外国人を養子にできる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年05月13日 03時32分

 43歳の既婚男性です。日本人女性と結婚し、日本に滞在しているフィリピン人の34歳の男性を養子にしたいと考えています。というのも、この男性が妻と離婚する予定で、「日本人の配偶者等」の在留資格を失うからです。
 そこで質問なのですが、私は彼を養子にすることができるのでしょうか。また、養子縁組によって彼は在留資格を取得できるのでしょうか。

(40代:男性)

匿名弁護士

 まず、外国人との養子縁組についてですが、この件について定める法の適用に関する通則法31条は、養子縁組につき、縁組の当時の養親の本国法によるとしています(同条1項前段)。したがって、外国人を養子とする場合でも、日本人と養子縁組をするときと同じ手続で行うことになります。

 したがって、養親・養子となる者がともに成人である場合、養親が年長者であり、本人の同意があれば、市町村の窓口に養子縁組届を提出することで養子縁組をすることができます。また、成人同士の場合には、夫婦の一方のみとの養子縁組(単独縁組)も可能です(その場合でも配偶者の同意が必要です:民法796条)。

 ただし、養子の本国法(国籍がある国の法律)が養子縁組の成立について、養子もしくは第三者の承諾もしくは同意または公の機関の許可その他の処分があることを要件とするときはその要件も備えることが必要です(法の適用に関する通則法31条1項後段)。

 次に、養子縁組と在留資格の関係ですが、普通養子の場合には縁組によって当然に在留資格を取得できるわけではありません(6歳未満の者を一定の要件のもとで養子とする特別養子の場合には「日本人の配偶者等」の在留資格が与えられます)。
 ただ、日本人と離婚した外国人の場合、一定期間以上婚姻状態を継続していた場合には、日本人と離婚後、「定住者」への在留資格の変更を認めています。婚姻期間の目安としては、婚姻のみならず夫婦として同居生活を送っている実態が存在したケースで、婚姻期間3年で「定住者」への変更を認めたものがあります。

 在留資格の取得については、様々な要素を考慮して決定されるため、もよりの入国管理局や国籍・国際関係業務の経験が豊富な弁護士に相談されることをおすすめします。

2014年05月13日 03時32分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

養父からの養子縁組解消の申し出について

養子 2017年12月13日

私が幼い頃に母にDVをして追い出し、私の養育を放棄し、実家に帰ってニートしていた、 今は全身にがん転移している養父の代理弁護士から 『身辺整理のため養子縁組を解消したい』と手紙がきました。 母は失踪宣告から7年経過して死亡宣告が出され...

詐欺の為に養子縁組させられたのですが、離縁は可能でしょうか?

養子 2017年11月21日

約6年ほど前に、インターネットの掲示板で≪高収入募集≫の記事を読み、当時無職だったので気楽に応募しました。 面接した相手の人は、『色々仕事はあるので、取り合えず私の知り合いと養子縁組から始めましょう。』と言うので、 その第三者の人と言...

育ての親と疎遠になったため、養子縁組を解消したいです。どのような手順で進めていけばいいのでしょうか。

養子 2017年10月17日

育ての親と疎遠になってしまい、養子縁組を解消したいので区役所に相談にいきました。 しかし、連絡先もわからず、以前住んでいた場所も転居してしまい手続きが出来なくなってしまいました。 この場合、どのような手順で進めていけばいいのでしょうか...

音信不通の養子との離縁

養子 2017年09月26日

離婚した妻の連れ子と養子縁組みしたままなのですが、養子と離縁したいのですが、昨年今後の住居などで口論になり、そのまま養子が家出をしたままで、現在居所が全くわかりません。住所変更もされておらず、この一年全く音信不通です。離婚した妻とも音...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

養子に強い弁護士

【横浜駅徒歩5分】【初回相談無料】【当日・夜間・休日相談可能】依頼者様とのやり取りは全て所長である私が徹底的に...

【初回相談無料】【土日・夜間相談可】【出張相談可】あなたの不安や悩み、まずはお話だけでもお聞かせください。

「親身な相談」と「適切な解決」を心がけ、全力で皆様のお悩みを解決できるよう努めております。問題解決に向けて丁寧...

【阪急梅田徒歩3分】【初回相談1時間無料】【離婚・不倫に強い】【女性弁護士が親身に対応】お気軽にお電話でご予約...

【初回法律相談40分無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

【初回相談無料】女性弁護士が親身に対応します

ページ
トップへ