発展途上国の子供を養子にしたい

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年05月13日 03時35分

 はじめまして。私は独身で30代の女性です。私は戦争や病気で両親がいなくなった発展途上国の子供(0~3才児)を養子にして育てたいと思っていますが、どのような条件や手続きをすればよいのかわからないので教えて下さい。


(30代:女性)

匿名弁護士

     基本的に、日本の民法上の手続きを踏めば養子縁組できます。ただ、子供の本国法の規定によっては、さらに保護要件が必要となります。


     国際養子縁組が有効に成立するには、実質的成立要件と、形式的成立要件のいずれをも満たすことが必要です。


    1、実質的成立要件


     国際養子縁組の成立は、縁組当時の「養親となるべき者の本国法による」とされています(法の適用に関する通則法31条1項前段)。養親が縁組当時に日本人であれば、日本の民法によって養子縁組の要件を審査するのです。

     
    ただ、養子縁組の一方当事者である養子の保護に欠けないよう、養子の本国法に親の同意、関係機関の許可などについての規定がある場合には、これも考慮しなければなりません(通則法31条1項後段)。このような要件を「保護要件」といい、養子の保護、あるいは養子の側の人々との利害の調整を図ることを目的としています。

     
    ご相談の場合も、あなたが日本人であれば、日本の民法により養子縁組の要件が判断されます。独身で30代の女性が、0~3歳児を養子とする普通養子縁組を締結するには、養子の法定代理人の承諾を得て、家庭裁判所の許可を得ることが必要です(民法797条1項、798条。なお、必要書類などは、裁判所のHPを参考にしてください。)

     
    その上で、養子の本国法上要求されている要件を満たす必要があるので、その国の法律の規定を調べてみましょう。


    2、形式的成立要件(方式)


     養子縁組の方式については、「当該法律行為の成立について適用すべき法」又は「行為地法」によることとされています(通則法34条)。すなわち、養親であるあなたが日本人であれば、日本民法、又は行為地の法律により養子縁組が成立します。

     
    日本民法上の方式による場合、普通養子縁組であれば、戸籍役場への届出により行います。日本国内からはもちろん、外国からでも郵便により届出をすることができます。

     
    また、外国の方式により養子縁組を成立させた場合は、3ヶ月以内にその国に駐在する日本の大使、公使又は領事に届出る必要があります(戸籍法41条)。

2014年05月13日 03時35分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

養父からの嫌がらせ。母の離婚が成立したら慰謝料請求したい。

養子 2017年07月14日

約1年前に実母の再婚相手の元に養子縁組しました。 同居していたころから様子がおかしかったのですが、最近私に彼女ができたことがきっかけで、「家を乗っ取るつもりだ」とか「養子縁組など認めてない」などと言い出し、私が勤める会社へ行き、上司に...

相続の関係で養子縁組をさせてもらえなかった。

養子 2017年05月27日

私は祖父母にかなりの寵愛を受け、育ってきました。 そして一度祖父母と私で養子縁組届けを出すか、というところまでいったのですが、 母の姉が遺産相続のお金が減るとわかり、母を説得して、私が母に説得され、話を流されてしまいました。 そして、...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

養子に強い弁護士

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

お話ししやすい雰囲気の中で、ご依頼者様のお話をじっくりとお聞きします。

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

ページ
トップへ