結婚していない大伯母の養子になりたい...

Legalus編集部さん 2015年07月16日

 私は、両親は健在であるものの、訳あって、20歳近くまで祖母の姉である大伯母に育てられました。


 最近、大伯母は未婚で子供もいないため、後継ぎとして、養子になってくれと、私に言っております。私もそれを望んでいるのですが、以前、「結婚していない者の養子になることはできない」と知人に言われました。それは本当ですか。
  また、養子になれるとしたら、どこでどのような手続をすればよいのでしょうか。

(20代後半:男性)

関連Q&A

離縁について

養子 2017年01月18日

父は婿養子になり、養子縁組をしました。母はなくなりましたが離縁せずにいました。養父がなくなったあと、養母は離縁を申し出ましたが応じずに、父は家を出て行きました。それから再婚したようですが、一年で離婚しました。養母とは10年以上、連絡を...

離縁について質問があります。

養子 2017年01月11日

自分が婚姻中に、養親としてした養子縁組を解消したいのですが どうしたらいいでしょうか? 元夫、養子2名、共に暴力団です。養子2名は実の兄弟で成人しています。 そもそも縁組をした理由は、養子2名のうち1名が刑務所に行くようになり 他人は...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     結論から申しますと、あなたは大伯母の養子になることができます。

     現在、養子制度としては、通常の養子制度特別養子制度とがあります。後者については、実の親子関係が完全に断絶されてしまうために、




    1. 養親が夫婦であることや養子が原則として6歳未満の幼児であること

    2. 夫婦共同縁組でなければならないこと

    3. 養親が25歳以上であること

    4. 養子となる者の年齢が6歳未満であること


    など、厳しい要件が設けられています(民法817条の2以下)。

     しかし、通常の養子制度の場合には、成年を養子とする際には、以下の要件で足ります(民法792条以下)。




    1. 当事者間に縁組意思があること

    2. 養親となる者が成年者であること

    3. 養子となる者は養親の卑属であること

    4. 養親より同年あるいは年少者であること

     あなたの場合には、どの要件も満たしていますね。



     養子縁組の手続としては、養親及び養子双方の戸籍謄本または抄本とともに、区役所・市町村役場に縁組届を提出すればよいのです。届出の用紙はこれらの場所に備え付けてあります。

2015年07月16日

養子に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ