親から受けた虐待

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年03月10日 19時07分

 子供の頃から親に虐待され、それが当たり前で育てられました。
 信じられないのですが、自分でも知らないうちに、虐待された記憶を消して生きてきたようなのです。最近ある人と恋愛関係に入るまでは、虐待を受け、そのため精神的苦痛を被ったことに思い至りませんでした。
 虐待を受けたためか、性格的に歪んでしまったようで、周囲から「変わり者」と言われます。また、本当の事を言うと怒られたので、いつのまにかウソばかりつくようになってしまったように思います。
 トラウマが実の親にあると分かって、大変ショックを受けています。この酷い親に慰謝料請求できるでしょうか。

(30代:女性)

匿名弁護士

 ご存知のように、親などの保護者による児童虐待が深刻な社会問題となっています。児童虐待は、家庭自体の状況や学校・地域などの周辺環境がケースごとに異なることもあって、大変複雑な様相を呈しています。

 児童虐待は人として最も恥ずべき行為のひとつであり、決して許されるものではありません。しかし、暴行罪、傷害罪として一概に「取り締まる」ことができないのは、通常親には「監護権」(民法820条)、それに基づく懲戒権822条)があるからです。



 監護権とは、子供を育て、その子が成人するまで利益を守る権利・義務をさします。具体的には、




  1. 子供の世話・しつけをし教育を受けさせる権利・義務

  2. 未成者が契約などの法律行為を行う場合、法定代理人となる権利・義務

  3. 子供の財産を管理する権利・義務



です。 1. と 2. は身上監護権、 3. は財産管理権と呼ばれますが、虐待との関係で問題となるのは 1. と懲戒権です。

 監護権、懲戒権を持つ親は、しつけのため相当な範囲で子供に強制力を行使することが認められます。それが逸脱し、もはやしつけといえないような程度に及んだ場合に虐待が問題となるわけですが、その線引きは非常に微妙です。

 特に、「厳しい親」が子供に与えた精神的な諸影響を法的に処理することは、肉体的虐待を伴うというような場合を除いて、大変困難だと考えます。因果関係の立証が難しいというばかりではなく、親と子の精神的なバランス関係などというものは、およそ他人には理解しがたく、ましてや法律で処理するにはなじまない性質を持っているからです。



 「損害賠償」とは、本来、「傷み分け代」なのです。被害者は損害を負いました。それは取り返しのつくものではありません。ですから加害者には、せめて金銭で、損害を埋める手伝いをさせましょうという意味なのですね。

 あなたの主張は法律的に成立する可能性はあります。しかし、あなたの負った傷は、親から慰謝料を取ることによって癒されるのですか。親を訴え、自分が如何に酷い目に遭わされたかを法廷で立証して、何が得られるのでしょうか。新しい幸せをつかんだあなたには、目を向けるべき将来があるのではないですか。

2016年03月10日 19時07分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

家族全員に閲覧制限

児童虐待 2019年04月03日

親、兄妹から言葉の暴力、身体の暴力、性的暴力をされてました。 20才で家を出てからも待ち伏せされ暴力もありました。戸籍はまだ親と一緒です。 引っ越す時に、分籍・閲覧制限を考えています。 ●もし、家が決まってから閲覧制限の支援が出来ない...

親に過去の清算をしてもらいたい

児童虐待 2018年12月01日

現在25歳の男です 過去、父親から暴力を毎日のように受け、肉体的暴力以外にも、自分のやってることを否定され続け、自転車で帰宅中、親に自転車ごと跳ねられそうになったり(自転車は跳ねられ、自分は怪我はないものの異常に怖い思いをした)、1メ...

かつて受けていた虐待を訴えたいです

児童虐待 2018年09月12日

私は16歳まで実母と義理父から肉体的虐待と性的虐待を受けていた現在21歳になる者です。17歳になってからは虐待のない環境で生活できるようになったものの、前の家族に怯えながらの生活を強いられ、また過去の虐待の影響から精神疾患になり現在働...

虐待により私を精神障害2級にした両親を提訴したい

児童虐待 2018年04月27日

閲覧ありがとうございます。 19歳女性です。 両親による過去の日常的な心理的虐待、父による幼稚園生の頃の性的虐待により、2年前に精神障害2級(統合失調症、PTSD、自閉症スペクトラム)と病院で診断されました。 現在統合失調症は軽度で、...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ