養子縁組後に実子が産まれたら、長男?二男?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年05月13日 03時53分

 昨年、男の子が1人いる女性と結婚しました。連れ子とは普通養子縁組をしました。その後、今年の4月に男の子が産まれました。この子の続柄は、どうなるのでしょうか?長男となるのか、二男となるのか教えていただければと思います。よろしくお願いします。


(30代:男性)

匿名弁護士

 戸籍上の続柄は、「長男」になります。


 まず、戸籍にも住民票にも続柄は記載されますが、戸籍の続柄は「長男」「二男」「養子」などと記載されるのに対して、住民票の続柄はすべて「子」です。かつては住民票にも、戸籍と同じような記載がされていましたが、自治体の行政上、子を区別して扱う実益がないことから、住民票の続柄記載は原則として「子」に統一されました。


 ご相談の場合は、おそらく戸籍上の続柄を問題にしていると考えられるので、その点についてご説明いたします。

 
なお、夫婦の場合、戸籍筆頭者(戸籍を表示するための見出し)は、婚姻の際に夫婦の氏に選んだ方になります。日本では夫の氏を選ぶ夫婦がほとんどなので、あなたが戸籍の筆頭者であることを前提にします。


 あなたが女性の連れ子と普通養子縁組をすると、その子の続柄は、男の子なので「養子」と記載されます(女の子であれば「養女」と記載されます)。養子には長男・次男の区別はありません。父母欄の隣の養父欄に、あなたの名前が記載されます。


 では、あなたと女性との間に4月に産まれた実子の続柄はどうなるでしょうか。

 
戸籍上の「長男」「長女」などの続柄は、婚姻ごとに定められます。あなたと女性との間でされた婚姻ごとに「長男」か「長女」かが判断されるのです。

 
そのため、あなたと女性との間に産まれた実子の続柄は、「長男」になります。


 そうすると、あなたの結婚相手の女性が、前夫との間で産んだ男の子の続柄は、女性から見ると「長男」ですが、離婚後にあなたと再婚して産んだ男の子も「長男」とされることになります。

 
少しおかしいようにも思えますが、子が長男か二男かで権利義務には違いがないので、家族関係を登録・公証する戸籍には本来、不必要な記載ではないかという指摘もあるようです。

2014年05月13日 03時53分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

養父からの養子縁組解消の申し出について

養子 2017年12月13日

私が幼い頃に母にDVをして追い出し、私の養育を放棄し、実家に帰ってニートしていた、 今は全身にがん転移している養父の代理弁護士から 『身辺整理のため養子縁組を解消したい』と手紙がきました。 母は失踪宣告から7年経過して死亡宣告が出され...

詐欺の為に養子縁組させられたのですが、離縁は可能でしょうか?

養子 2017年11月21日

約6年ほど前に、インターネットの掲示板で≪高収入募集≫の記事を読み、当時無職だったので気楽に応募しました。 面接した相手の人は、『色々仕事はあるので、取り合えず私の知り合いと養子縁組から始めましょう。』と言うので、 その第三者の人と言...

育ての親と疎遠になったため、養子縁組を解消したいです。どのような手順で進めていけばいいのでしょうか。

養子 2017年10月17日

育ての親と疎遠になってしまい、養子縁組を解消したいので区役所に相談にいきました。 しかし、連絡先もわからず、以前住んでいた場所も転居してしまい手続きが出来なくなってしまいました。 この場合、どのような手順で進めていけばいいのでしょうか...

音信不通の養子との離縁

養子 2017年09月26日

離婚した妻の連れ子と養子縁組みしたままなのですが、養子と離縁したいのですが、昨年今後の住居などで口論になり、そのまま養子が家出をしたままで、現在居所が全くわかりません。住所変更もされておらず、この一年全く音信不通です。離婚した妻とも音...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

養子に強い弁護士

【四谷三丁目駅徒歩3分】数々の実績がある弁護士歴40年の弁護士が、真心を持って寄り添い、貴方の「幸せ」に少しで...

【初回相談無料】女性弁護士が親身に対応します

【初回相談無料】【当日・夜間・休日・電話相談可】【24時間メール予約】弁護士がこれまでの経験とノウハウを駆使し...

【阪急梅田徒歩3分】【初回相談1時間無料】【離婚・不倫に強い】【女性弁護士が親身に対応】お気軽にお電話でご予約...

【弁護士携帯070-2627-6876。LINE:bengoshisaito】示談・不倫・離婚男女問題実績多数...

【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナ...

ページ
トップへ