親から受けた虐待

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年03月10日 19時07分

 子供の頃から親に虐待され、それが当たり前で育てられました。
 信じられないのですが、自分でも知らないうちに、虐待された記憶を消して生きてきたようなのです。最近ある人と恋愛関係に入るまでは、虐待を受け、そのため精神的苦痛を被ったことに思い至りませんでした。
 虐待を受けたためか、性格的に歪んでしまったようで、周囲から「変わり者」と言われます。また、本当の事を言うと怒られたので、いつのまにかウソばかりつくようになってしまったように思います。
 トラウマが実の親にあると分かって、大変ショックを受けています。この酷い親に慰謝料請求できるでしょうか。

(30代:女性)

匿名弁護士

 ご存知のように、親などの保護者による児童虐待が深刻な社会問題となっています。児童虐待は、家庭自体の状況や学校・地域などの周辺環境がケースごとに異なることもあって、大変複雑な様相を呈しています。

 児童虐待は人として最も恥ずべき行為のひとつであり、決して許されるものではありません。しかし、暴行罪、傷害罪として一概に「取り締まる」ことができないのは、通常親には「監護権」(民法820条)、それに基づく懲戒権822条)があるからです。



 監護権とは、子供を育て、その子が成人するまで利益を守る権利・義務をさします。具体的には、




  1. 子供の世話・しつけをし教育を受けさせる権利・義務

  2. 未成者が契約などの法律行為を行う場合、法定代理人となる権利・義務

  3. 子供の財産を管理する権利・義務



です。 1. と 2. は身上監護権、 3. は財産管理権と呼ばれますが、虐待との関係で問題となるのは 1. と懲戒権です。

 監護権、懲戒権を持つ親は、しつけのため相当な範囲で子供に強制力を行使することが認められます。それが逸脱し、もはやしつけといえないような程度に及んだ場合に虐待が問題となるわけですが、その線引きは非常に微妙です。

 特に、「厳しい親」が子供に与えた精神的な諸影響を法的に処理することは、肉体的虐待を伴うというような場合を除いて、大変困難だと考えます。因果関係の立証が難しいというばかりではなく、親と子の精神的なバランス関係などというものは、およそ他人には理解しがたく、ましてや法律で処理するにはなじまない性質を持っているからです。



 「損害賠償」とは、本来、「傷み分け代」なのです。被害者は損害を負いました。それは取り返しのつくものではありません。ですから加害者には、せめて金銭で、損害を埋める手伝いをさせましょうという意味なのですね。

 あなたの主張は法律的に成立する可能性はあります。しかし、あなたの負った傷は、親から慰謝料を取ることによって癒されるのですか。親を訴え、自分が如何に酷い目に遭わされたかを法廷で立証して、何が得られるのでしょうか。新しい幸せをつかんだあなたには、目を向けるべき将来があるのではないですか。

2016年03月10日 19時07分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

育児放棄すると犯罪になる?

児童虐待 2014年10月22日

子供を殴る蹴るは虐待ということで逮捕されると思いますが、保育所や、スーパーに置き去りにして出て行き、長期間育児放棄した場合は、なんらかの罪になりますか? (30代:男性)

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

児童虐待に強い弁護士

【横浜駅徒歩5分】【初回相談無料】【当日・夜間・休日相談可能】依頼者様とのやり取りは全て所長である私が徹底的に...

【初回法律相談無料】利益を最大に、危険を最小にする解決策をご案内します。

【初回相談30分無料】解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

【弁護士携帯070-2627-6876。LINE:bengoshisaito】示談・不倫・離婚男女問題実績多数...

【四谷三丁目駅徒歩3分】数々の実績がある弁護士歴40年の弁護士が、真心を持って寄り添い、貴方の「幸せ」に少しで...

【心理カウンセラー資格取得】あなたの気持ちに寄り添う弁護士です。元営業マンで、聞き上手な弁護士が、最良の解決を...

ページ
トップへ