編集部コラム&ニュース

親子・家庭

Section banner family
養子縁組をしても実父の遺産を相続できる?養子縁組について知っておくべき3つのポイント 養子 2017年03月14日

養子縁組は、家業や名字を継がせるため、再婚相手の子どもを養育するためなど、様々な目的で行われます。 ただ、忘れてはならないのは、養子縁組により、養親と養子との間に「法律上の」親子関係が発生するという点です。法律上の親子になったことによって、様々な法律上の権利や義務が発生するのです。 養子縁組をしたものの、思わぬ事態になって戸惑ってしまうことがないように...

Eyecatch 2017 03 14 sinzoku
夫の兄が病気療養中で働けない。医療費や生活費は夫が負担しないといけないの? 親子・兄弟の「縁」 2017年03月08日

病気や事故によるケガは、いつ何時自分にふりかかるか予想がつきません。 一般的なサラリーマンであれば、雇用保険や労災保険、自身が加入している医療保険などで、親・兄弟に金銭的な負担を強いることをある程度避けることができますが、すでに年金生活であったり、各種保険に加入していなかったりと、十分な備えができない人がいるのも事実です。 今回のケースは、事前にそのよ...

Eyecatch 2017 03 08 huyou
これって児童虐待?「しつけ」と「虐待」の境界を誤らないための注意点とは 児童虐待 2017年03月02日

児童虐待で逮捕された親などが、「虐待はしていない、しつけでやったのだ」と言い訳をすることがしばしばあります。虐待としつけは、その目的や親側の心情などの点で、異なるものであることは当然なのですが、その線引きとなるとなかなか難しいものがあります。 両者の違いを見ていきましょう。 児童虐待 児童虐待については、児童虐待の防止等に関する法律2条がその定義を規定...

Eyecatch 2017 03 02 shitsuke
配偶者の連れ子との養子縁組を検討中。何に注意すべき? 養子 2017年02月20日

養子縁組の手続きについて 再婚相手に子どもがいる場合、その子どもと養子縁組をする場合があります。養子縁組とは、血のつながりのない親と子との間に、「法律上の」親子関係を認めようという制度です。 養子は、養子縁組届を出した日から養親の嫡出子となります(民法809条)。また、養子は養親の氏を称し(民法810条)、実親の戸籍から除籍されて養親の戸籍に入ります。...

Eyecatch 2017 02 20 youshi
夫との間に子どもができなかったため、人工授精・体外受精により子どもを産みたい。この場合、父親は誰になる? 戸籍 2017年04月13日

不妊治療を手がける婦人科クリニックの男性院長が2014年、凍結保存された別居中の夫婦の受精卵について、夫の承諾を得ず妻に移植していたことが判明し、問題となっています。 夫は2015年10月に妻と離婚し、長女と親子関係がないことの確認を求めて裁判所に提訴しました。長女は戸籍上、男性の娘になっています。男性は今後、院長と女性に損害賠償を求める訴えも奈良地裁...

Eyecatch 2017 01 24 jusei
親は未成年者の子が煙草を吸ったら止めないと"罰金"って本当? 未成年 2016年06月01日

Q 法律において、子供(未成年)が喫煙しているのを発見した親は、喫煙をやめさせようとしないといわゆる"罰金"が科せられるケースがあるというのは本当でしょうか? 本当 ウソ A 正解(1)本当 未成年者喫煙禁止法の3条において、「未成年者ニ対シテ親権ヲ行フ者情ヲ知リテ其ノ喫煙ヲ制止セサルトキハ科料ニ処ス(未成年者に対して、親権を行う者(要は親)は事情を知...

Eyecatch default
胎児の状態で権利は発生するでしょうか? 未成年 2016年06月13日

Q まだ生まれておらず母体内にいる状態の胎児には、民法上の権利は認められているでしょうか? 一部は認められる 一切認められていない A 正解(1)一部は認められる 民法では、出生によって権利を取得するのが通常です(民法3条)。したがって、胎児は出生していないため権利を有しません。

Eyecatch default
子供の山中置き去り事件の行方 未成年 2016年06月07日

北海道の山中に、男児が「しつけのため」として置き去りにされた事件で、男児の安否が心配されていましたが、7日目に無事発見されて、日本中が安堵しました。 置き去りにされた山中はヒグマも出没する可能性があるという危険な場所であったこともあり、置き去り行為は犯罪である、など父親に対する非難の声が上がっています。 今回はこの事件について考えてみたいと思います。 ...

Eyecatch default
未成年の飲酒の処罰は? 未成年 2016年05月11日

Q 甲さんは、その子供であり未成年者である乙さんと共に、知り合いがやっている居酒屋に行きました。居酒屋の主人丙さんは、昔からの甲さんの知り合いで、乙さんがまだ高校生であることは知っていました。 この居酒屋で未成年者の乙さんも飲酒をしましたが、誰が刑事上の処罰対象となるのでしょうか? 甲、乙、丙のすべてが対象となる 甲と丙が対象となる 甲と乙が対象となる...

Eyecatch default
未成年の子が婚姻するときの同意って? 未成年 2016年02月05日

Q 未成年の子が婚姻するときには、法定代理人の同意が必要である。 これは正しい?間違っている? 正しい 間違っている A 正解(2)間違っている 一見正しいようにも思えますが、民法737条1項では、父母の同意は必要であると規定されていますが、法定代理人の同意が必要であるとは規定されていません。

Eyecatch default

親子・家庭に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

ページ
トップへ