター(2003年10月、特殊法人等整理合理化計画に基づき、日本体育・学校健康センターから移行)に加入している場合、学校の管理下における事故と認定されれば、同センターから医療費、見舞金などの支給を受けることができます。各都道府県庁所在地に、独立行政法人日本スポーツ振興センターの各支部がありますので、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

2015年07月09日 00時14分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

部活練習中の目へのケガ後遺症への賠償請求について

事故・ケガ 2018年11月13日

バトミントン部の練習中にシャトルが目に直撃し、完治が難しく瞳孔に後遺症が残り、光の調節が出来なく物を見るのにピントが合わないようになってしまいました。バトミントン経験が全くなく入部数日の出来事でしたし、上級生からの打ち込みでした。学校...

学校の体育の授業中

事故・ケガ 2018年10月20日

中学生の娘が体育の授業でソフトボールをしている時にバットが口にぶつかり歯茎が骨折して口の横や口の中を縫う怪我しました 今後どういう対応したらよいですか?

体育の授業中の大怪我(網膜剥離)による2度の手術の賠償金について

事故・ケガ 2018年08月12日

高1の息子が、水泳の自由時間中に体育教師の許可の元、水球ボールで遊んでました。 クラス全員が初めて水球ボールを触るような状態なのに、プールの中には10球前後のボールが飛び交ってたようです。 色んな所から飛んでくるボールが、たまたま息子...

学校での事故、何処に責任を問えるのか?

事故・ケガ 2018年04月05日

子供が中3の時、部活動中に、野球のボールが目に当たり、救急車で運ばれました。 病院の診察時間外でした、(総合病院です) ちゃんと眼科の先生が診察してくれたのか定かではなく、待合室で待たされて、程なく病院の人に大丈夫です問題ありませんと...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ