結婚していない大伯母の養子になりたい...

User image 1 Legalus編集部さん 2015年07月16日

 私は、両親は健在であるものの、訳あって、20歳近くまで祖母の姉である大伯母に育てられました。


 最近、大伯母は未婚で子供もいないため、後継ぎとして、養子になってくれと、私に言っております。私もそれを望んでいるのですが、以前、「結婚していない者の養子になることはできない」と知人に言われました。それは本当ですか。
  また、養子になれるとしたら、どこでどのような手続をすればよいのでしょうか。

(20代後半:男性)

関連Q&A

ベトナム人の女性を養子にしたい

養子 2017年03月03日

私は52歳の独身男性ですが15年位、一緒に生活してる女性がいます。 縁あって会社で一緒に仕事をしてるベトナム人の女性を養子に向かえようとしています。 彼女はバツイチでベトナムに3歳の男の子がいます。彼女のビザは2017年11月の19日...

養子の解除について

養子 2017年02月03日

はじめまして。 色々ネットや本などでも調べていっているのですが、乳児を抱えているため頻繁に調べることも出来ず、こちらで質問させていただきます。 どうぞ宜しくお願いいたします。 私と主人の間には二人の血縁のない高校一年生の男の子の養子が...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     結論から申しますと、あなたは大伯母の養子になることができます。

     現在、養子制度としては、通常の養子制度特別養子制度とがあります。後者については、実の親子関係が完全に断絶されてしまうために、




    1. 養親が夫婦であることや養子が原則として6歳未満の幼児であること

    2. 夫婦共同縁組でなければならないこと

    3. 養親が25歳以上であること

    4. 養子となる者の年齢が6歳未満であること


    など、厳しい要件が設けられています(民法817条の2以下)。

     しかし、通常の養子制度の場合には、成年を養子とする際には、以下の要件で足ります(民法792条以下)。




    1. 当事者間に縁組意思があること

    2. 養親となる者が成年者であること

    3. 養子となる者は養親の卑属であること

    4. 養親より同年あるいは年少者であること

     あなたの場合には、どの要件も満たしていますね。



     養子縁組の手続としては、養親及び養子双方の戸籍謄本または抄本とともに、区役所・市町村役場に縁組届を提出すればよいのです。届出の用紙はこれらの場所に備え付けてあります。

2015年07月16日

養子に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ